He ain’t nuthin’ but a hound dog when it comes to coffee. Coffeegeek.com creator Mark Prince has a nose for good coffee bars and he’s willing to share his coffee intell.
He’s especially a big fan of cafes that roast their own small-batches and even more where origins of the coffee are made clear.
I like good coffee but I like a nesty feel to a coffee bar, good music, animated conversation all around and all the better if there’s delectable croissants or brownies. Not a lot of good coffee purveyors are strong on the food component. Top of my list for both good coffee AND munchies is Crema, in West Vancouver, Matchstick Cafe (the peasanty bread for sandwiches is insanely good) as well as Elysian on West Broadway.
I would have included Milano Coffee Lounges to Prince’s list of best coffee bars (roasts their own coffee at the back of one of their stores, too) but hey, it’s his list. I’m also fond of the 49th Parallel on West Fourth and JJ Bean in the Marine Building on Burrard St.
“Vancouver is undeniably the best coffee city in Canada for quality, variety and range of cafe styles, though Victoria, on a per capita basis, gives us a run for our money,” says Prince. “But we still lag quite a bit behind Seattle and especially Portland, which I consider to be the greatest coffee city in the world at the moment. Where we lag is in something like what Matchstick Coffee is trying to introduce – the small scale roaster-retailer, a cafe that roasts on their premises. We do have several roaster retailers but most I would not consider to be in the upper echelon of specialty coffee. A big aspect of specialty coffee is transparency about the source of the coffee used and roasted and very few will tell you the origin beyond the country or huge region. Saying you have a Ethiopia Yirgacheffe is like saying Canada, British Columbia wine.”
These are his top 10 coffee bars, for coffee and ambiance, starting from his most favourite. (The comments are Prince’s.)

Pour over coffee set up with Kona filters, weigh scales at Matchstick Cafe.

Pour over coffee set up with Kona filters, weigh scales at Matchstick Cafe.

1. Matchstick Coffee, 639 East 15th Ave.
It might not serve the best coffee in Vancouver (they’re nearly the best though!) but it’s whats sorely lacking in Vancouver, as compared to Portland or Seattle: a roaster/retailer that roasts their own coffee in house. Now there are a few roaster/retailers in Vancouver, but none approach the calibre of Matchstick. They pay attention to everything they do, from how espresso is made, to how their manual pour-over coffee is brewed, to how they source their beans. They may not be at 49th Parallel’s level in some aspects, but the fact that this is a top-tier micro-roaster and a top tier cafe experience makes them special.

2. Revolver Coffee, 325 Cambie St.
Revolver is also a practitioner of the “slow coffee” movement. Everything served there is brewed by the cup, same as Matchstick. They put a great focus on espresso, but also on manual brewing methods for coffee including siphon, Aeropress, Chemex with Kone filters, and press pot. They are also fairly unique in Vancouver in that they try to source a revolving list of the best coffees from the best small-scale roasters around North America.

3. 49th Parallel Cafe, 2902 Main St.
Absolutely fantastic grand hall of a cafe, with the bar at centre stage. Espresso is definitely a showcase brewing method for 49th Parallel, but they also do manual pour-over coffee as well as one “coffee of the day” as a bulk brewed coffee. Luckys’ Donuts are a fantastic addition to this cafe. I highly recommend getting a Kalitta-brewed coffee with the beignets, one of the best dessert experiences in Vancouver.

4. Elysian Coffee, 590 West Broadway and 1778 West Fifth Ave.
Elysian just started roasting their own coffee, albeit at another company’s roast works. They also are very committed to slow coffee service, serving up manual pour-over, Clover-brewed coffee (one of only a few independent cafes in Vancouver doing this), and of course, has a big focus on espresso. They have two locations. The Broadway location is nice and has a hidden quiet outdoor alcove, and the Fifth Avenue location is nice and quiet, off the beaten path.

5. Bump ‘n Grind Coffee, 916 Commercial Dr.
Another great independent cafe that also features a rotating variety of great coffees from some of the best roasters in Canada. They are also another rare independent cafe with a Clover coffee brewer. Another cafe with big focus on espresso.

6. Kafka’s Coffee and Tea, 2525 Main St.
This cafe’s only a few years old, but has become a big neighbourhood favourite. Another “slow coffee” practitioner, the feature here is espresso or manual pourover coffees. They use coffee from a respected Seattle coffee micro roaster, Herkimer.

7. Caffe Cittadela, 2310 Ash St.
Absolutely beautiful and intriguing cafe in a heritage house in Vancouver, serving 49th Parallel coffee. These folks do a fantastic job with their espresso, and also do bulk coffee brewing. They often do table service too, which is especially nice if you grab a seat on their outdoor patio. I love this cafe for all the little nooks and crannies you can find to take a seat.

8. Prado Cafe, 1938 Commercial Dr.
This cafe, which had a good reputation with The Drive locals, got even better when it was bought by the four-time Canadian Barista Champion, Sammy Piccolo, who happens to be the brother of the owner of 49th Parallel Roasters, Vince Piccolo. Sammy has really upped the quality game in this cafe, and has legions of local fans for the coffee he’s serving.

JJ Bean on Main St.

JJ Bean on Main St.

9. JJ Bean Coffee, 3010 Main St.
They are a well respected Vancouver chain, but my favourite location is the Main Street one because of the big fireplace and the really high calibre staff. JJ has been evolving their roast style and coffee buying over the years, with each year getting better and better.

10. Innocent Coffee, 1340 Fourth Ave.
A bit unexpected, a bit out of the way, though not really, this is a fiercely independent cafe that also hosts art exhibits and other social events. Focus in this cafe is primarily espresso, though manual brew coffee methods are available.

「年収1000万以上」の求人、「年収1000万以上の人が常に意識していること」と言った本のキャッチコピー、不況になればなるほどついつい「年収1000万」というところだけに反応してしまいますが、最新のアメリカ国民を対象とした調査では年収550万円稼いでも、250万円しか稼いでいない人たちより満足度は9%しか増加せず、さらにプリンストン大学の調査では年収750万円に達すると、それ以上いくら稼ごうが、日常の幸福度の差に大きな変化は見られなかったそうです。

お金持ちになりたいのか。それとも幸せになりたいのか。

グーグルはかつて、業績トップの従業員たちに7桁のボーナスを支給していましたが、それをやめることにしたそうです。

グーグルの社内で行われた研究結果によれば、巨額の現金または株式による報酬は、争いの種になる場合が多く、「お金は人生の経験ほど重要ではない」という結論に至りました。

グーグルではお金よりも、もっと大切なものを社員に与えることにした。

グーグルは方針を変え、成果を出した従業員には報酬の代わりにグーグルの経営幹部たちと共に行く旅行をプレゼントすることにしました。採用担当のラズロ・ボック氏は次のように答えています。

「その旅行での経験、全社にわたる仲間と一緒に過ごす経験は、それに相当する金額を、いやその10倍の金額を与えた場合よりも、もっと強烈で貴重でした。そして、はるかに大きい影響力をより広く組織全体に与えたのです。」
物質的なものではなく、経験を提供。

またお金は「時間」ともよく比較されますが、チューリッヒ大学のブルーノ・フレイ氏の調査によれば、通勤時間がゼロから22分になった場合の幸福度の低下を相殺するためには、通常、収入が3分の1増える必要があり、昇給を迫ってボスを悩ますよりも、職場の近くに引っ越せば、同じくらい幸福度を増やすことができると断言しています。

職場の近くに引っ越せば給料が3割上がるぐらいの気持ちで。

平均的な人達は、1年のうちの2ヶ月をテレビを見る時間に費やしており、ヨーロッパ32カ国の1万人以上を対象に行われた調査では、一日当たり30分以上テレビを見る人は、30分未満しかテレビを見ない人よりも、人生に対する満足度が低いことが明らかになっています。

年収750万円を越えると、「お金を稼ぐこと」からは幸福度は上げることができませんが、「お金をどう使うか」によって幸福度は変化していきます。

マイケル・ノートン氏の調査によれば、スターバックスのコーヒーを自分に買った場合と、他人に買ってあげた場合とで、その日の幸福度を比べたところ、他人に買ってあげた場合の方が幸福度が高ったそうです。

次のステージへ:「どれだけお金を稼ぐかではなく、どのようにお金を使うか」

世界一の大富豪、ウォーレン・バフェットが財産の99%を寄付することについて、「この決定以上の幸せを感じたことはない」と述べているように、バフェットの投資の仕方よりも、バフェットのお金の使い方から学ぶことの方が多いのかもしれません。

個人資産から数兆円を寄付:「この決定以上の幸せを感じたことはない」

お金が無くても、楽しく生きていければそれで良いという根拠の無い楽観視はあまり説得力がありませんが、人生は「お金=幸せ」というほど単純なものでもなさそうです。

もし人生の目的がお金を手に入れることではなく、幸せになることだとしたら上司を説得して給料を上げてもらうよりも、通勤時間を減らしたり、テレビを見る時間を極力少なくすることの方が幸せになる近道なのかもしれません。

ちょっと視点を変えてみることで、大きな変化に気づくのではないでしょうか。

http://lrandcom.com/google_bonus
 

自分の経験からも、特に根拠があるわけではありませんが、メール返信の速さは「信頼関係を築く」という意味で、もの凄く大事な気がします。

カリフォルニア大学アーバイン校のJudy Olson教授によれば、Facebookメッセージなども含め、声や体の動きがわからない中、テキストだけで行われるコミュニケーションではどれだけ速く返信するかが、その人への「信頼度」を表すそうです。



2011年までグーグルCEOを務めたエリック・シュミット氏はメールの返信について次のように述べています。

「すぐ返信する。世の中にはメールの返信が速く信頼できる人とそうでない人がいる。前者になるように努力しよう。私たちが知っている中でもとびきり優秀で、しかもとびきり忙しい人は、たいていメール返信が速い。」

「普通の人が返信しないのはもっと悪い意味が込められている。”たいていは忙しすぎて、いつ返信できるか、そもそも返信できるかわからない。返事がほしければ、そのまま待っていてくれ。ついでにあんたのことは嫌いだ” という意味だ。」

忙しければ忙しい人ほどメールの返信が速い。

さらにシュミット氏によれば、誰にでも速くメール返信することでコミュニケーションの好循環が生まれ、フラットで強い企業文化が作られるそうです。

「返信は短くていい。私がよく使うのは ”了解” だ。迅速な返信能力に自信があるのなら、返信しない場合はどういう意味か、周囲にはっきりと伝えておくこともできる。私たちの場合、それは通常”了解したから、進めてくれ”の意味だ。」

12210693875_499110fe1b_z↑コミュニケーションの好循環が本当の企業文化を作る。(Pic by Flickr)

Study Hackの記事によれば、素早い返信で「常につながっている状態」が作られることで、企業の限界生産性(marginal productivity)が上がるそうです。

そしてメール返信だけではなく、SNS上で顧客との関係を築く際も、返信の速さは重要視され、サウスウエスト航空の返信の速さが顧客との信頼につながっていると指摘している記事もあります。

スクリーンショット 2014-10-14 22.56.26↑顧客の信頼度は意外に簡単なことから生まれる(サウスウエスト航空のツイッターのキャプチャー)

ただしすべてのコミュニケーションが平等にカウントされるわけではありません。動画のコミュニケーションは音声よりも信頼度を高め、音声はテキストよりも信頼度が高いのも事実です。

例えばカリフォルニア州の州知事を務めたシュワルツェネッガー氏は、Twitterのフォロワーが良いアイデアを出してくれたお礼を動画で行い、フォロワーとの信頼度を高めました。



ビジネスに限らず、日常の生活においてもコミュニケーションが上手くいくか、いかないかが成功の命運を分けると言っても過言ではありません。

昔、まだ質で勝負できないのであれば、「圧倒的なスピード」で勝負するという話を聞いたことがありますが、声や体の動きが見えない中でコミュニケーションを取ることが多い現在では、メールを圧倒的に速く返信するだけでも大きな付加価値になります。

そう考えれば、エリック・シュミットが指摘する通り、忙しくて仕事ができる人ほど、メールの返信が速いというのは十分納得ができることなのかもしれませんね。

http://lrandcom.com/response_asap

↑このページのトップヘ