快活さを失ったとき、他人に頼らず自発的に
 快活さを取り戻す秘訣は、いかにも楽しそうなようすで
動き回ったり、しゃべったりしながら、
 すでに快活さを取り戻したように振舞うことである
 
 <ウイリアム・ジェームズ 心理学者 哲学者>

Here’s to the crazy ones.

The misfits. The rebels. The troublemakers.

The round pegs in the square holes. The ones who see things differently.
They’re not fond of rules, and they have no respect for the status quo.

You can quote them, disagree with them, glorify or vilify them. About the only thing you can’t do is ignore them because they change things.

They push the human race forward. And while some may see them as the crazy ones, we see genius.

Because the people who are crazy enough to think they can change the world, are the ones who do.

https://www.youtube.com/watch?v=_DQBwJKPCBw



毎日を人生最後の日だと思って生きよう。そうすれば…きっと自分の望みが叶う日が来ると。今日が人生最後の日でも 私は本当にそれをするのか。その答えが NOの日が何日も続くと何かを変えなくてはいけないと気付きました。素直に自分の心に従えばいいんです。最も重要なのは 自分の直感に従う勇気を持つことです。直感は あなたが本当になりたい自分を最初から知っているんです。

https://www.youtube.com/watch?v=p88c92rBwDQ


原点回帰、自分らしく生きる事が大事。

今日一日だけ・・・

http://www.ieji.org/archive/just-for-today.html


JUST FOR TODAY

今日一日だけ

JUST FOR TODAY...I will try to live this day only, and not tackle my whole life problem at once. I can do something for twelve hours that would appall me if I felt that I had to keep it up for a lifetime.
今日一日だけ、私はこの一日だけを生きようとします。私の人生のすべての問題をいっぺんに片付けようとはしません。一生続けなければいけないと思うと恐ろしくなることでも、12時間だけならやっていけます。

JUST FOR TODAY...I will be agreeable. I will look as well as I can, dress becomingly, speak softly, act courteously, criticize not one bit, NOT FIND FAULT WITH ANYTHING, and NOT TRY TO IMPROVE OR REGULATE ANYBODY EXCEPT MYSELF.
今日一日だけ、私は気持ちよく応じていきます。できるだけ元気よくして、ふさわしい身なりをし、穏やかに話し、礼儀正しくして、人の非難は何もしません。何に対しても、誰に対しても欠点を探したりせず、私以外の誰かを改めさしたり、コントロールしようとはしません

JUST FOR TODAY...I will adjust myself to what is and not try to adjust everything to my own desires. I will take my luck as it comes and fit myself to it.
今日一日だけ、私はなんでも自分の思うままにしようとはしないで、あるがままの物事に自分のほうを従わせていきます。めぐってくる運命をそのままに受け止めて、自分をそれに合わせいきます。

JUST FOR TODAY...I will be happy. This assumes to be true what Abraham Lincoln said that, "Most people are as happy as they make up their minds to be".
今日一日だけ、私は幸せでいます。エイブラハム・リンカーンの言った「大半の人々は自分で選んだ分だけ幸せなのだ」という言葉は真実でしょうから。

JUST FOR TODAY...I will try to strengthen my mind. I will study. I will learn something useful, I will not be a mental loafer. I will read something that requires effort, thought, and concentration.
今日一日だけ、私は心を鍛えようとします。勉強をします。何か役に立つことを学んで、精神的な怠け者にはなりません。努力し、考え、集中することが必要な本を読んでみます。

JUST FOR TODAY...I will exercise my soul in three ways; I will do somebody a good turn and not get found out; if anybody finds out, it will not count. I will do at least two things I don't want to do--just for exercise. I will not show anyone that my feelings are hurt; they may be, but today I will not show it.
今日一日だけ、私は三つの方法で自分の魂を訓練します。まず、誰かに良いことをひとつして、そして相手に気づかせません。もし誰かが気づいたなら、数には入れません。次に、ただ自分を鍛えるために、やりたくないことを少なくとも二つはやります。そして、自分の感情が傷ついていることを他の人に見せません。時には傷つくこともあるでしょうが、ともかく今日は人には見せないのです。

JUST FOR TODAY...I will have a program. I may not follow it exactly, but I will have it. I will save myself from two pests -HURRY and INDECISION.
今日一日だけ、私はプログラムに取り組みます。完全にはついていけないかもしれませんが、ともかくやってみます。そしてせっかち優柔不断の二つの害から自分を守ります。

JUST FOR TODAY...I will have a quiet half-hour all by myself and relax... During this half-hour I will try to get a better perspective of my life...
今日一日だけ、私は自分だけの、リラックスした静かな30分を持ちます。この30分間、自分の人生に対して、もっと釣り合いの取れた見方をしてみます。

JUST FOR TODAY...I will be unafraid. Especially I will not be afraid to enjoy what is beautiful and to believe that as I give to the WORLD, SO THE WORLD WILL GIVE TO ME.
今日一日だけ、私は恐れません。特に美しいことを楽しむことを、そして私が世界に与えれば、世界も私に与えてくれると、信じることを恐れません。

Original was written by Sybyl F. Partridge in 1916, 
and printed in "How To Stop Worrying, And Start Living" by Dale Carnegie, 1951.

ホーキング博士は「長期的に見た人類の将来は、宇宙空間にあります。これは私たちが将来も生き延びるために重要な生命保険であると私は考えています。地球以外の惑星に移住することで、人類が消滅してしまうことを防ぐ可能性があるからです」と語った。

脳はコンピューターのようなもの。部品が壊れれば動作しなくなる。 壊れたコンピューターには天国も来世もない。 天国は、暗闇を恐れる人間のための架空の世界だよ

宇宙創造の理論において、もはや神の居場所はない
神の概念に触れずに宇宙のはじまりを論ずるのは難しい。

私達はどこにでもある恒星の、 マイナーな惑星に住む、 血統の良い猿にすぎない。 しかし私達は宇宙というものを理解できる。 そのために、ちょっとは特別な存在なのだ。


基本的に宗教と科学の違いは、宗教は権力を基本としており、科学は観察と理由を基本としている


一つ目は、足元を見るのではなく星を見上げること。
二つ目は、絶対に仕事をあきらめないこと。
仕事は目的と意義を与えてくれる。それが無くなると人生は空っぽだ。
三つ目は、もし幸運にも愛を見つけることができたら、
それはまれなことであることを忘れず、捨ててはいけない。

父親としてどんなアドバイスを子どもたちに伝えていますか、という質問に対しての回答
わたしはこの49年間、死と隣り合わせに生きてきた。
死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。
やりたいことがまだたくさんあるからね

人生は、できることに集中することであり、 できないことを悔やむことではない。 期待値が「ゼロ」まで下がれば、 自分に今あるものすべてに間違いなく感謝の念が湧く。

  
人は、人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。 そしてただ、自分の置かれた状況のなかで最善をつくすべきだ。

 私が人生で学んだことは、自分が今持っている力を全部使えということです。

 今の仕事を好きになれないのでは、 違う仕事に就いても好きになれない。 今の仕事に一生懸命になれないのでは、 違う仕事でも一生懸命になれない。 今の仕事を好きになって一生懸命やったとき、 次なる道が見えてくるものだ。 そもそも天職はなるものじゃない、 気がついたらなっているものだ

私は幸運だ。なぜなら脳は筋肉で出来ていないからだ。 http://matome.naver.jp/odai/2130578288716523201

可もなく不可もなくという状態を捨てられる力、それなりに楽で快適な状態を捨てられる力。 これが人生を変える真の力。その原動力となる、継続的なやる気は自ら自分を追い込むことによってのみ生じる。その力の源泉は「現状を捨てること」 参照 http://blog.tinect.jp/?p=18898

↑このページのトップヘ