アイデアフォライフIdeas for life

”ビジネス、人生に生きる情報メモ帳” 海外在住。会社経営。17歳留学、帰国後復学そして日本企業に就職アジア各国周り、北米コンサルを経て起業。不動産・ビジネス・経済・哲学・心理学・脳科学・建築・地球環境・教育・歴史に興味あり。人生のメモ帳、戒め帳として綴っています。誤字脱字、中途半端な解説あり。「行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない」- 勝海舟 -

脳をコントロールして幸せになる最短法はドーパミンをだすこと。

やる気、目標をたてるとワクワクドキドキしてドーパミンがでる。

(ドーパミン(英: dopamine)は、中枢神経系に存在する神経伝達物質で、アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体でもある。 運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる。)

1.短期間で実現可能な夢を描く。
2.目標を達成したイメージ、自分に都合のよいイメージをする。
3.目標を繰り返し確認する。手帳、財布、写真、雑誌切り抜き、毎日みる。
4.楽しみながら、楽しいと思いながらやるとドーパミンが出るので物覚えがよくなる。
5.目標を達成したら自分にご褒美。パーティ、物を買う、おいしいものを食べる、脳が求める快感を与える。
6.直ぐに新しい高い目標をつくる
7.繰り返す

コツは実現可能な目標をたてること。一人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては大きな飛躍となる。さらにリフレーミング、つらい→楽しい 目標達成した自分を想像しながらやるとよい。
自分をほめる、褒められる事は脳にとって最高の報酬であるため、ドーパミンを出すためには目標達成したときに褒めると効果大。

連動:ドーパミン セロトニン エンドルフィン 30分を超える有酸素運動
チロシン 鰹節 タケノコ 肉 牛乳 アーモンド ピーナッツ マグロ カツオ バナナ 牛乳+炭水化物

ドーパミンが出すぎると依存症や統合失調症やパーキンソンになるので注意

追記:脳科学的に何不自由ない生活ではドーパミンがでない。満足した生活を得ると、それ以上の目標説亭や目標達生ができなくなり、ドーパミンが分泌されなくなる。つまり幸福感が得られなくなる。


80年の日本のバブル崩壊のように、株価が天井をうちその後リセッション・・・

歴史は繰り返さないが、韻を踏む-byマークトウェイン


小さなコーナーストアーの募集に70名の応募、中には大学院卒などのOver Qualified からの応募も・・






人間は理不尽なことを周りから求められない限り、イノベーションを起こせない。
この原則は政治でもビジネスでも同じこと。
理不尽で困っている人を助ける為に法律は出来た。
理不尽で困っている人を助ける為にビジネスも生まれてきた。
そしてその法律やビジネスを、次のレベルに引き上げよと、社会や上司や周囲に求められたとき、
または自分で求めたとき、新しいアイデアがわいてきてイノベーションにつながる。
イノベーションとは破壊と創造、従来の常識ややり方を改め、新たな価値を生み出すこと。

「できないことをやる」「非常識を常識にする。 そして、すべてのビジネスチャンスは現場にある。」
                                    原田 泳幸

Lacy Hunt, chief economist at Hoisington Investment Management.によると、現代通貨理論は一部の経済界において、ソブリン債務問題の潜在的な救済策として注目を集めているが、現代貨幣理論MMT政策とはGresham'sLaw、つまりマネーイルージョンであり、高いインフレーションを招くことになると言う。

高いインフレーションで世界は困窮しアメリカドルは弱くはなるが、先端テクノロジーと人口構成、資源等を考慮すると、人口減少の日本やヨーロッパや中国よりアメリカはマシ。さらに債務は少しづつ減少するであろう。・・・詳しくは下記リンクからどうぞ。

Modern Monetary Theory in the U.S. would lead to very high inflation: 
Modern Monetary Theory has been gaining traction in some economic circles as a potential salve for sovereign debt concerns. For more on this and why he thinks it would only result in sky-high inflation, BNN Bloomberg spoke with Lacy Hunt, chief economist at Hoisington Investment Management.





もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ英文 Hoisington

Gresham law についてはこちら英文

MMTについてとても分かりやすく詳しく説明されています日本語はこちら


*ソブリン債(「ソブリンボンド」とも呼ばれ、各国政府や政府機関などが発行・保証する債券の総称を言う。これには、"自国通貨建て"と"外国通貨建て"があり、その種類には各国の国債や政府機関債など以外に、国際機関等が発行する債券も含まれる。なお、ソブリン債の「ソブリン(sovereign)」には、「君主、国王、統治者」といった意味がある。)

MMT現代貨幣理論(MMTについては前回のブログ参照)で潤う世界とは逆に、アメリカ大富豪の投資会社会長Sam Zellはリセッションが来ると信じ、投資機会を待ち続けている。(一説によると2015年からリセッションが来ると言っているらしい・・)とはいえ、彼が持つ現金ポジションは3.4ビリオン、もちろん彼はビリオネラー、分散投資で先物や株式や不動産のポジションも潤っているはずなので、全てを現金化しているわけではないと思われる。(私も2016年に大きめの投資物件を現金化し、早すぎたと後悔している。時に古い常識や知識は弊害となることを学んだ。)
現代貨幣理論MMTと2008年までの貨幣理論を熟知しているプロでさえ、各国政治家の目論見が絡んだグローバル経済の予測は難しいということだ。
つまり超お金持のSamは予測は難しいのでどちらに転がっても利益がでるように、株、現金、不動産、先物等々の分散投資をして稼ぎ続けている、だからインタビューでも言うように”記録的な現金化保有率”というわけだ。
しかし一般人はビリオネラーのように分散できないので、ちょいちょい投資するか、最高のチャンスを待つかということになるだろう。
このインタビューの中で彼は ”金利がゼロなのでリセッションになりにくいが、自己満足から来る安易な見くびりは、往々にして驚きをもって覆される”と言っている。
リセッション、大不況、その日が来るのか来ないのか・・・MMTの行きつく先は・・・




UBSのグローバルバブル指数2019をみると、世界の主要都市はシカゴ以外すべて投資をするメリットはない程MMTの影響を受けてバブっている。そして、さらに上がり続ける株価。

銀行勤めの友人によると、”これはメリーゴーランドだよ、ミュージックが止まった時にだれかの席がなくなるのさ・・・それでも乗り遅れないほうがいい10%上昇して、5%下がっても、5%は利益だからね、その代わりモニターにへばりついていないと危険、なんてストレスフルなご時世なんだろう・・お金がお金を生むご時世、労働をしてもお金にならない、だからお金に働いてもらわなければね。”

椅子取りゲーム、こんな時はどこで何をしたらよいのでしょう。
不動産バブル、株価もバブル・・・
経済学を知る人は怖くて手を出せないこのマーケット、MMT理論の謎

(現代貨幣理論:MMT:インフレと失業が起こらなければ、政府は国債を発行して自国貨幣を増やし続けてしてよいという不思議な理論 詳しくはWiki参照現代貨幣理論 )


★バブル!!

ミュンヘン
トロント
バンクーバー
アムステルダム
パリ
フランクフルト
香港

★オーバーバリュー!!

東京
ロンドン
サンフランシスコ
シドニー
ニューヨーク...


The seven bubble risk cities:

Munich tops our list in 2019, followed by Toronto and Amsterdam. Frankfurt and Paris are new additions to the bubble risk zone. Vancouver completes this list. In London, by contrast, the bubble risk has fallen after further price corrections, as a result of which the city is now only in the over-valued category. Valuations in Vancouver, San Francisco, Stockholm and Sydney have fallen sharply. New York and Los Angeles are lower as well, while Singapore is almost unchanged.

Explore the seven cities with the highest bubble risk and their key real estate takeaways for 2019.



“real luxury is the pleasure of real life lived to the fullest and full of imperfections.”
本当のラグジュアリーとは自分の能力を最大限に発揮し、あらゆる不完全さをも満喫できる人生を送ること
From "Viaggio sola" A Five Star Life
邦題「はじまりは5つ星ホテルから」というイタリア映画 ん?なんか伝えたい内容と違うだろう・・と首をかしげる邦題ですが、原題は「Viaggio sola 」女の一人旅、 5つ星のホテルを旅する覆面調査員シングル女性の物語。主人公シングルワーキングウーマンの元夫に彼女ができたり、出会う既婚男性とのほろ苦い恋心、妹の家族の話やらとちょっと寂しいシングルワーキングウーマンのお話、締めくくられた最後の言葉は questo viaggio e vostro「人生は旅」「この旅は、あなたのもの」。。。 本当の贅沢とは、本当の幸福とはを考えさせられるお話。私が思う贅沢、幸福とは自分の能力を最大限に発揮し、あらゆる不完全さをも満喫できる人生を送ること、つまり「生き甲斐」をもって生きること。お金で買える経験、体験、物は本当の贅沢でも幸福でもない、まぁそう思えるようになるには全てを手に入れてからとも言うのかもしれないが、生き甲斐をみつけられたあなたは、その辺のミリオネアやビリオネラーよりも幸福です。私の周りのミリオネアとビリオネラーは常にあらゆる問題を抱え、そこそこ裕福な奥様も子供の問題を抱え(聞けば聞くほど、それは問題か?と思うが人それぞれ・・)、意外とお金のない家族の方が幸せそうだったりします・・・まぁ考え方次第なのでしょうね。シェイクスピアの言う、物事に善悪はない、あるのは考え方のみ

ウィンストン・チャーチル「We make a living by what we get, but we make a life by what we give」「人は、他人から得ることで生活するが、与えることで人生を築く」
打算ではなく、心から人に何かを与えれば、幸せになる。

一番好かれる人は正直な人。信念に忠実で、本当のことを言う人。人は信念に従って行動する人が好き。それで常にうまくいくとは限りませんが、そういう人は裏切らない。

不満を言わず楽しむ。
自分が持っているものや状況に感謝して、楽しむ。「足るを知る」。不満を言わずに与えられたものに感謝する。

3つの幸せ。ひとつめの幸せは「してもらう幸せ」。ふたつめは、「できるようになった幸せ」。そして3つめ、人に「してあげる幸せ」。「してあげる幸せ」は3つの幸せの中でも最高の幸せ。 

誰かに必要とされたい」という欲求を満たしていかない限り、我々の幸福感は満たされない。その方法はひとつ、誰かのために自分の命を使っていくこと。命を使う、これを「使命」と言います

磁場の変化 地軸がロシアへ向かっている。ポールシフトも近いかも・・・

"磁極の逆転現象は過去2000万年の間に、約20万年から30万年に1回のサイクルで発生していたことが確認されている。しかし、非常に恐ろしいことに、最後に発生したのが80万年近くも前のことなのだ。
ここ数十年の間、地球の磁力は10年で5%の割合で弱まっていることも、逆転の到来が近づいていることを示している。
磁極の逆転が起こった場合、人類を壊滅的な事態が襲うだろう。世界中のナビゲーションシステムは破壊され、太陽から有害な放射線が降り注ぐ。地球上のあらゆる生命が危険にさらされることになる。”

もしかしたら地球の内部の変化が海水温度を変化させ、世界中で異常気象を引き起こしているのかもしれません。地震も地殻変動からくるもの。Co2排出やらの環境規制は政治的 経済的プロバガンダもおおいにあるのでしょうけれど、地球は生きている、磁場の変化は誰にも止められない。

今日が最後の日と思いながら、一日一日を過ごしましょう。






怒りとは期待値とのギャップである。また焦りも同じく。
自分への怒りならまだしも、部下や他人への怒りには要注意。
怒りをぶつけることは、相手の防御反応をうながし、怒りしか生まない。
自分ならこれぐらいはできるのに、なぜこの人はできないんだろう、努力がたりない、手を抜いている等々・・・とイライラしてしまうことも昔はあった。
コンサル時代はチームのメンバーは皆私より賢かったし、ウェストポイント陸軍士官学校卒の上司にブーツキャンプのごとく鍛えられ、その友人らはロッキードマーティンという環境の中、できて当たり前、できないなら、できるまで寝ずにやる。というのがお約束だった私にとって、自分の社員は1-12を言っても1しかできないレベル、社員とぶつかったことも多々。しかし学習した今は違う
他人に期待をすることをやめたのだ。やめたとたんに人生はばら色、怒りもなくなった。
さらに期待しなくなると、すべてに感謝できるようになるというオマケもついてきた。
1-12言って5できるようになる。なんと素晴らしい事か・・・

怒りとは期待値とのギャップ 腹は立てずに気は長く!


今日は偏差値60以上あれは独学で何でも学べると言う話を友人としてきた。

ご参考までに偏差値60とは上位16%のこと。因みに学部によって偏差値は異なるが、千葉大学、東京外国語大学、筑波大学レベルの秀才タイプ。さらに偏差値70とは上位2%の東大、京大、一橋大学などでありこのレベルは地頭のよい天才タイプが多い。

偏差値60以上ある人なら、学校で学ばなくても独学で何でも勉強できる。
友人は独学でプログラミンを学んだそう。
私も小学校から実践している。そのきっかけは小学3-4年の担任、とにかく嫌いだった。
中学1-2年の英語の教師も同じく嫌いだった。嫌い=サボる=独学 お陰で独学力がついた。
今思えば世の中ネガティブなことなどないものだ。


コンサルタントの実態とは、実務と現実をわかっていない人が、他社で成功している事例を持ってきて適用するものであり、二番手、三番手以上にはなれない。
物真似経営は楽だが、進む道が制約され、差別化されないまま、過当競争に巻き込まれる。
大は小に勝。対等の立場で商品を売り出せば大手に負ける。
恵まれない状況、制約のある状況の方が知恵が出る。
知恵が出たら、仮説を立てる。仮にうまくいかなくとも、新しい仮説を立てれば良い。
仮説を立てるには既存の常識や過去の経験に縛られることなく、本当にそうだろうかと疑問を発して本質を掴むことが大事。仮説は常識を疑うことから始まる。
過去の経験や既存の常識に染まっていない、素人の発想が 必要。「自分はプロである」と思い込んでいる人は、過去に成功した方法を熟知していることが素人との違いと考えるため、過去の経験や知識を過信し、状況が変化しても、自分を否定的にとらえ直すという視点がなかなか持てない。
消費が飽和した今の時代はお客様自身、「どんなものがほしいか」と聞かれても答えられない。新しい商品やサービスが目の前に示されて初めて、「こんなものがほしかった」と気づく。そのお客様の潜在的ニーズを掘り起こすには、お客様の心理を読むことが必要で、自らも顧客としての心理を持った人間が、お客様の立場で考え、仮説を立てなければならない。ビッグデータを活用できる時代だからこそ、それを基に自分の頭で考え、仮説を立て、実行する力が求められている。ーセブンイレブン鈴木敏文


そうだよね。物真似経営はつまらない上、直ぐに過当競争に巻き込まれる。
2008年リーマンショック以降の世界各国の政府の国債発行も、物真似経営。国債発行過当競争の後、株価、不動産、企業買収価格は鰻登り!物真似経営の後の世界はどうなるのか・・・インフレは抑えられているというが、材料費は高騰、人件費高騰、経営者が利益を削っているだけ、嫌気がさした経営者は安い土地を求めて海外へ・・・そして安い土地だった国まで高騰、アルゼンチンやベネズエラはインフレでどうしようもない。だからマスクは火星なのか?w
さらにシドニー山火事でビーチは灰だらけ真っ黒、ベニスも浸水が酷く地球温暖化の影響があちこちで吹き出している。台風、地震、山火事、水面上昇。
時代は「VUCA(ブーカ)」の時代、VUCAとは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)の頭文字から取った言葉。

予測不可能で複雑な時代には、過去の成功経験を頼ること、新しいことは何もしないのが最大のリスク。過去の成功体験は通用しないものと心得、経営者自らが社外に出て行って、どんな変化が起こっているのか学ばなければいけない。パラダイムシフト、後15年もすればベーシックインカムになるのでしょうが、それまではなんとか生き延びなければいけません。さてどうする・・・

前のブログ。能力のない人が成功するためにすべき行動ー全てを捨てる。目的、パッション、社会貢献は後回しでとにかく1億売り上げる。というホリエモンさんの成功方法。粘り強さがあればよく、目的、パッションはひとまず必要ない。確かに私もそんな感じで何も考えずに事業をしていたと思う。スタッフを連れての飲み食いはかなり激しかったけれけど、目的は一つ。そりゃ周りには色々な事を言う人もいるし、理解もされずらいが億は作れる。その先はマインドフルネス成功法が必要。まぁ一番理解してなかったのは日本にいる専業主婦あがりの母だった。余談だが起業当初、私には2歳半の子供がおり二束の草鞋。私の時間はほぼスタッフの教育やモチベーションを上げること、マーケティング等々に費やされていたので当然ではあるのだが、母は事あるごとに、あなたは子育てをしていない!ちゃんとご飯をつくりなさい!と説教をされた。最初は心を病んだものだが、専業主婦あがりと二束の草鞋しかもシングルマザー、外食止む無しと気にするのをやめた。

さて、億の次の成功法、マインドフルネス的成功法。

しつこさ、粘り強さの他にパッションと目的が必要。

パッションとはあなたの物で、目的は他の人のもの。

パッションはあなたを突き進めるものであり、モチベーションを与え、生きがいを与えてくれる。

そしてそのパッションを使って、他の人の人生に良い影響を与えることができたら、それは目的となる。

パッションはとことん追求し、その世界を知り尽くす。
知り尽くしたら、それを他の人の人生の役に立てることにより目的とする。

なぜそれをやるのか?

お金の為にやるのは簡単、フォローワーを増やしたり、有名になる為にやるのも簡単
でも、お金の為にやることにパッションは見つけられない。 そしてパッションがなければ長くは続かない。

どのようにして目的を見つけるか。静かなところに座り、瞑想してみましょう。
どのようにしたら、あなたのユニークなスキルやタレントを世界と共有できるか。
もし貴方に世界中の富と時間があったとしたら、誰に影響を与えたいですか?
 マインドフルなイメージや感覚を通して、あなたがそれを行うことにより幸せを感じますか?また他の人も幸せにしていますか?
他の人の人生の質を上げることに貢献していますか?

もし貢献しているとしたら、それが目的です。



Passion and purpose.

Your passion is for you and your purpose is for other.

Your passion is what drives you, what motivate you, what make you feel alive, when you do it  when you think about it ,when you live thru it.

and that same passion became a purpose, when you use it to serve others, when you use it to make a different of life of others, when you use it to have impact on other peoples life.

Don’t just settle for passion, find it nurture it get skilled at it, became really really good at. 

so that you can engage to service of others. which complete it and transformed it to purpose.

That’s true meaning that’s true happiness that’s what unlock what your really looking for.


“Why I do what I do”

It is so easy to do it for money, follower, fame….

But you have to refine why I do what I do. You will not find passion in money, do it for passion.


To find life purpose. Sit down quietly  concentrate on breath and ask yourself.

How do you express your unique skills and talents.

If you have all the money in the world and all the time in the world.

“what would I do with my unique talent and strength and who would I serve”

Mind-full of sensation and  images and feeling and thought spontaneously come thru… 

Would you feel joyful doing it? Would it bring joy to others?

Would it improve the quality of life?

That will be the purpose.


“I am not who you think I am; I am not who I think I am; I am who I think you think I am ”

前日のブログでお金持ちがお金持ちになる打ち出の小槌について説明しました。
さて今日は貧富の差はどのぐらい開いているのかということです。思ってる以上に格差は開いています。

”オックスファムによればベゾス氏の総資産のわずか1%が、人口1億500万人のエチオピアの保健医療予算全額に匹敵するという。一方、世界人口のうち経済的に恵まれない半数に相当する38億人の資産総額は昨年、11%減少した。オックスファムは、拡大する格差によって貧困対策の効果が損なわれ、経済は打撃を受け、人々の怒りをあおる結果になっていると強調。各国政府が保健医療や教育といった公共サービスに割く予算を削減する一方で、富裕層に対する税制優遇を続け、経済格差をさらに深刻化させていると警告した。
報告書は、富裕層や大企業に課税して「底辺への競争」をやめるよう各国に強く要求。最富裕層がたった0.5%多く税金を払えば、「現在教育を受けられずにいる子どもたち2億6200万人に教育を授け、330万人の命を救えるだけの保健医療を提供しても、余りある資金を確保できる」と指摘している”AFP

”ユニクロ柳井氏もその一人、現在、世界の総資産額ランキングのトップは、マイクロソフト創業者、ビル・ゲイツ氏の約9兆1000億円。以下、メキシコの通信王カルロス・スリム氏の8兆9000億円、投資家ウォーレン・バフェット氏の8兆3000億円……という具合に続く。
日本のトップであるファーストリテイリング・柳井正社長は、資産総額約2兆3000億円で第41位
「彼らのような大富豪の資産は、世襲による相続分や、金融資産もかなりの部分を占めています。
ビル・ゲイツ氏やアップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏のように、一般家庭に生まれ、何か新しいものを生み出して一代で大金持ちになった人は、まだいいでしょう。
例えば世界2位のスリム氏は携帯電話を作っているわけではなく、国営電話セクターの民営化で巨万の富を得た人物です。また、ヨーロッパ屈指の大金持ちであるフランスのリリアンヌ・ベタンクールは、化粧品会社『ロレアル』創業者の娘というだけで、経営者としての実績はまったくありません。こんな状況は、あまりにも不公平だと思います」(前出・ピケティ氏)”

ビル・ゲイツだけで1億人分。ゲイツ氏ら世界のトップ中のトップが持つ資産額は、ギリシャやデンマークの国家予算にも匹敵する。夏には貸出料が週5億円のクルーザーに乗り、家族とバカンスを楽しむゲイツ氏は、現在軽井沢に要塞のような「別荘」を建設している。また、総資産2兆6000億円を誇る世界34位の富豪・サウジアラビアのアルワリード・ビン・タラール王子は、一機あたり400億円の最新鋭旅客機・エアバスA380の内部を一流ホテルのように改装し、プライベート・ジェットとして使っている。
さらに東京・渋谷にある柳井氏の自宅は、周囲に高さ4m近い塀がぐるりと巡らされ、中にはテニスコートもあるという、まさに「城」”

記事引用AFP,Gendai

超富裕層26人が、世界人口の半分の総資産と同額の富を独占。

 

世界の1%の人が86%の富を稼いでいる。
 

62人の大富豪が全世界の半分の富を持っている。
 

ドイツのドキュメンタリー.

プライベートバンクは100ドルを政府に預けることで10000ドルを顧客に貸し出す。
プライベートバンクは100ドルを原資に、クリックするだけで100倍の電子マネーを貸し出すことができる。つまり担保ゼロで顧客から金利を受け取り利益確定。さらなる貸し出しを行う。
この紙幣を印刷する必要もない電子マネーにレギュレーションはなく、100ドルさえ預ければ無限に電子マネーを貸し出すことが出来る。打ち出の小槌を持ったプライベートバンクが世界の不動産と株の上昇を招いている。担保とする預金を必要としなくなってしまった為、預金金利が0またはマイナスとなる不思議な現象が起きている。
この打ち出の小槌を止めなければ、貧富の差はさらに開き、世の中の不均衡はやがて大きな問題となる。
問題はいつ?である。このまま超低金利が続くならば、借りれるだけ借りて投資しなければ、世界に置いてきぼり、物価は上がり、家賃は上がり、給与は増えず、貧乏。借りて投資すれば、株価は上がり、不動産は上がり、人並みの生活、しかし世界恐慌でも来れば破産。どちらを選んでも茨の道。


How the rich get richer-money in the world economy




多くの人が言う事。

好きな事がしたい
社会貢献がしたい
社員の笑顔が見たい 
稲盛流 ・・・
全部を実現したいと思う。
なぜそのようなことを言うのか、それはこう言えば叩かれたり、嫌われたりしないから言う。
稲盛さんのような能力のある経営者ならわかるが、普通の人にはできない。
普通の人が成功するには、全てを切り捨て夢を追う方が早い。
成功すれば、上記のようなことが早く、大きく達成できる。
結婚、家族も否定して、仕事のプライオリティを優先する。
それ以外のことは必要ない。言い方は冷たいが、余計な部分を削る。
人に何を言われようが、どう見られようが関係なく成功するまで突き進む。
 
好きなことは儲かってからやれば良い事。
 
一番効率の良いやり方は、上記を全てを捨てる事。
集中と選択。 

目標のために全てを捨てる。
年商1億を達成するために、必要のない信念は捨てる。
社会貢献したいとか、稼いでからやれば良い。 
Byホリエモン



林先生曰く

世帯収入が890万−920万を超えないと、税金を払った分より多く社会的サービスを受ける、社会のお荷物となる。(つまり、日本の国民の平均所得は441万なのでほぼフリーサーファー、その癖に文句を言い続けるという不思議。経営者や実業家が日本の税収を支え、警察、消防、ゴミ収集、自衛隊など国の運営費を賄っている、高額な相続税を支払い、税率もアルバに続き世界2位の重税国家日本。さらに税金をかけようとする国会議員・・このままでは、頭脳とお金が日本から逃げ出します。)
浪人2年=2年も勉強すれば当たり前で良い大学に入ることが可能。つまり能力以上の大学を卒業している為、社会に出てもその大学以下の結果しか残せない。

いい大学を出たら、いい人生を送れる?ー学歴が高い、プライドも高い。社会で要求される能力は解決と創造であり、ZOZOTOWN前澤さんは高卒。つまり高学歴でいい生活ができるのは70年代で終わり、大学を出たから必ず良い生活がおくれるとは限らない。

やりたい事ができるようになるまで待つではなく、できる事からやる。できる事からやれば、やりたい事につながるかもしれない。やりたい事だからと言って成功するとは限らない。他人から見た出来る事の方が、うまく行く場合もある。林先生、常々参考になります・・・。

 
 

橋下徹さんと言えば熱血少年弁護士から大阪都知事になった方である。
林先生にプロの喧嘩屋と言われていたが、若者の意見を否定をせずに納得させる等流石プロである。
またここに出演している若者も頭脳明晰、ニートなのは火を付ける大人がそばにいなかっただけで、恵まれた才能を持っている。こんな素直な若者がいる日本はまだどうにかなるのではないかとも思う。


" Success have no reproducibility, sucess is art, failur is sience"
成功に再現性はない。成功はサイエンスではなくアートである。

大成功した人を真似ても、小さな成功はするかもしれないが、大成功はない。なぜなら、市場は変化しているから。

成功本を読んでも、モチベーション本を読んでもポルノと同じ。読んでいい気分になるのみ。
その証拠に、成功・モチベーション本は次から次へと消費されて行く。もし読んだ人が皆成功したならば、本屋の入り口に高々と積まれている成功・モチベーション本は本屋の奥深く小積みになっているはずである。
私の隣人はトニーロビンズ(アンソニーロビンズ)のモチベーションセミナーで火の上を歩き、ティムフェリスの本を読み、弓道や外国語習得法を目を輝かせながら話すが母国語しかまともに話せない、さらにロバートキヨサキ の本を読んでいるらしいが資産ゼロ、低賃金のサービス業に従事している。もう一人の熱血上場企業サラリーマン幹部も自己啓発本を経費で購入しているが、資産は家のみリタイアするまでローン支払いは続くだろうし、子供の教育費捻出でアップアップ。ポジティブ思考が口癖で、目が充血しているから寝た方がいいと言っても、君の発言はネガティブだ、目が充血しているのではなくやる気が漲っている証拠だと言い張る。

睡眠がネガティブ!?火の上を歩く?しかもお金払って!?

経済ポルノを読んでジリ貧の隣人、アホちゃうかと思うが、何を言ってもわからないようなのでその場を去ることにした。成功なんて絶対しない本を書いて詐欺師のように稼ごうと思っているなら、経済ポルノを読むのも良いだろうが、サラリーマンを続けるつもりなら無駄金だろう。ある友人は物書き!?だが、1冊目は自分で書き、二冊目以降はゴーストライターが書いている。経済や不動産の話をしても彼は全くわからない、彼が知るのはワインとレストランのことぐらいだ。そんな事も知らずに学生やサラリーマンは経済ポルノを集め、講演会に行く。講演会は満席で”好きなことだけをして楽して稼ぐ方法”を話す。聞きたい事を話せば講演会は満席。再現性はゼロだというのに、、、。

何を持って成功とするかは人それぞれだが、経済ポルノより睡眠が大事。

何事も大事なのは しつこさ Persistant.
Passion でもvisionでもなく、しつこさ。
しつこさである程度成功し、周囲の人も幸せにしたら、次はvision Mission を考えたらいい。
より多くの人を幸せにするために。。。 

成功はアート、再現性などない
 

 

投資においてチャンスがないときは行動せずにずっと待つ。「待つのも相場」
危険リスクと勇気は別物。

避けられるリスクは取らない。

今はそんな時なのではないかと思います。

失敗をしない優秀な人でも、人を欺いたり、一度の失敗で無責任な行動を取る人は信用できない。

一緒に仕事をするなら、失敗が多くても、真摯な対応をとり、そこから学べる人を選ぶ方が長期的に良い。

誠実さはモラルだけでなく、最大の金銭的リターンを生み出す。自分をごまかさないことが最も大切なことである。



 

賢い人は自信過剰に陥りやすいが故に、大惨事を免れないことがある。
金融機関破綻、ヘッジファンド運用破綻などはその一つである。
そうならない為には、自分の間違いを思い返すことが有効。
 
また歳を取れば取るほど、自信過剰になり傲慢になります。
そうならぬよう初心を忘れず、感謝を忘れず、謙虚に誠実に生きたいものです。



 

トムソーヤの冒険 マークトウェイン曰く、History doesn’t repeat itself, but it does rhyme.

「歴史は繰り返さないが、韻を踏む」

歴史:経済は全く同じ事柄が間隔をおいて起きるのではなく、性質的に似たような事柄、つまり自然界のバイオリズムのようなものがある。
近代日本経済の父、渋沢栄一氏の御子息 渋沢健氏によると、日本には30周期リズムがあるという。

1990年−1930年は日清日露戦争に勝利し先進国の仲間入り。
1960年ー1990年は戦後の高度成長期。
1990年ー2020年はバブル崩壊し後処理。2012年ごろから都心不動産価格3−40%上昇、2019年はタワーマンション価格高止まりで値崩れしそう。
2020年−は世界の債務は2兆円を超えて過去最大。米中トレード戦争、ブレグジットで揺れるEU,多額のデリバティブを抱えるドイツ銀行、香港デモ・・

東京オリンピック、テクノロジーやインタネットが生み出す新しい時代の幕開け、ITやAIによるパラダイムシフト、「日本の常識、世界の非常識」 世界の常識も非常識となりそうなパラダイムシフトがやってくる。

スティーブジョブのスピーチから学ぶ、未来の描き方。

ひとまず点をたくさん打つ、目の前の事に情熱を持って 立ち向かう。
そのうち点と点がつながり、線となる。

長期的な目標なんて立てられない。将来の予測をすることは不可能。
 
点と点をつなげて線にする。スティーブジョブのスタンフォード大学卒業式スピーチ
大学を辞め、興味のあるカリグラフィークラスに入った事がきっかけでアップルが生まれた。
今は分からなくても、点と点を後からつなげば線となる。ひとまず情熱を持って点を打ってみよう。
Baby step!




1. 点と点
最初の話ではスティーブ・ジョブズの生い立ちと大学を退学した出来事から、将来につながる保証が無くても自分の心に従う大切さを伝えました。

ジョブズの生みの母親は未婚の若い大学院生だったため、ジョブズは「将来大学に進学させること」を条件に養子に出されることになりました。約束通り大学に進学したジョブズでしたが、半年で退学してしまいました。なんとなく大学を選んでしまったためにやりたいこともなく、両親に多額の学費を出してもらうことに意味を見いだせなかったからです。

しかし、ジョブズは退学したあとも大学に居座り続け、自分の興味のある授業だけ潜り込んで受講していました。特にカリグラフの世界に夢中なったそうです。それが役に立つのは10年後、マッキントッシュの設計ででした。

ジョブズが大学を退学しカリグラフを学んでいなければ、今日のように美しいフォントを持つコンピューターは生まれていなかったかもしれません。

何か行動を起こすとき、それが将来につながる確証はもちろんありません。それでも、現在の点がやがて将来の点につながると信じて自分の信念に従いなさいとジョブズは伝えたのです。

2. 愛と敗北
2つめの話では自身が立ち上げた会社(アップル)から解雇されたときの話から、人生で苦難に遭っても信念を投げ出さない重要性を伝えました。

ジョブズが20歳のとき、両親のガレージでアップルを創業しました。会社が大きくなり外部から有能な経営者を招聘したものの、次第にジョブズのビジョンとは合わなくなってゆきました。ついには経営側との関係が決裂し、ジョブズはなんと自分で立ち上げた会社をクビになってしまったのです。

彼は全てを失い逃げ出すことも考えたそうです。それでも彼は希望を失いませんでした。やはり仕事が大好きだったからです。

それから5年間、ジョブズはNeXTとピクサーを立ち上げ、結婚もしました。NeXTはアップルに買収され、開発した技術がアップル復活の核となりました。アップルを追い出されたことはジョブズにとって非常につらい出来事でしたが必要なことだったのです。

人生で辛いことが起きても信念を投げ出してはいけない。また、その確固たる信念を持つためには仕事に誇りを持たなければならない、仕事を愛さなければならない。もし、その仕事を見つけられていないなら探し続けてください、とジョブズは強く語りかけています。

3. 死について
3つめの話ではジョブズがガンと診断されたときのこと、そしてジョブズの死生観が語られました。

17歳のとき「毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、その通りになる」という言葉に出会ったジョブズ。その日から毎朝「今日が自分の人生最後の日でも、今日やろうとしていることを私はやりたいか」と自分に問いかけていたそうです。

何か考えるとき、行動するとき、プライドや失敗を恐れる心は妨げとなります。死を意識することは本当に大切なことだけを見つめる方法として有効だとジョブズは語っています。限られた時間を無駄なことに使ってはいけない、自分の心や直感に従う勇気を持つことの重要性をジョブズは伝えました。


ジョブズはスピーチの締めくくりとしてこの言葉を卒業生たちに贈りました。たとえ周りから見て愚かでも、常識から外れたことであっても、自分の好きなことや信念を曲げずに行動しなさい。


I am honored to be with you today at your commencement from one of the finest universities in the world. I never graduated from college. Truth be told, this is the closest I’ve ever gotten to a college graduation. Today I want to tell you three stories from my life. That’s it. No big deal. Just three stories.

I dropped out of Reed College after the first 6 months, but then stayed around as a drop-in for another 18 months or so before I really quit. So why did I drop out?

It started before I was born. My biological mother was a young, unwed college graduate student, and she decided to put me up for adoption. She felt very strongly that I should be adopted by college graduates, so everything was all set for me to be adopted at birth by a lawyer and his wife. Except that when I popped out they decided at the last minute that they really wanted a girl. So my parents, who were on a waiting list, got a call in the middle of the night asking: “We have an unexpected baby boy; do you want him?” They said: “Of course.” My biological mother later found out that my mother had never graduated from college and that my father had never graduated from high school. She refused to sign the final adoption papers. She only relented a few months later when my parents promised that I would someday go to college.

And 17 years later I did go to college. But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford, and all of my working-class parents’ savings were being spent on my college tuition. After six months, I couldn’t see the value in it. I had no idea what I wanted to do with my life and no idea how college was going to help me figure it out. And here I was spending all of the money my parents had saved their entire life. So I decided to drop out and trust that it would all work out OK. It was pretty scary at the time, but looking back it was one of the best decisions I ever made. The minute I dropped out I could stop taking the required classes that didn’t interest me, and begin dropping in on the ones that looked interesting.

It wasn’t all romantic. I didn’t have a dorm room, so I slept on the floor in friends’ rooms, I returned Coke bottles for the 5¢ deposits to buy food with, and I would walk the 7 miles across town every Sunday night to get one good meal a week at the Hare Krishna temple. I loved it. And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on. Let me give you one example:

Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country. Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully hand calligraphed. Because I had dropped out and didn’t have to take the normal classes, I decided to take a calligraphy class to learn how to do this. I learned about serif and sans serif typefaces, about varying the amount of space between different letter combinations, about what makes great typography great. It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can’t capture, and I found it fascinating.

None of this had even a hope of any practical application in my life. But 10 years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all came back to me. And we designed it all into the Mac. It was the first computer with beautiful typography. If I had never dropped in on that single course in college, the Mac would have never had multiple typefaces or proportionally spaced fonts. And since Windows just copied the Mac, it’s likely that no personal computer would have them. If I had never dropped out, I would have never dropped in on this calligraphy class, and personal computers might not have the wonderful typography that they do. Of course it was impossible to connect the dots looking forward when I was in college. But it was very, very clear looking backward 10 years later.

Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backward. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.

My second story is about love and loss.

I was lucky — I found what I loved to do early in life. Woz and I started Apple in my parents’ garage when I was 20. We worked hard, and in 10 years Apple had grown from just the two of us in a garage into a $2 billion company with over 4,000 employees. We had just released our finest creation — the Macintosh — a year earlier, and I had just turned 30. And then I got fired. How can you get fired from a company you started? Well, as Apple grew we hired someone who I thought was very talented to run the company with me, and for the first year or so things went well. But then our visions of the future began to diverge and eventually we had a falling out. When we did, our Board of Directors sided with him. So at 30 I was out. And very publicly out. What had been the focus of my entire adult life was gone, and it was devastating.

I really didn’t know what to do for a few months. I felt that I had let the previous generation of entrepreneurs down — that I had dropped the baton as it was being passed to me. I met with David Packard and Bob Noyce and tried to apologize for screwing up so badly. I was a very public failure, and I even thought about running away from the valley. But something slowly began to dawn on me — I still loved what I did. The turn of events at Apple had not changed that one bit. I had been rejected, but I was still in love. And so I decided to start over.

I didn’t see it then, but it turned out that getting fired from Apple was the best thing that could have ever happened to me. The heaviness of being successful was replaced by the lightness of being a beginner again, less sure about everything. It freed me to enter one of the most creative periods of my life.

During the next five years, I started a company named NeXT, another company named Pixar, and fell in love with an amazing woman who would become my wife. Pixar went on to create the world’s first computer animated feature film, Toy Story, and is now the most successful animation studio in the world. In a remarkable turn of events, Apple bought NeXT, I returned to Apple, and the technology we developed at NeXT is at the heart of Apple’s current renaissance. And Laurene and I have a wonderful family together.

I’m pretty sure none of this would have happened if I hadn’t been fired from Apple. It was awful tasting medicine, but I guess the patient needed it. Sometimes life hits you in the head with a brick. Don’t lose faith. I’m convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did. You’ve got to find what you love. And that is as true for your work as it is for your lovers. Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work. And the only way to do great work is to love what you do. If you haven’t found it yet, keep looking. Don’t settle. As with all matters of the heart, you’ll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking until you find it. Don’t settle.

My third story is about death.

When I was 17, I read a quote that went something like: “If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right.” It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: “If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?” And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something.

Remembering that I’ll be dead soon is the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in life. Because almost everything — all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure — these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important. Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart.

About a year ago I was diagnosed with cancer. I had a scan at 7:30 in the morning, and it clearly showed a tumor on my pancreas. I didn’t even know what a pancreas was. The doctors told me this was almost certainly a type of cancer that is incurable, and that I should expect to live no longer than three to six months. My doctor advised me to go home and get my affairs in order, which is doctor’s code for prepare to die. It means to try to tell your kids everything you thought you’d have the next 10 years to tell them in just a few months. It means to make sure everything is buttoned up so that it will be as easy as possible for your family. It means to say your goodbyes.

I lived with that diagnosis all day. Later that evening I had a biopsy, where they stuck an endoscope down my throat, through my stomach and into my intestines, put a needle into my pancreas and got a few cells from the tumor. I was sedated, but my wife, who was there, told me that when they viewed the cells under a microscope the doctors started crying because it turned out to be a very rare form of pancreatic cancer that is curable with surgery. I had the surgery and I’m fine now.

This was the closest I’ve been to facing death, and I hope it’s the closest I get for a few more decades. Having lived through it, I can now say this to you with a bit more certainty than when death was a useful but purely intellectual concept:

No one wants to die. Even people who want to go to heaven don’t want to die to get there. And yet death is the destination we all share. No one has ever escaped it. And that is as it should be, because Death is very likely the single best invention of Life. It is Life’s change agent. It clears out the old to make way for the new. Right now the new is you, but someday not too long from now, you will gradually become the old and be cleared away. Sorry to be so dramatic, but it is quite true.

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma — which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

When I was young, there was an amazing publication called The Whole Earth Catalog, which was one of the bibles of my generation. It was created by a fellow named Stewart Brand not far from here in Menlo Park, and he brought it to life with his poetic touch. This was in the late 1960s, before personal computers and desktop publishing, so it was all made with typewriters, scissors and Polaroid cameras. It was sort of like Google in paperback form, 35 years before Google came along: It was idealistic, and overflowing with neat tools and great notions.

Stewart and his team put out several issues of The Whole Earth Catalog, and then when it had run its course, they put out a final issue. It was the mid-1970s, and I was your age. On the back cover of their final issue was a photograph of an early morning country road, the kind you might find yourself hitchhiking on if you were so adventurous. Beneath it were the words: “Stay Hungry. Stay Foolish.” It was their farewell message as they signed off. Stay Hungry. Stay Foolish. And I have always wished that for myself. And now, as you graduate to begin anew, I wish that for you.

Stay Hungry. Stay Foolish.

Thank you all very much.

スピーチ スタンフォード大学引用 https://news.stanford.edu/2005/06/14/jobs-061505/ 

2008年のリーマンショックから続く世界規模の金融緩和により膨張した株価、不動産価格、企業投資、イマジネーション景気。本来、景気がよくなれば金利を上げるところ、実質景気はよくなっていない為、金利は過去最低水準で推移、そのお陰でカナダやオーストラリアの高額住宅ローン残高、各国の中小零細企業延命、アメリカ高額学生ローン、アルゼンチン デフォルト懸念など副作用が出ている。

中央銀行が支える債務経済は既にピーク、金利を下げても本質的な景気が上向きになるわけではなく、株価と不動産価格のみが上がり、金持ちが金をうむ貧富の差は開くばかりである。
リーマンショック後、世界の消費者となり世界経済に立て直した中国は既にピーク、次なるショック(前回の3倍)をカバーできる国はまだ育っていない。
 
債務を積み増しさらなる赤字財政支出が必要という現代貨幣論、債務残高はどこまで積み上げられるかという未知の世界に踏み出す。欧州中央銀行ECBラガルド総裁、国際通貨基金IMF、揃って各国政府に歳出拡大を呼びかけているのが実情。金利負担の減少、安全資産に対する市場の累積需要を踏まえると、主要先進国は一段と大きな債務負担に耐えれるのではないかと言うが、債務負担にも天井はあるだろう。
 
確かに、カナダの不動産投資家はほぼミリオネラー、景気悪化で不動産価格や株価が下落しても、所持物件や株手放せば生きてはいける。とは言え、、財政出動の経済効果は少しづつ弱くなりつつある。
早いうちに本質的な景気回復が始まらなければ、止まった車を人力で押し続けるには限界がある、人力の限界が来るまでにエンジンをかけられるか否か、、、難しいところである。

一つ良いニュースはカナダ政府の移民政策。この政策による人口増加率は年1%、常に人口増加が見込まれる上、アメリカのお隣という立地から、アマゾンやマイクロソフトなどニューエコノミー企業のオフィス拡大により、高待遇の仕事が増え、生産性が上がること。70%がサービス業や不動産関連業の不動産エコノミーで生計を立てる中、ニューエコノミーの拡大は歓迎される。ただ2008年からうなぎ登りの不動産価格には政府の政策(外国人投資家税、空室税等々)により調整期となり2019年度は場所により緩やかな伸び、もしくは緩やかな下落となっている。日本とは違い、政府の人口増加移民政策、ITテクノロジーなどの高度産業発達により、不動産バブル崩壊とは今のところならないだろう。全てはNY株価の行方次第である。

Investing in the new normal 投資哲学の進化もしくは退化? ニューノーマル

 

家計負債対GDP

韓国94%
イギリス74%
アメリカ74%
香港69%
タイ68%
マレイシア54%
中国54%
カナダ103%

世界の合計負債額US$250トリリオン(政府65、企業72、家計46、金融60・・・)、世界のGDPの320% 
2014−2024世界のGDP伸び率の平均は3.6%

まとめ:
世界の負債額の伸びが、世界のGDPを超えており、年々国債発行の景気押し上げ効果が失われている=このような経済は長続きしないと思われる。
日本の株価16000円が適正値。アベノミクス以降 外国人と個人の株売買はマイナス、日銀が年金を使い買い増しをしている状態。2018年は日銀6兆円購入。2015年以降の不動産価格は鈍化、株価押し上げによるものであり本来の需要ではない。


 

ローマ帝国滅亡にかかった時間は50年。
ローマ帝国は度重なる戦争によって国家財政が疲弊、流通していた金貨に銅を混ぜ偽金貨を増やした。
銅などの不純物で水増しすることにより金貨の流通を増やし、国家財政を支えたローマ帝国は財政出動を行った、公共事業を増やし、貧困に喘ぐ民に仕事を与えた。すると物価上昇、インフレが止まらなくなり、民は飢えやがてローマ帝国を滅亡に追いやった。金貨水増しから50-60年。
さらに歴史は繰り返される。
1971年ニクソンショック、ベトナム戦争により財政が立ち行かなくなったアメリカ、金に連動していたアメリカドル紙幣をやめ、金連動なしの偽紙幣を印刷し始めた。(1971年以前のアメリカドル紙幣には「この紙幣は金と交換できます」という文章が印刷されていた) 
2020年はアメリカが偽紙幣を印刷し始めてから50年ということになる。ローマ帝国が偽金貨を水増し、滅亡するまでにかかった50年と同じ状況である。
この50年、世界中の先進国はこぞって偽紙幣を印刷、今のところ先進国で目立ったインフレは起きていないものの、先進国から流れた偽紙幣はベネズエラ、アルゼンチン などでインフレを起こし限界点まで来ている。さらに北米でも株、不動産がスポンジの役割を果たしてきたが、スポンジには限界がある。トロントやバンクーバーに不動産は高止まりし、下落傾向。株価最高値の今、行き場のない紙切れが後進国からアメリカやカナダに逆流してきている。つまり、偽紙幣印刷の余波が先進国に逆流、これからインフレが起きる可能性が出てきた。
さて、どう身を守るか・・・。

ある分野で成功すると、へぼいプライドが邪魔をしているのか、世の中全てのことがわかると勘違いするのか、新しい事を学びにくくなる。年齢や性別、国籍、文化、育った環境や経験値などの背景も関わってくるのかもしれないが、”でも、、、僕はそうは思わない、、”と言われてると。じゃ勝手に一人でやってくれー、そういう話もあるんだねという姿勢で物事を聞けないなら、熱弁振るう意味なし。ということで今日のブログは無知の知。

「無知の知」ギリシャの哲学者ソクラテスの言葉を昔哲学の授業で習ったことを思い出した。
無知の知とは、自分が知っていることは、自分は何も知らないと言うことという意味である。
例えば、物事は知れば知るほど、自分はよく理解していないと気づかされることがある。これを無知の知という。
学校教育の中で、一番役に立ったのはこの哲学の授業。余談だが、人生で一番役に立つ事を教えてくれた哲学の教授は、カレーの作り方を単位取得のテストに出題し、保護者の間で問題となり懲戒処分になってしまったらしい。彼は研究室に畳を敷き、お香を焚き、夏冬構わず毎日はだしでチャリンコ、おそらく車の運転免許はなかったと思われる。メガネをかけユニークな教授だったことを今でも覚えている。
この無知の知のお陰で、常に謙虚Be humble を心がけ、赤ちゃんからでも学ぶことはある精神で起業することができた。



I know that I know nothing.

私が知っているのは、私は何も知らないということだ。

または、”The only thing I know is that I know nothing” / “I know one thing; that I know nothing”/”I know that all I know is that I do not know anything”とも英訳されます。
これのことを「Socrates Paradox」と英語では言います。ソクラテスの逆説。

ソクラテスはアテナイ(アテネ)の知者たちと「善とは何か」などと対話し、世の知者の無知を暴いていきます。

これらの知者は、善とは何かを知らないのに、ソクラテスと対話し、論駁されるまで、知っていると思い込んでいました。それに対しソクラテスは「自分は善とは何か、全く知らない」と自覚していました。

日本語としては「不知の自覚」が適切な表現ではないか、という研究者がいますが、状況としてはまさにソクラテスは「不知を自覚」していたことを、この「Socrates paradox」は示しています。

ちなみに、これは「知らないとわかってるやつの方が賢い」という風に解釈されやすいことばなのですが、ソクラテスはそういうことを言いたかった訳ではないように思います。

というのも、ソクラテスの「私は何も知らない」は、「私は自分がどこまで知っていて、どこまでわかっているかということについても、ひょっとするとわからないのかもしれない。自分で自分を確実に分かっている、ということさえ、断言はできないかもしれない」という意味まで含みうる、徹底的な知の探究を目指す態度なのです。

踏み込んでいえば、「私が分かったつもりのことも、これから先さらに明らかになりうるかもしれない」という風にも解釈できます。

確かに、ソクラテスの時代には最先端だった知識も、後の時代にどんどん更新されていきましたし、社会的な背景や文化の変化によって、科学的真理だと思われた内容にも新たな発見が加わりうる、ということは歴史を見れば明らかです。

何かを「完全に分かりきる」ということはあり得ないのだ、ということを、アテナイの知の最先端だったソクラテスが自覚していたというのは、実に興味深いことです。

ソクラテスの知的態度について考えを巡らせると、この「無知の知」がたびたび、「本当に賢い人は自分が分かってないことを分かってるんだよ~」的文脈で使われることの不適切な感じ、

そして「本当に賢い人」という言葉のなんとも当てにならないことが感じられるのではないでしょうか…。

ソクラテスの名言ー知とは、悪とは。


The only good is knowledge and the only evil is ignorance.

「唯一の善は知ることであり、唯一の悪は無知である。」
ソクラテスは、

・誰も悪を望まない
・誰も意図的・それを知って悪を行わない
・徳とは知である
・徳は幸福への必要条件である

という前提にたち、悪は無知から生まれる、という考えで人間の悪に向き合いました。

このような考え方はもちろん後の哲学・思想によって批判にもさらされるのですが、

知を追い求めることを最高の価値とする姿勢に、現代人が学ぶことも多いでしょう。

以下に、その他の有名なソクラテスの言葉を紹介します。言葉をきっかけに、自分の思考を深めたり、英語で話しあうきっかけを作ったりしてみてください。

The way to gain a good reputation is to endeavor to be what you desire to appear.
良い評判を得る方法は、自分自身が望む姿になるよう努力することだ。
 
Think not those faithful who praise all your words and actions; but those who kindly reprove your faults.
あなたのあらゆる言動をほめる人は信頼するに値しない。間違いを指摘してくれる人こそ信頼できる。
 
By all means marry: If you get a good wife, you’ll become happy; if you get a bad one, you’ll become a philosopher.
ともかく結婚せよ、良い妻を迎えれば幸せになれるし、悪妻を迎えれば哲学者になれる。逆も然り、良い旦那を迎えれば幸せになれるし、悪旦那を迎えれば哲学者になれる。でも長くは続かない・・・笑
 
Wealth does not bring goodness, but goodness brings wealth and every other blessing, both to the individual and to the state.
富は良心をもたらさない。しかし良心は、富ばかりでなく、望まれるもの全てを、個人にも国家にももたらすのである。
 
When the debate is over, slander becomes the tool of the loser.
討論が終わったとき、悪口は敗者の道具になるのだ。
 
The hour of departure has arrived, and we go our ways – I to die and you to live. Which is the better, only God knows.
出発の時間がきた。そして、私たちはそれぞれの道を行く。私は死ぬ、あなたは生きる。どっちが良いのかは神のみぞ知る。

とても素晴らしいまとめ:ソクラテスの哲学についてフラインゴ英会話より抜粋

健康とは、病気でないと言うことだけではなく、元々「健体康心」と言う四字熟語の略である。
つまり体が健(すこ)やかであり、心が康(やす)らかであること。
Well being 体だけではなく心のバランスが必要。

WHO世界保健機構による「健康」とは7つの条件を満たしたもの。

1、何を食べても美味しい。
2、よく眠れる。
3、直ぐに疲れを覚えないこと。
4、快い便通があること。
5、風邪気味ではないこと。
6、体重が変わらないこと。
7、毎日が楽しく明るいこと。

心と体は、お互いに影響する。心理的ストレスが慢性的に続けば、高血圧や心疾患など体に弊害が生じる。更に、心理的なストレス(怒り、嫉妬、不安、恨み、緊張、寒冷、感染、苦痛、災害、ネガティブな思い)は免疫を低下させ 風邪ウィルスにかかりやすくなる。病は気からと言う昔からの言い伝えは、科学的にも証明されてきている。

ストレスはカナダの 生理学者ハンス・セリエ博士により初めて称された。免疫力とは体内に入った細菌やウィルスや潰瘍などを排除する力であり、免疫システムを担っているのは免疫細胞である白血球。
白血球は主にリンパ球、顆粒球、マクロファージの三種の免疫細胞が存在し、リンパ球は免疫担当細胞であるナチュラルキラー細胞にも関係している。さらに免疫システムも自律神経支配を受けており、活発な状態では交感神経が優位になり顆粒球の比率が上昇、穏やかな状態では副交感神経が優位となりリンパ球の比率が上昇。つまり、ストレスが過度になれば自律神経のバランスが崩れ自律神経失調症や心身症、神経症といった心理的・身体的症状があらわれるようになる。

「テストの前になると必ず風邪をひく」「寝不足が続いたら風邪をひいた」 「嫌なことが続くと頭痛が起こる」などは心理的ストレスから起こる身体の症状。 脳が持続的な強いストレスを受けると、脳からストレスに反応してステロイドホルモンや神経伝達物質が分泌され、白血球中のリンパ球や細胞の働きを低下させ、ウィルスに負けてしまいそのような身体の症状が起きます。

では免疫力を上げるためにはどうしたらよいか。まずは、バランスの良い食事、充分な睡眠、軽い運動(運動により脳からハッピーホルモンであるセロトニン)が良いとされています。

 また笑顔をこころがける事も免疫力アップにつながる。笑うと免疫細胞である50億個のナチュラルキラー細胞が活性化される。作り笑いでも免疫力が上がることが科学的に証明されているので、悲しい時、困った時でも笑顔を作ってみるのも良い。

病は気から、健体康心 体が健(すこ)やかであり、心が康(やす)らかであること。医食同源、健康オタク徳川家康に学ぶ生活術。成功の秘訣は長生き、人質と言う誰よりも不利な状況から少しづつ体制を立て直し、やがては天下をとった家康の成功の秘訣は健康だったのかも知れません。

サトシナカモトの論文から10年、100年続くリーマンが潰れたリーマンショックの翌年ビットコインが生まれた。日本でも 通貨名が仮想通貨から暗号資産へ法案閣議決定され、仮想通貨数千のうち取引高10位の中から金融機関で取り扱い可能通貨が選ばれていくと思われる。
さらに先日とあるカナダ大手銀行の友人より、ビットコインを銀行が扱おうとしているとの話、私のところにもストレージやトレーディングについての聞き取りがあった。
世界中で各国が紙幣を印刷しまくり国債を発行して経済を維持している中、超低金利、さらにマイナス金利が定着、金あまりで不動産価格が上昇、高止まり、ついに下落方向のサイクルに入り、 株価も危険水域。ビジネスが利益を生んでいない中、株価が上昇づつけると言う歪な経済の仕組みの限界点が見えてきている。
政府担当の商業不動産アソシエーション会長の友人曰く、商業不動産の取引はQ1,Q2と下落している、住居用不動産マーケットも数件購入した中国人が倒産、そのような物件がマーケットに流れ出し始めていると言う。香港からの脱出組が購入をしているが、その数量がどの程度このマーケットに影響をするかと言えば、政府の課税政策もある中 懐疑的。不動産価格下落の波は6ヶ月から1年以内に起きるのではないか・・とは言え、富裕層は流動資産を増やし現金化しているので、チャンスがあればすぐに飛びつく、売り手と買い手のバランスが崩れた時が狙い目!?

ダブついた紙幣の投資先 不動産価格下落、株価高・・となればビットコインは投資先ではなく、価値の落ちる紙幣の逃避先として選ばれるのかもしれない。

人生の半分以上海外いると日本語に疎くなる。数年前にリア充と言われて、なんだろう・・と思いながらも聞き流していたら、リアルライフ充実という意味だったのを思い出し、ひとまず言葉の解説から。


「ソロ」とは:
昔のソロ「未婚」「未だ婚姻していない」という意味で、そこには「いつかは結婚する」「結婚をしていない未成熟な状態」という意味が込められている。
今時のソロ 生活価値観としての「自由・自立・自給」の3価値観を持つ者をソロ男女、積極的に独身生活を求めている、過ごしている」男女。
因みに、人生の4大コスト:家族を持つと一生6500万かかります、家6000万、自動車4200万、結婚550万。60万人結婚のうち20万人が離婚、財産分与や婚姻費用1億7250万成!つまり結婚をしない男女が増えるのは、コスパが悪いから。。。

「ソロ活」とは: 好きな時に、好きな場所でひとりでしか味わえない贅沢な時間を過ごすストレスからも解き放たれた体験
 
「ソロエコノミー」とか:独身を中心としたエコノミー

「お一人さま」とか:
(1)飲食店などに一人で訪れる客を指す表現。主に店側が用いる言い方。
(2)婚期を逃した女性を指す言い方。いわゆる「行かず後家」のことであるが、独身を謳歌しているというニュアンスを込めて用いられることもある。

UI:ユーザーインターフェイス
UX:ユーザーエクスペリエンス

さて、次のビジネス狙うはソロ

「独身男性が外食に費やす費用は平均3〜4人の1家族分以上である」「全体的に食費をかけない独身女性であっても、外食費だけは1家族分以上を消費している」という。1人客の中で一定の割合を構成する単身世帯の消費ポテンシャルの大きさについても、1人客の取り込みを図る外食産業にとっては、無視できない要素といえる。つまり、次のビジネス狙うはソロ!
お一人さまウエルカムなカフェやレストランからバー、スナック、エンターテイメント、旅行などは可処分所得の多い ソロをターゲット。


 


 

人生うまく行かない時があるから、考える、考えるから行動できる、行動するから失敗する、失敗するから学ぶ、学ぶから、賢くなる、賢くなるから、向上する、向上するから人生上手くいく。人生はこの繰り返し。人間は進化するようにDNAが組み込まれている。とはいえ、瞑想や宗教や占い、ビジネス本や成功者の講演を聞いてもポルノと同じ、自己満足だけでは前進しない、立ち止まってよく考えたら、行動あるのみ。

大切なのはどちらかを選ぶのではなく、早く決断する事。失敗したとしてもその分早くやり直せるから。

攻めの気持ちがあると集中力が高まり、迷いが吹っ切れる

不安や迷いの原因は、感激、感動、感謝が足りない。

生きることは考えること。

出来るか、出来ないかの選択をしている間は迷い続ける。やるか、やらないかである。 

自分がやらなきゃいけないこともやらないで、何か自分らしい生き方があるんじゃないかと思うことが、迷い。

人生には二つの選択がある。状況を受け入れるか、状況を変えるための責任を受け入れる。

他人が作った道を失敗もなく進むより、自分の道を迷いながら進む。

20年後に失望するのは、やったことよりもやらなかったこと。

決断とは「決める」「断つ」「そして、「断つ」には2つある、一つは迷いを断つ、二つ目は退路を断つ。

迷う、ということは一種の欲望から来ているように思われる。ああもなりたい、こうもなりたい、こういう風に出世したい、という欲望から迷いが出てくる。それを捨てれば問題はなくなる。松下幸之助

たとえ迷いがあったとしても、こっちと言い切る強さがないといけない。天海祐希

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁があるときはチャンスだと思っている。イチロー

右か左かで迷ったら 前に進む。

ー二択で迷う時は、選択をしない、もしくは両方を選ぶ、もしくは両方のベネフィットのみを選択し新しい選択方法を作り出す。


迷わないために。

ー選択技を多く持たない。IT系の人の服、毎日グレーのシャツにジーンズは選択することによって
脳の前頭葉が疲弊するのを防ぐためであり、効率の良い生き方をするため。
人間の脳は複数のタスクを一度にこなすようにできていないため、常に一極集中しタスクを山積みしないようにする。

試行錯誤、暗中模索、偶然の出会いを全てキャッチをしてきたホリエモンの中学時代、でも今はそれをししなくていい。なぜなら今の時代、情報は平等、行動すればいいだけだから。いくらでも試せる今、お金がない、時間がないは言い訳、とりあえずやってみる、行動を起こせ。

桃太郎理論 恐れずに桃を拾え、割ってみよー

不動産価格は世界中で高止まり、金利は低いので売買の可能性はあるが、この状況はずっとは続かない。
日本国家予算90兆円の半分は負債(借金)、つまり日銀がお金を印刷(国債発行)することにより保たれている。このままではデフレが続き経済低迷、借金はかさむ一方で国の信用下落。
経済低迷、国家予算もなくなり政治家の権力が弱まる、与党、野党、自民党は内輪揉めで分裂しそのうち自滅。国から地方へ政治の権限が戻り本来の民主化が進む、そしてAIによるIT革命で新しい世の中の秩序が出来る。

未来は予想するものではなく、今の状況はいつまでも続かないという前提で、これからの政治のあり方、仕事のあり方、世の中のあり方を自ら考え行動し、思い描く未来を作るための10年後の布石を打つべき。


親の仕事の充実度と子供のイジメの相対性。充実しているなら長時間労働をしても子供への影響はほぼゼロ、しかし、親の仕事が充実していないと子供がイジメをしたりされたり、不登校になる確率が上がる!

親の長時間労働、親の仕事の充実度が与える子供への影響の関係動画

共働きや、シングルペアレント 子供と過ごす時間がなくて申し訳なく思っていませんか?
リサーチによると、子供と過ごす時間の長さは子供の成長にはほとんど関係しないということがわかりました。
それよりも大事なことは、親の仕事の充実度。親がイヤイヤ仕事をしている姿や、会社や仕事の文句ばかり言っている場合、子供がいじめに遭う、もしくはイジメをする可能性や不登校率が高くなります。
社員に一人意地の悪いのがいます。リーダーの才能はないのですが知識とスキルと口では誰にも負けません。子供の目からしたら、親を虐める敵と言ったところなのでしょう、子供からA氏が夢に出てきて嫌だったと告白を受け、なるほど、親の仕事の充実度は子供に影響するもんだなぁ・・と。
そして友人家庭、上場企業のエリートとパイロットのパパ、仕事は充実しているのでるが、外から見ると働きすぎで常に疲れている、さらに二人ともママと仲が悪い。各家庭の娘17歳18歳の二人はそれを察してか不登校。二人とも学校に友達もおり、イジメられるタイプではない、親は高収入で不自由もない。となると問題は親の仕事と夫婦仲、人生の充実度なのでしょう・・・。

 

「思考の道具箱」は雑多な知識よりも、お金よりも、コネよりも、人生にとって大切なものである。

1.考えるより行動をしよう。 思考の飽和点に達する前に始める

文章を書くための最大の秘訣は、何を書くかというアイデアは、書いているときにではなく、書いている最中に浮かぶということ。ある製品が市場に受け入れられるかどうか、企業家にわかるのは、市場調査ではなく、製品を作って市場に出してみてからだ。セールスマンが完璧なセールストークができるようになるには、セールスの研究ではなく、話術を磨き上げ、数え切れないほど断られた経験があってこそ。子育ても、音楽家も行動してから上手になる。先行きを予測できる人はいない、最高の教育を受けている人でも、先が読めるのは特定方向の数メートル先まで、境界線の先を見たければその場に留まるのではなく前進するのみ。長く思い悩んでも一ミリも進まない。考えるだけの方が楽、行動する方が難しい。望んでいるものが手に入らない場合に得られるのは経験。何を描きたいかは、描き始めないとわからない。ーパブロピカソ。人生において自分が何を求めているのかを知るには、何かを初めて見るのが一番。心理学には「自己内観における錯覚」という言葉がある、これは自分の思考を顧みるだけで、自分は実は何に向いているのかや、何にもっと幸せを感じるのか、また自分の目標や人生の意義までも徹底的に究明できるという「思い込み」を表す言葉。自分の思考を探ってみても最後にたどり着くのはおそらく、気分の波と、とりとめのない感情と、曖昧な思考だらけの混沌とした泥沼。だからあなたが次に重要な決断を迫られた時は、そのことについて入念に検討してみても、考えるのは「思考の飽和点」までにしておこう。

2.なんでも柔軟に修正 完璧な条件設定が存在しないわけ。

飛行機が「予定ルート」を飛んでいる割合とは・・・90%、80%、70%?正解はなんと「ゼロパーセント」最初の条件設定ばかりを重視し、修正の意義を軽るんじすぎている。重要なのは「スタート」ではなく「修正技術」 メンテナンスが必要。米軍の司令官ドワイト・アイゼンハワーは「計画に価値はない。計画し続けることに意味があるのだ」と言った。
 
3.大事な決断をする時は、十分な選択技を検討する。最初に全体図を把握する

確率と統計「秘書問題」(結婚問題)100人の女性から応募があった。面接が終わるごとに、あなたはその応募者を採用するかを決めなければならない。翌日まで考えたり、全員の面接が終わるまで決断を先延ばしにしてはいけない。そうだとしたら、どのように採用不採用と決めたら良いのか。その答えは1つしかない。100人の応募者の最初の37人は面接はしても不採用とし、その37人の中で最も優秀な女性のレベルを把握する。その後も面接を続け、それまでの37人のうち最も優秀だった人のレベルを上回った最初の応募者を採用する。この方法をとれば、優秀な秘書を採用できる確率は高くなる。この37は学定数e(=2.718)で割って求めた数。 応募者が50人の場合は50÷e2.718=18人を不採用にし、その18人のうち最も優秀だった人を上回った最初の応募者を採用する。ウォーレンバフェットも「明らかに間違うよりは、概ね正しい方がいい」という。 この確率と統計は、重要なことを決めるときに「どのぐらい色々なことを試してから、最終決定を下すべきか」の指針を示してくれる。興味があるないに関わらず、出来るだけたくさんのものを試してから最終的な判断を下す。私たちが「早い段階」で決断を下してしまう理由は、手間がかかるから、さらに新しいことに挑戦するのは面倒。だが、サンプル数が少ないと最適なものを見つけ出せない。世界は私たちが思うよりずっと広く、ずっと多彩、色々なものを含んでいる。若いうちは出来るだけたくさんのサンプルを試した方が良い。先ずはお金を稼ぐよりもキャリアを試すより、人生の全体図を把握することが大事。

4.支払いを先にしよう。心が穏やかでいられるように、わざと自分を錯覚させる

盗まれても、寄付したと思えば心を乱すことはない。物事の支払いを先に済ませることにより、ストレスを節約する。起きた出来事の「解釈」は変えることができる。アメリカの心理学者でノーベル経済学賞を受賞したダニエルカーネマンの「ピークエンドの法則」は私たちが旅行をしたときに記憶に残るのはは、その旅の「ピーク」と「終わり」だけ、残りは忘れてしまうという法則。旅の最後が尊大なホテルの請求書で締めくくられ、その上請求額が法外な金額だったとしたら、その旅行に良い思い出は残らない。心理学には支払いを先に済ませて後から消費を行う「プレコミットメント」手法がある。出資の痛手を少しでも減らすためのメンタルアカウンティングの一種。

5.簡単に頼み事に応じるのはやめよう。小さな親切に潜む大きな罠。

人の頼みを断れない「好かれたい病」の正体。「ゲーム理論」囚人のジレンマモデルで勝利したのは「互恵的利他主義」しっぺ返し戦略 お互いに助け合うことにより自分が生き残ることにより、チンパンジーや人間は遺伝子を残してきた。だが、互恵利他的主義には二つの危険がある、一つ目は誰かから「好意」を受けると、あなたにはその人にお返しをする義務があるように感じて、その人の頼みを断れなくなること。結果的に、その人の頼みを断れなくなる。二つ目の危険は、しっぺ返し戦略は、信頼に基づく協調であり、自ら進んで相手の頼みを引き受ける。相手が並べ立てたもっともらしい理由を自分の頭の中で繰り返す。だがその時、頼み事の実現に必要な時間のことは全く考えない。無意識のうちに「時間」より「理由」を優先させてしまっている。いくらでも考え出せる理由とは違って、時間には限りがあるというのに。
チャーリーマンガーの「5秒決断ルール」「素晴らしい何かが見つかる機会は、そうあるものではない。90%を断ったとしても、チャンスを逃したことになんてまずならない」頼み事をされた時は、その無理な要求を検討する時間は、きっかり5秒、殆どの場合、答えはNO。頼み事を断られたからと言って、人でなしと決めつける人は滅多にいない、相手は帰ってあなたの毅然とした姿勢に尊敬の念を抱く。
古代ローマの哲学者セネカは2000年前に「あなたに何かを頼もうとするものは、あなたから時間や自由を奪おうとしているようなものだ。」だからあなたも5秒ルールを身につけたほうが良い。

6.戦略的に頑固になろう。宣誓することの強さを知る。

「選択技は一つだけ」という状況を自ら作る。
状況に合わせて柔軟に対応することはどうして不利なのか。重要な事柄に対して「柔軟性」は有利ではなく不利に働く。徹底的に頑固な姿勢を貫き、柔軟な姿勢では達成できなかった、長期的な目標に達成している。理由は二つ。一つ目は状況に応じて何度も決断を繰り返すと、判断力が鈍り「決断疲れ」を起こす。決断に疲れた脳は、最も安易な選択技を選ぶようになる。宣誓を立てると、メリット、デメリットを天秤にかけて決断する必要がなくなる。それ以上に思考のエネルギーを使わなくて済む。スティーブジョブが毎日同じ服を着るように。二つ目は、「評価が確率」される。自分のスタンスを知ってもらうことで、自分をゆるぎない存在に見せられる。
「ああいう人だから」とわからせたほうが勝ち
ウォーレンバフェットは「事後交渉は受け付けない主義」である。バフェットに会社を売却したければチャンスは1度。売主は、一度しか、売却価格を提示できない。一度拒まれたら終わり。バフェットは主義を曲げない評価を築き上げ、それにより最初から最高の条件を提示され、互いが折り合えるポイントを探し時間を無駄にすることがなくなった。
 
柔軟性を褒め称えるのはやめよう。柔軟一辺倒では不満が募り、疲れ、気づかないうちに目標から遠さ買ってしまう。誓約を100%まっっとうするのは99%だけを実行するより、実は優しい。

7.好ましくない現実こそ受け入れよう。 失敗から学習する。

失敗の原因を突き止めるたび、人生は上向く 
問題を処理せずにその問題が解決不能になるまで放っておくような人間は、大きな問題を抱えて当然、大間抜けである。問題は手に負えなくなるまで放置すべきではない。ーチャーリーマンガー
あなたが現実を呑み込まなければ、現実の方があなたを飲み込んでしまう。ーアレックス・ヘイリー 

8.必要なテクノロジー以外は持たない。

車の「反生産性」 ー車の年間走行距離を年間に走行すると思われる時間で割る、ランドローバーのディスカバリーはおよそ時速60キロ。その車の反生産性は、車の購入費を稼ぐための労働時間+保険や維持費+ガソリン代+反罰金を払うための労働時間+渋滞時間の合計+走行時間を年間走行距離に加える。平均速度は「たったの6KM」歩く速度と変わらない。
メールの反生産性 ーコンピューター代を稼ぐ労働時間+パソコンメンテ時間=メール1通は「1ドル」で手紙と変わらない。
 
反生産性の視点で生活を検討し直す。

テクノロジーは登場した時は素晴らしく、便利に見えるが、人生の質という観点からは反生産的に作用することが多い。良い人生の基本ルールは、本当は必要ないものを排除すること。 

9.

◉オーソモレキュラー 分子整合栄養医学:病気や不調を薬ではなく最適な栄養素を使っって改善する。
◉ランセット科学雑誌の夜と、脂肪摂取割合が高い人は死亡率が下がり、炭水化物摂取量が多い人は死亡率が高い。野菜は豆は従来考えているほど取らなくて良い。
◉脳の栄養はタンパク質、鉄、フェリチン貯蔵量であり、脳の神経伝達物質の主原料であり、糖質ではない。血糖値が上下するのは脳に良くない。
◉脳の安定に不可欠な栄養素はビタミンB群 豚肉 レバーあさり ごま しじみ
やる気の源ドーパミン、集中力を高めるノルアドレナリン、幸せ気分のセロトニン
◉亜鉛は細胞活性化に重要で不足すると、肌荒れ抜け毛、アトピー性皮膚炎の原因になる。赤肉、貝類、牡蠣やうなぎ、レバー、海藻類、チーズ、チョコレート、魚
◉食べる順序:1肉や魚や卵 2野菜 3お腹に余裕があればご飯 血糖値の観点から繊維のあるサラダが一般的だが、大事なタンパク質が最初。
◉外食:ラーメンパスタ丼モノなどの一品ものは避ける。定食屋やファミレスで数種類の食物を食べる方が血糖値が緩やかに上昇するので良い。
◉同じものを毎日食べず、肉の種類や野菜も毎日変えることにより、遅延性アレルギーを防ぐ
◉オイル:良い油を摂取する。ココナッツオイル、ココナッツバター、牛脂は脳へのエネルギー補給。オメガ3系 亜麻仁 エゴマ 青魚の油。オメガ9系のオリーブオイルで体に悪いオメガ6系サラダ油をリプレイス。

アレルギー
◉小麦は腸を荒らし、腸に穴が開く。穴が開くと、分解されないタンパク質が通りアレルギーとなる。
腸にとってNGなのはグルテンとカゼイン。カゼインは乳タンパク質に多く含まれるので牛乳やヨーグルトは我慢。ヨーグルトは乳酸菌が良いのであり、乳製品が良いわけではない。花粉症を治すのに必要なのはビタミンD(しらす、しゃけ、いくら、キクラゲ、イワシ、干し椎茸)
◉亜鉛は細胞分裂に必要ミネラル、免疫細胞の働きを高める。(牡蠣、赤身、レバー)
◉細胞の寿命。寿命が長い細胞の代表は脳細胞。人間の一生と同じくらい長い。内臓の細胞寿命は短い。2−3日で新しい細胞に入れ替わる。今日食べたものは3日後の粘膜となる。
◉腸は第二の脳。腸ではドーパミンやセロトニンという脳で働く神経伝達物質を作る。不安を解消したり、幸せを感じるセロトニンに至っては9割が腸で作られる。
◉炎症を抑えるにはオメガ3系脂肪酸。青魚の油、エゴマ、しそ、亜麻仁。熱に弱く酸化するので、ドレッシングに使う。
◉鉄欠乏症の女性は花粉症やアレルギーになりやすい。レバー赤肉、魚がよい。ほうれん草やひじきなどの植物性は吸収率が悪い。
◉亜鉛は細胞分裂を活性化させ、新陳代謝を促す役割。免疫システムで重要な役割の白血球は亜鉛が不足すると減少する。粘膜を強くするビタミンAの働きを助ける役割もあるのでアレルギーの緩和に重要。牡蠣が良い。

ストレス
◉オーソモレキュラーの敵はストレス
肉を食べ、タンパク質を摂取しても、タンパク質が脳の神経伝達物質などに変換される際には、ビタミンB群が欠かせない。タンパク質と同じぐらい重要。しかしビタミンB群は簡単に消費される、例えば糖質の取りすぎやアルコールなどでもビタミンBが消費されます。中でも一番影響力が大きいのはストレス。
例:難解な数学のテストを数日にかけて数回行い、その後に尿中に出るビタミンB代謝産物を調べたところ、1回目のテストの時点でビタミンB消費が始まり、テストをやめて3日経過しても代謝物が増え続けた。ストレスを断ち切ることはできませんが、サプリなどでビタミンBを補充することで、ストレスに立ち向かうことができる。

タンパク質必要量
◉体重1kgあたりタンパク質必要量は1−1.5g 体重50kgの場合 1日600g 1食200g 手のひら二つ分
◉グルテンとカゼインはダメ。腸にとって良いのは乳酸菌であり、ヨーグルトではない。乳酸菌はぬか漬けやキムチからとる。バターは乳製品だが、バターには乳由来のタンパク質がほとんど含まれていないからOK.

栄養面からのアプローチで子供は変わる。
◉イギリス科学雑誌ランセットによると、「ADHDの子供と食物アレルギーの関係」
ADHD :注意欠陥多動性障害、落ち着きがない、ぼんやりする、注意力がない。
遅延性アレルギーのあるADHDの子供たちがアレルゲンである食材を排除したところ、約半数の子供たちのADHD的な行動に顕著な改善が見られた。
◉アメリカ精神科医マイケル・レッサー博士は「多くの心の病(精神疾患)にはアレルギーが関与している。」と繰り返し力説しています。
食事を変えるだけで親子の間に笑顔が戻るとすれば、やってみて損はない。

集中力のある子ほど栄養には気をつけてる。
◉発達障害の特性は、一つのことに対して驚くべき集中力を発揮する。絵を描く、パズル、将棋等 物凄い勢いで栄養素が消費される。脳の神経伝達物質を作るのはタンパク質とビタミンB群。問題は栄養を使うだけ使って補充されない場合、脳の栄養不足に陥る。うつ病などの精神疾患になる可能性がある。

不妊治療
◉男性の場合は栄養状態が改善されると1−2週間で精子の量、質、動きが良くなる。女性の場合は卵子や子宮内膜やホルモンの材料になる栄養を増やすことで卵子のグレードが上がる。
◉コレステロール摂取でホルモンを作る:肝臓から脳へ:プレグネロン
ー性ホルモン
ーコルチゾール:ストレス耐性
ーアルドステロン:血圧を保つ
卵、良質な脂肪、鉄分、レバー
◉子宮内膜を厚くするためには細胞分裂を促す必要がある。
ビタミンA:レバー、人参、うなぎ
ビタミンD:シャケ:しらす:きのこ
ビタミンE:アーモンド:アボガド:たらこ
◉男性精巣強化
亜鉛:牡蠣、レバー、赤肉
DHA:青魚、エゴマ油、亜麻仁油
コレステロール:卵
 
加工食品やスナック菓子はリン酸が含まれている。Phosphate含有量下記リンク
 
リン酸は亜鉛の吸収を妨げるので気をつける。
 

一村一品:
東京ばな奈、福岡赤福、崎陽軒焼売等、白い恋人、神戸プリン。アルゼンチンの民族舞踊は音楽性が優れている為世界中の人が楽しむ。ローカルにしてグローバル。
真にローカルなものこそインターナショナル。グローバルに考えローカルに行動する。
先ずは同一商圏内で市場の独占率を上げるドミナント戦略。

ランチェスター戦略:
弱者の戦略=量より質 1つの商品に集中 地域集中 顧客の絞り込み 差別化戦略
強者の戦略=質より量 多種多様な商品展開 全国展開 複数顧客の属性カバー ミート戦略(他社の炊事品やサービスを真似る)

項目弱者の法則強者の法則
商品1商品に集中多種多様な商品の展開
展開範囲地域限定(局所限定)全国・グローバル展開
ターゲット顧客属性の絞込み複数の顧客属性をカバー
選択したい市場ニッチ市場経済規模の大きな市場
採用したい販売戦略差別化戦略ミート戦略
営業戦略チラシ配り・テレアポ・訪問営業テレビCMや新聞・雑誌媒体への広告出稿、SNSの活用
選択したい人事戦略社員教育の充実企業買収や人材の積極採用


マーケットシェア理論のシンボル目標数値は7つに分けられ、目指すべき目標値によって、採用するランチェスター戦略が変わります。それぞれの目標値と意味は以下の通りです。

項目シェア率の
目標値
目標値の意味
上限目標値73.9%市場における一社独占を意味します。
安定目標値41.7%市場における圧倒的な競争優位性を確立し、首位独走の
条件とされているため、多くの企業が目指す目標値です。
下限目標値26.1%ランチェスターの法則における強者の最低条件として
知られています。
上位目標値19.3%ここから下はランチェスターの法則における「弱者」と
定義されるため、「弱者の法則」に則った戦略を打ち出す
ことで、シェア拡大を図ります。

上位目標値は弱者グループの中における強者として
位置付けられます。
影響目標値10.9%市場全体に影響を与える目標値であり、シェア争いに
本格的に参入する目標値とされています。そのため、
新規参入を目指す企業においては、この影響目標値を
目標値に設定することとなります。
存在目標値6.8%競合他社に存在を認められるシェア率ですが、同時に
市場への影響力が少ないため、市場からの撤退を検討する
基準として位置付けられています。
拠点目標値2.8%市場参入戦略を適用すべき目安であり、拠点目標値を
上回った場合は競争戦略に転換しなければいけません。
Biz hintより

一村一品:
 
1979年に当時の大分県知事である平松守彦により提唱され、各市町村がそれぞれ1つの特産品を育てることにより、地域の活性化を図った。
運動の原点となったのは旧・大山町(現・日田市大山町)が1961年から行っていたNPC運動(New Plum and Chestnut運動) である。旧・大山町の地勢が稲作に適しない山間部であることを逆に生かし、『梅栗植えてハワイに行こう』というキャッチフレーズの下、収益率が高く、農作業が比較的楽な農作物を生産、果物を出荷するほか、付加価値が高い梅干しなどに加工して出荷を行うという運動である。これが成功したことに平松大分県知事が着眼し、大分県全体に広げたのが一村一品運動である。[1]

「ローカルにしてグローバル」という標語のもと、全国・世界に通じる物を作る、という目標を掲げ、自主的な取り組みを尊重し、行政は技術支援やマーケティング等の側面支援に徹することにより、自主的に特産品を育てることができる人や地域を育てる「人づくり」「地域づくり」を行おうとした。また、付加価値の高い特産品を生産することによって、農林水産業の収益構造の改善を目指した。

一村一品運動は、大分県内に、シイタケ、カボス、ハウスミカン、豊後牛、関あじ、関さば、大分麦焼酎など、日本全国に通用するブランドを生み出した。現在では、特産品の品目は336にのぼり(うち、年間販売額が1億円以上の産品131品目)で、生産額は総額で1,400億円に達している。

この運動は、日本国内の他の地域や、国際協力機構の青年海外協力隊などを通じて、中華人民共和国・タイ王国・ベトナム・カンボジアのような海外にも広がりを見せている。日本国政府も途上国協力の方策として、途上国における一村一品運動を支援している。特にタイでは、タクシン・チナワットが首相のときに一村一製品運動として政策を行なった。その他、大分県に近い熊本県の小国町・南小国町などでも、独自にこれに近い運動を行って成果をあげている。

執念深さと直観が人間力を高める。
日本初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹博士は、著書「創造的人間」で創造性について「学問することそれ自身が執念です」と語った。執念は学問をする上での必要条件であり、創造性の基本は執念である。
ビジネスの世界でも「世の中に貢献したいが、お金もたくさん儲けたい。」という矛盾を抱える人はいる。その矛盾を解決すべく、執念深く考え抜いたら「社会貢献にもなり利益も出せる」ビジネスを見つけて大成功することもあるはず。どんな世界でも諦めない執念深さを持つ人が新しい価値を生み出す。
さらにデカルトの書物から「常に自分の精神を自律的に正しい方へ向けよ」何の為に、という目的を見失うなということ。仕事でも、本来は商品企画のために行う調査を、調査そのものにハマり、結局は企画が思いつかず調べものだけで終わるということがよくある、そうならないために「何の為に」という正しい方向へと精神を導くことが大事。
最初は直観を大事にせよ。まず直観、その我がつながり論理が成立する。創造性は論理ではなく直観ありき。論理的思考が重要と強調する人もいますが、AI時代には直観を磨くことがより重要となる。

明治大学教授 齋藤孝さん
 

スタンフォード睡眠研究所 西野精治教授

◉睡眠負債を治す方法
毎日14時間ベッドに入り、自分に適した睡眠時間を再確認する。
最初はほとんどの人が13時間寝る、その後10時間、3週間後8.2時間となり、その後は増減せず落ち着く。

脳科学者 茂木健一郎さん

◉幸福感に包まれる「音」を聴くと脳内の神経伝達物質のドーパミンが分泌され、よく眠れます。
波の音、小川のせせらぎ音は、揺らぎ音、規則正しい中に不規則な音が混じり、人間の心拍や呼吸、ノンレム睡眠時の脳はにも共通しているため、リラックス効果が高い。モーツアルトやボサノバ、クラシック、BBCラジオ、Radio4を小音量でかけると、心地よい睡眠導入に役立つ。
すぐに眠れなくても焦らず、体を横にしてリラックスしているだけでも体や脳の疲労は回復する。

◉よく眠れるシーツの色。プライミング効果、先行する刺激が後の行為や近く、意味づけに影響を与えること。料理の盛り付けで美味しく感じる。心が落ち着く寒色系や低彩度 青や緑や紫、感情が高ぶる赤系オレンジ等は控える。綿、麻、シルクなどの肌さわり、空調、音、光、枕も大事。

医学博士 白濱龍太郎さん

◉質の高い睡眠には深部体温が関係している。深部体温とは内臓など体の内部の体温のこと。反対は皮膚体温。深部体温の昼夜の差を大きくすることで深い眠りにつける。夕方のピーク時に体温が上がり、夜体温が下がるのが健康的。深部体温はメラトニンというホルモンに影響、メラトニンは睡眠時に多く分泌され、朝目覚めて太陽の光を浴びると、脳の指令で分泌が止まる。寝る前のブルーライトは自然の光との関係を乱し眠りの質を落とす原因。
◉寝る2−3時間前にウォーキングやストレッチなどの有酸素運動をし、体温を上げる。布団に入る際は体温が下がり自然と眠れる。
質の高い眠りには、汗を吸い取り体温を下げるパジャマが必要。

秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座教授 三島和夫さん

◉朝型昼型とでは体内時計に6時間差があり、遺伝的影響が大きい。健康やパフォーマンスに大切なのは早寝早起きではなく、自分にあった睡眠。若い方が長い睡眠時間が必要であり、朝起きるのが辛いが、年をとるにつれて睡眠時間が短くなり、早起きになる。
◉適正睡眠時間は人それぞれであり、調べるには7−10日特殊な実験室に入る必要がある。
◉睡眠3時間以内に脂質を取る人はBMIが高い。夕食は寝る3時間前に取る方が良い。

コーネル大学の社会心理学者 ジェームスマース教授

◉昼の30分未満の昼寝は、時間当たりの睡眠の効果が最大化するパワーナップと呼ばれる。
睡眠時間が足りない場合は、昼寝をすると良い。

東京疲労睡眠クリニック院長 梶本修身さん

◉昼寝ができなくとも、1分でも良いので目をつぶってボーッとする時間を作ることが大事。脳の自律神経を休めることができる。 
◉寝る姿勢は仰向けではなく横向き。右を下にして横向きに寝ると、胃での消化吸収がよくなる。
人間の頭は5kgあるので、頭を支える高さが必要。高反発枕と抱き枕を太ももに挟み、シムス体位で寝る。
  

AGE牧田クリニック
◉眠くならないランチの取り方。
糖分が眠気を誘う。血糖値が200mgを超える、あるいは70mlを切ると 人間の集中力が低下、眠気やイライラを引き起こす。
ご飯、ケーキ、パン、いも、麺類は控える。寿司、丼物、パスタはダメ、その代わり野菜や海藻類のミネラル、ビタミンと肉、魚、豆腐などのタンパク質を摂取すると良い。
◉食べ合わせ。炭水化物を取るときは、オリーブオイルやバター、野菜肉などのタンパク質や脂肪とともに取ることで、体内の糖質を抑えられる。食パンにはバター、蕎麦なら天ぷら、牛丼より和定食やスープサラダ付きのステーキ定食。 腹7分目。ランチ後はすぐ20分歩く。
ダメなランチ:おにぎり2個とジュース、牛丼やバーガー、ざる蕎麦のみ。
◉医学的に正しい食事術。コーヒーはカフェインがあるのですが、糖尿病や動脈硬化を抑える効果がある。1日数杯程度を夕方以前に飲むと良い。夕方以降はハーブティ・ローズマリー、カモミール、ラベンダー、ペパーミント等のデカフェ。
◉上質な眠りのためには食事は睡眠の4時間前まで。 

温泉療法専門医、博士 早坂信哉さん

◉人間は体温が下がると眠くなる。入浴すると体温が上がります、そのタイミングで就寝すれば寝つきが良くなる。入浴後90分で体温がさがるので、お風呂を出てから1時間半後を目安にベッドに入る。
◉就寝前の入浴の効果。副交感神経を優位にしリラックス、さらに体を修復してくれる。
◉お風呂のお湯の温度は40度。40歳以上は皮膚の老化により熱さに対する感覚が鈍るので42度にあげたくなるが、逆に交感神経を刺激して、血圧を上げ動脈硬化を促し、血液粘度が上がることにより血栓や脳卒中、心筋梗塞が起こるリスクを上げてします。適度な温度を保つことが大事。
浸かる時間は10−15分、それ以上は熱中症、脱水症の原因。朝風呂は体への負担が高く、特に良くないのは入浴による血圧変動。朝は血圧が上がりやすいので、脳卒中や心筋梗塞の発生が高い時間。また朝入浴すると1時間後に体温が下がり眠くなり、パフォーマンスが落ちる。朝目を覚ましたいときは、42度の熱めのシャワーで交感神経を刺激すると良い。朝の1分シャワーで夜まで加齢臭を防げる。 
◉早く目覚めてしまう場合の解決法。高齢になると1日の長さを決めるホルモンのメラトニンが減少、睡眠時間はどんどん早い方にずれて、早寝早起きになる。ところが多くの人が睡眠時間は長い方が良いと思い込み、もっと寝なければと就寝時刻を一層早くしてしまう。その結果さらに起床時刻が早くなる。対策は「遅寝遅起き」をすること。30分単位で少しづつ遅寝、遅起きにシフト。
◉眠った感じがしない場合の解決法。長時間寝ているはずなのに、熟眠感がない。睡眠圧という仕組みがある、連続して起きている時間が長いほど、その後の睡眠が深くなる。睡眠物質が関係する。私たちが起きている間、脳内には睡眠物質が溜まっていきます。睡眠が始まると睡眠物質は分解されていき、目がさめる。ところが、夕方にうたた寝をすると、せっかく日中に溜まった睡眠ぶっつ質が分解されてしまう。まずは、ひとまとまりの睡眠を作るようにする。睡眠の質を決める「深部体温」も重要。深部体温は、内臓など体の内部の温度で、1日のうちで上がったり下がったりを繰り返すが、起きてから11時間後に最高になることがわかっている。この時の最高体温が高いほど、その後ズドンと下がり、ぐっすり眠ることができる。まず休日の夕方に体を動かし、深部体温を上げる。また深部体温のピークは今日運動をして高くなると、翌日も運動をしなくても少し高くなる傾向がある。土日の2日と平日の1−2日だけでも、夕方に少し歩いて体を動かすと、深部体温のピークが上がっていく。 
◉途中で起きる。夜中に目覚めた後眠れなくなる原因は、時計を見てしまうことにある。夜中に目が覚めた時、時計を見て時刻を確認すると、同じ時刻に目が覚めhやすくなる。目が覚めても時計を見ないようにすることが大事。このメカニズムはまだ解明されていないが、コルチゾールが関係していることがわかっている。コルチゾールは、起床時刻の3時間前から分泌され始め、1時間前に急激に増え、起きる準備が整うように起床準備をするホルモン。夜中に目覚めて時計を確認すると、翌日からは、その時刻に向けて分泌され、起きる準備を始めるようになる。寝室に時計を置くのは良いが、夜中に起きた時にも時計は見ないようにする。併せて、「自己覚醒方」も行います。寝る前に「明日は何時に起きる」と起床時刻を3回となえるというもの。これを行うだけで、コルチゾールが起床時刻に向けて分泌されて起きる準備ができる、もし夜中に目が覚めても、◉時に起きると寝る前に決めた起床時刻を3回唱え流。すると、脳のプログラムは書き換えられるので、続ければ夜中に目がさめることは減る。

ヴォーグ誌エディターチーフ、アナ ウィンターのリーダーシップ論


Anna Wintour

CONDE NAST Artistic director

VOGUE Editor in chief

Global content t advisor for CONDE NAST


”Developing a creative vision recognizing talent 

Investing in your team

Making tough decisions

Evolving a brand

Finding your voice”


You need someone who can push you that isn’t pulling you back.

貴方の足を引っ張るのではなく
背中を押してくれる人が必要

I do not believe in micromanaging. It is important to empower those that

Are working with you because you are nothing without good team.

Its really, really important to surround yourself with a team whose opinions that you trust, 

who are not in any way frightened of disagreen with you and you have to listen.


貴方が信頼できる意見を持っている人を周囲に置くことが大事


There is always the time when you know you have to break the rules.

You are leading, you are not following and that’s a very important lesson to always keep in your mind.


常に心に留めておく事は、貴方がフォローするのではなくリードする事。


You are driven by your heart, you are driving your talent,

You are driven by your instinct, and if you start to question and look at what people are doing to the left of you or to the right of you, you are going to lose that clarity of thought.


もし貴方に自信がなくなり他の人の行動が気になり始めたら、思考のクラリティを失ってしまう、

だから貴方は常に自分の能力を信じ、勘を働かせ自分の心の声を聞かなければならない

Listen to the information. In the end, it has to come from who you are.

Own your decisions, and own who you are, but without apology


マスタークラスより


前のブログから我慢の正体は怠慢と勇気、使命は欲なしで社会に役立つ事ということが、なんとなーくわかったところで、いざ行動へ!!
行動に移せない私と貴方へ・・・やった後悔は忘却され、やらない後悔は増大します。ならばやるしかないですね・・・



◯後悔について

「やらないで後悔するよりも、やって後悔するほうがいい」
といった考え方がありますが、これは全くもってその通りだと思われます。
なぜなら、「やったことで生じる後悔」とは、出来事の記憶に由来するため、必ず時間と共に忘却されますが、「やらなかったとで生じる後悔」とは、自身の可能性に由来するため、現状が苦しければ苦しいほど、時間と共にその気持ちが増大する傾向にあるからです。



使命とは誰かのために命を使うこと。儲かりそう、認めてもらえる、自分の欲や他人の視点ではなく社会での役割。これなら損得なしで頑張れるものと、自信が属する社会での役割が一致した時に使命が見つかる。ついつい欲に目がくらむから、いつまでたっても使命が見つからないのです・・・


◯あなたの「使命」とは

「使命の見つけ方を教えてください」こうした質問を受ける機会がありました。使命とは何か ?
おそらくそれは、「これは、自分にしかできない」「これなら損得無しで頑張れる」こうしたものと、「自身が属する社会での役割」が一致したときに得られる感情(使命感)だと思うのです。
私達はいつだって「自分のやりたいこと」を探そうとしたならば、「これをやれば儲かりそう」「これをすれば認めて貰える」と、自身の欲や他所の視点に囚われてしまう傾向があります。
もちろん、それはそれで悪いこととは思いません。
しかし、もし一度きりの人生を本当に充実させたいのであれば、
自分の「命」を誰かのために「使う」、すなわち「使命」を持つことが大切であり、そのためには、日々、自分自身を高める努力を怠らず、そして「高めた自分が誰の役に立てるのか」について、社会を観察し続けることが求められるのです。 


我慢は現状への自惚れ 思考の怠慢、勇気がないだけ・・
痛い所を突かれた感じ、、 


◯我慢の心理学

「我慢が足らない」とよく人から叱られるのですが、どうしたらよいでしょうか ?
先日、こんな相談を受ける機会がありました。
我慢とは何か。
そして、なぜ人は人に我慢を強いるのか。
おそらくそれは、我慢とは精神的にも肉体的にも辛いながらも、それに見合うほどの価値や結果が伴わないからだと思うのです。
(結果、「我慢とは尊いものである」といった、どこか宗教的じみたカラーを帯びていき、布教のごとく伝播されていくのです。)
しかし、よくよく考えてみたならば、
我慢とは「我(現状の自分)への慢(うぬぼれ)」であり、
これは「思考の怠慢」とも呼べるのです。
もちろん我慢によって物事が好転することもあるでしょう。
しかし、それは単なる確率論であり、いわば「祈り」に近い作業なのです。
もしも、あなたの現状が苦しいのなら、
そして、そんな現状を変えたいのであるならば、
大切なことは現状に対する我慢ではなく、
新しい何かに挑戦する勇気なのです。



空腹、空っぽのポケット、折れた心、最悪な境遇が最高の学びを人生に与えてくれる。

Hungry stomach, An Empty Pocket
And A Broken Heart Can teach The Best lesson of life. 

人生の全ての痛みは学びであり、全ての学びが人を変える。教訓。

Every Pain give a lesson and every lesson change a person.


あなたに必要なのは、良い所を見つけてくれる人ではなくて、あなたの悪い所を見つけても尚、あなたを欲してくれる人が必要なのです。

Honestly, I don't need someone who see the good in me, I need someone who see the bad in me and still wants me. 

落ち込んでるとき。
怒っているとき。
悲しいとき。
失恋したとき。
誰かを亡くした時。
嬉しい時。
やる気のない時。
やる気がありすぎる時。
調子に乗ってる時。

その時の感情にマッチした音楽をかけると、その感情に向き合うチャンスを与えてくれる。
つまり、悲しいときは、悲しい音楽で慰め 悲しみの底を打ったところで平常心へ向かう、怒っているときは、怒っている音楽で怒りを爆発させストレス発散し、平常心へ戻す、嬉しいときは、嬉しい音楽でさらに嬉しくなり こんなに嬉しくていいのか?と平常心を取り戻す。といったところでしょうか。
行き過ぎた感情を平常に戻す制御機能を働かせるには、その時の感情にマッチした音楽を聞くと良い〜
クイーンズ大学のStudy

お試し済み。私には効果がありました、是非お試しください。

アメリカの借金についてどう思うか?と聞かれたバフェットの回答。
 
22トリリオンドルのアメリカの借金。低金利政策に続き、国債発行を続けているにも関わらず、インフレーション率はコントロールされている、経済学的にはありえない事だが、それが続いている。
経済の先行きを予測してお金持ちになった人はいない、フォーブスの長者番付を見てもわかるだろう。

となかなかその通り。経済学では説明のできないことが起きている上、インフレも抑えられている中、経済予測をしてなんの得になろうか・・と言ったところw

経済大国、日本、中国、アメリカで起きている同じ現象。借金が増えても金利が上がらない、インフレも起きない。それは稼ぐ力が強いことを意味している上、国債を超低金利でも納得して購入する自国民がいる。アルゼンチンやベネズエラでハイパーインフレが起きている理由は、稼ぐ力が弱いので国債の金利が高くなってしまうからだ。問題はそのような国が増え続けたとしたら、世界経済に影響が出てくる。ユーロ圏もギリシャ、イタリアが国債を発行し続けている、問題をユーロ圏内の国でカバーし合う体制が構築されれば世界経済に影響はしないが、もしされずイギリスのようにイタリアまでユーロから出る場合は火薬庫となり得るのかもしれない。

バフェットの言うように、経済を先読みして何の得になろうか?それよりも 株価の安いお買い得な会社を探して投資した方が良い。私は経済の先行きを見通して会社を買ったことはない!

さすがバフェットさんとマンガーさん、賢者の知恵拝借。。。

 

ウォーレンバフェットの右腕チャーリーマンガー 国債発行、低金利政策についての見解

低金利政策を続け、国債を発行し続ける経済政策がいつまでも続くと思っている人がいるがいるが
それはおとぎ話。お金を印刷して経済が回り続けるとしたら、人々は税金を払う必要がなくなり永遠に幸福に暮らせてしまう。しかしどの程度お金を印刷したら経済が壊れるかを知る人はおらず、各国政府は紙切れを印刷し続けている。そしてある日突然、価値のある紙切れだと信じていたものが、ただの紙切れに変わる、まるでシンデレラの南瓜の馬車のように・・・
南瓜の馬車はお城にあり12時に消えてしまうのだが、世界経済の時計は1つではないので予測不可能というわけだ。でもその日は近づいている・・・・
経済学の基本からいえば、7年おきに経済のサイクルが起き、好景気、不景気を繰り返しながら膿を出し健康を保つのだが、今回は10年経過しても膿が出ていないという状態。ある意味地震のようなもので、70%の確率で関東大震災が30年以内に起きるのと同じように、高い確率で地殻変動により地球のひずみは是正される。それが地球が生きている証拠であり、経済が生きている証拠なのである。
アダムスミス国富論についてはこちら。 

Lower rate or keep rate low Policy

Some people now say that Fedral dept is not a problem at all, but if you believe that you belive in the Tooth Fairy, because then you don't have to have any more tax ever, we will just rent money and live happily ever after it abviosly won"t work, it come to the point that printing money is conterproductive, but we are not in that point but Nobody knew where the point  was going to come, Nobody really know how much of this is too much
one of the most successful place on earth is singapore, no dead, never print money


成功するイメージ、痩せるイメージ、なりたい人をイメージして・・・等々
自己啓発本はポルノ、ポジティブ思考、引き寄せの法則は逆効果と言う学術研究

上記はほぼポルノ、見て喜ぶ、考えて喜び、実質いつまでたってもそこへは行けない。

人生適当が一番、タモリさんに見習いましょう! 


ウォータールー大学の研究

https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1111/j.1467-9280.2009.02370.x?journalCode=pssa

ビジネスでも個人のリレーションシップでも、会社のことや自分のことを大事にしない人は他人からも大事にされません。

会社同士の取引:業績が伸び需要も伸びています。それなりに会社を運営するコストも伸びます。商品やサービスの質も上げなければなりません。そのためには値上げをしなければなりません。
値上げをする際、申し訳なさそうにしていると、お客さんの中にはこれだけ払ったんだから、値上げ分を何かで取り戻そうとねごってくる人がいます。即NOと言うか、またはしっかり説明できれば良いのですができずに多分YESと70%OKと言ってから、どうしたらいいか相談しに来る人がいます。  70%Yesと言ってからのNoにはコストがかかります。相手に説明納得してもらい、さらに70%Yesと言ってしまった罪をコストをかけて修正し、また良い状態に持っていかなければならないからです。

最初からNOと言うと、大抵の相手は素直に応じてくれます。あなたの会社をもっと尊重してくれるようになるでしょう。それでもプッシュするようなら、取引相手として要らない会社です。


社員と社長: 社長は夏休みだというのに、社員はせっせと働いている・・さらに社員は頭痛を訴え、座薬を入れてまで必死で仕事をこなす。座薬のことを社長の奥さんに言えば、奥さんは「私も座薬入れてるわー」と返ってくる、休日出勤、お盆出勤、明日が提出期限の書類があるというのに社長はゴルフ、奥さんは会社に送られてきたお中元のハムやらを取りに来ている。そして肉類は全てご自宅へー、残ったそうめんとビールを社員にどうぞーと言ったそう。そこの新入社員はすぐやめる。長らく我慢をしてきた座薬社員、社員が辞めるたび、無理難題を押し付けられてきた。体はボロボロ、心もボロボロ、Noと言わない社員、あなたが自分を大事にしないから、社長も奥さんも大事にしてくれないのです。
社長が悪い、奥さんが悪いと文句言っていても何も変わりませんよ。

自分を大事にして、無理なことは無理と言っても良いのです。Noと言える社員になれば、社長もあなたの事をもっと尊重してくれるようになるでしょう。ならない社長なら、そんな会社は働くに値しない会社ですよ。

今日私のところに来たクライアントとお友達のお悩み相談が、あなたの生活に役に立つことを祈ります。

↑このページのトップヘ