2014年11月

Crock Pot Red Wine Braised Beef Short Ribs

olive oil

1 Kg short ribs

2 Tbsp salt- generously season ribs

fresh ground black pepper- generously season ribs

2 stalks diced celery

1 cup diced carrots
1 Red paprika 

2 Large diced onion

4 large cloves of fresh garlic- smashed

2 Tbsp of Tomato Paste - can substitute 2 large diced fresh tomatoes or 1 can of diced tomatoes

2 cups of Cabernet Sauvignon or Merlot
1 can of chicken or beef stock
Butter 1 chunk
Caramel  suger 1:water1 

Tie together with a string

6 sprigs of fresh thyme

4 sprigs of fresh rosemary

3 bay leaves


Season the ribs with salt and pepper and put them in the plastic bag with flour
Preheat a large saute pan over medium high heat. Add the olive oil and then the short ribs. Carefully brown on each side trying to produce little nibs of meat and fat drippings. Usually 2-3 minutes each side

Remove the ribs and place in the crock pot. Turn the heat up a little and add the diced carrots, celery, garlic, onion, tomato paste and dried herbs if using dried. Hold off on herbs if using fresh. Saute vegtables until onions are translucent and slightly browned.

Add Wine and cook down to about 1-1.5 cups of gravy, stirring constantly and getting all of the bits of meat on the bottom of pan. About 10 minutes. Add sauce to ribs in crock pot. 

Add beef stock and fresh herb bundle and add bay leaves. Stir well. Cover and cook on low for 6 -9 hours.

Stir periodically if desired. Once finished transfer rib meat to serving dish and cover with foil. Remove bones and disguard. Strain sauce into sauce pan and add caramel and butter reduce sauce on medium heat by a 1/3

1 牛肉に塩胡椒、小麦粉をまぶす。(ビニール袋で小麦粉をまぶすと簡単)

2 鍋を温めオリーブ油で牛肉の全ての面を中火強で茶色にこんがり焼いて、別皿で休ます。(一度に焼けなければ2回に分けて)

3 中火でオリーブ油大1と野菜を炒める。7-8分。

4 にんにく、トマトを加える。1分。

5 唐辛子、ハーブ、ストック、ワイン、塩、こしょうを加える。

6 牛肉を鍋に戻す。スロークッカー低温で6-9時間。

7 カラメルを作る、砂糖1:水1でフライパンにいれてブラウンになるまで煮詰める、跳ねるのでフライパンを冷ましてから水をいれ、そのままスロークッカーに入れる。
8 バターひとかけいれる。

牛肉は煮込む前に 赤ワインに 4~5時間漬け込んでおく、冷凍されている場合は自然解凍する。マッシュポテトを添えるとよい。

 


よく「死ぬほど働いて、帰るのも毎日終電だよ」という話をよく聞きますが、「死ぬほど働く」とは一体どのようなレベルを指すのでしょうか。

昨日、日本に来日し、ラーメン次郎で食事をして話題を集めたイーロン・マスクが南カリフォルニア大学の卒業式で、「死ぬほど働く」ことについて説明しています。


「もし会社を始めるならスーパー・ハードに働く必要がある。私が会社を始めたとき、アパートを借りる代わりに小さなオフィスを借りたんだ。ソファーで寝て、シャワーが無かったので、近くYMCA(キリスト教青年会)でシャワーを浴びたよ。」

「コンピュータは一つしかなかったので、昼間にサイトをアップロードして、夜コーディングをしていた。もちろん月曜日から日曜日まで、休みなんて一日もなかった。スーパー・ハードに働くってのは起きている時間のすべてを仕事に費やすことを指すと思うよ。」


シリコバレーの起業家養成スクール、Yコンビネーターの創業者、ポール・グレムさんは仕事をし過ぎて1995年から1998年の記憶がないそうです。

「残念ながら、あの時代、私はずっとゾンビみたいだった。誰でも知っているような有名な映画の話が出ても、私はそれを全然知らない、聞いたこともないとしたら、たぶんその映画は1995年から1998年の間に公開されたんだ。」

「当時は私は火星に住んでいるのも同然だった。人間の生活ではなかった。ほとんど24時間コンピュータの前に釘付けになっていて、眠るのもコンピュータの前だった。」


もちろん、日本の起業家も負けていません。プロダクトが何もなく営業力だけで1998年に起業、2000年に26歳の若さで東証マザーズに上場した藤田晋さんは週に110時間働くことを社員にコミットしました。

「週110時間ということは、9時に出社するだろ、そして深夜2時まで仕事する。それを平日5日間。あとは土日に12時間ずつ働くと110時間だ」


ソフトバンクの孫さんは「最初は量をこなすことで、それが徐々に質になってくる」と述べていましたが、それは大学時代に量をこなす大切さを身を持って体験していたのかもしれません。

「世界で一番勉強した。間違いなく世界一勉強した。トイレでも道を歩くときも教科書を読み、寝る時間以外は全部勉強に費やしました。」


少し前ですが、マルコム・グラドウェル氏の「1万時間の法則」が話題になりました。

グラドウェル氏の調査によれば、どんな業種や分野でも、世界のトップレベルになるためには1万時間をコミットしなければならないそうで、「練習をせずに天才的才能を発揮する人」も、「いくら練習をしても上達しない人」の両者もいなかったそうです。


最近では、大して忙しくなくても、わざと自分を忙しく見せる人が増えてきました。

忙しく働いていることが「ステータス」になる日本では、「会社にいる時間=仕事をしている時間」だと思われがちですが、例えば、会議に参加して一言しかしゃべらなければ、それは1万時間の中の1時間にはなりませんし、会社にいなくても、ランニングしながら仕事のことを考えていれば、それは1万時間の中の1時間に換算されるのではないでしょうか。


イーロン・マスクやポール・グレム氏のように火星に住むぐらいの気持ちで、仕事をしても1万時間を消費するには2〜3年はかかります。

イーロン・マスクが指摘するように歳を重ねれば重ねるほど、家族もできて、背負うリスクが増えます。1万時間をコミットするなど、家族が許してくれないかもしれません。

リスクを取るなら今です。

http://lrandcom.com/work_hard3

ウィンストン・チャーチル「We make a living by what we get, but we make a life by what we give」「人は、他人から得ることで生活するが、与えることで人生を築く」。打算ではなく、心から人に何かを与えれば、幸せになります。

一番好かれる人は正直な人です。信念に忠実で、本当のことを言う人です。人は信念に従って行動する人が好きです。それで常にうまくいくとは限りませんが、そういう人は裏切らない。

不満を言わず楽しむ。 自分が持っているものや状況に感謝して、楽しみましょう。「足るを知る」です。不満を言わずに与えられたものに感謝しましょう。

3つの幸せ。ひとつめの幸せは「してもらう幸せ」。ふたつめは、「できるようになった幸せ」。そして3つめ、人に「してあげる幸せ」。「してあげる幸せ」は3つの幸せの中でも最高の幸せ。 

誰かに必要とされたい」という欲求を満たしていかない限り、我々の幸福感は満たされません。その方法はひとつ、誰かのために自分の命を使っていくことです。命を使う、これを「使命」と言います。



 

He ain’t nuthin’ but a hound dog when it comes to coffee. Coffeegeek.com creator Mark Prince has a nose for good coffee bars and he’s willing to share his coffee intell.
He’s especially a big fan of cafes that roast their own small-batches and even more where origins of the coffee are made clear.
I like good coffee but I like a nesty feel to a coffee bar, good music, animated conversation all around and all the better if there’s delectable croissants or brownies. Not a lot of good coffee purveyors are strong on the food component. Top of my list for both good coffee AND munchies is Crema, in West Vancouver, Matchstick Cafe (the peasanty bread for sandwiches is insanely good) as well as Elysian on West Broadway.
I would have included Milano Coffee Lounges to Prince’s list of best coffee bars (roasts their own coffee at the back of one of their stores, too) but hey, it’s his list. I’m also fond of the 49th Parallel on West Fourth and JJ Bean in the Marine Building on Burrard St.
“Vancouver is undeniably the best coffee city in Canada for quality, variety and range of cafe styles, though Victoria, on a per capita basis, gives us a run for our money,” says Prince. “But we still lag quite a bit behind Seattle and especially Portland, which I consider to be the greatest coffee city in the world at the moment. Where we lag is in something like what Matchstick Coffee is trying to introduce – the small scale roaster-retailer, a cafe that roasts on their premises. We do have several roaster retailers but most I would not consider to be in the upper echelon of specialty coffee. A big aspect of specialty coffee is transparency about the source of the coffee used and roasted and very few will tell you the origin beyond the country or huge region. Saying you have a Ethiopia Yirgacheffe is like saying Canada, British Columbia wine.”
These are his top 10 coffee bars, for coffee and ambiance, starting from his most favourite. (The comments are Prince’s.)

Pour over coffee set up with Kona filters, weigh scales at Matchstick Cafe.

Pour over coffee set up with Kona filters, weigh scales at Matchstick Cafe.

1. Matchstick Coffee, 639 East 15th Ave.
It might not serve the best coffee in Vancouver (they’re nearly the best though!) but it’s whats sorely lacking in Vancouver, as compared to Portland or Seattle: a roaster/retailer that roasts their own coffee in house. Now there are a few roaster/retailers in Vancouver, but none approach the calibre of Matchstick. They pay attention to everything they do, from how espresso is made, to how their manual pour-over coffee is brewed, to how they source their beans. They may not be at 49th Parallel’s level in some aspects, but the fact that this is a top-tier micro-roaster and a top tier cafe experience makes them special.

2. Revolver Coffee, 325 Cambie St.
Revolver is also a practitioner of the “slow coffee” movement. Everything served there is brewed by the cup, same as Matchstick. They put a great focus on espresso, but also on manual brewing methods for coffee including siphon, Aeropress, Chemex with Kone filters, and press pot. They are also fairly unique in Vancouver in that they try to source a revolving list of the best coffees from the best small-scale roasters around North America.

3. 49th Parallel Cafe, 2902 Main St.
Absolutely fantastic grand hall of a cafe, with the bar at centre stage. Espresso is definitely a showcase brewing method for 49th Parallel, but they also do manual pour-over coffee as well as one “coffee of the day” as a bulk brewed coffee. Luckys’ Donuts are a fantastic addition to this cafe. I highly recommend getting a Kalitta-brewed coffee with the beignets, one of the best dessert experiences in Vancouver.

4. Elysian Coffee, 590 West Broadway and 1778 West Fifth Ave.
Elysian just started roasting their own coffee, albeit at another company’s roast works. They also are very committed to slow coffee service, serving up manual pour-over, Clover-brewed coffee (one of only a few independent cafes in Vancouver doing this), and of course, has a big focus on espresso. They have two locations. The Broadway location is nice and has a hidden quiet outdoor alcove, and the Fifth Avenue location is nice and quiet, off the beaten path.

5. Bump ‘n Grind Coffee, 916 Commercial Dr.
Another great independent cafe that also features a rotating variety of great coffees from some of the best roasters in Canada. They are also another rare independent cafe with a Clover coffee brewer. Another cafe with big focus on espresso.

6. Kafka’s Coffee and Tea, 2525 Main St.
This cafe’s only a few years old, but has become a big neighbourhood favourite. Another “slow coffee” practitioner, the feature here is espresso or manual pourover coffees. They use coffee from a respected Seattle coffee micro roaster, Herkimer.

7. Caffe Cittadela, 2310 Ash St.
Absolutely beautiful and intriguing cafe in a heritage house in Vancouver, serving 49th Parallel coffee. These folks do a fantastic job with their espresso, and also do bulk coffee brewing. They often do table service too, which is especially nice if you grab a seat on their outdoor patio. I love this cafe for all the little nooks and crannies you can find to take a seat.

8. Prado Cafe, 1938 Commercial Dr.
This cafe, which had a good reputation with The Drive locals, got even better when it was bought by the four-time Canadian Barista Champion, Sammy Piccolo, who happens to be the brother of the owner of 49th Parallel Roasters, Vince Piccolo. Sammy has really upped the quality game in this cafe, and has legions of local fans for the coffee he’s serving.

JJ Bean on Main St.

JJ Bean on Main St.

9. JJ Bean Coffee, 3010 Main St.
They are a well respected Vancouver chain, but my favourite location is the Main Street one because of the big fireplace and the really high calibre staff. JJ has been evolving their roast style and coffee buying over the years, with each year getting better and better.

10. Innocent Coffee, 1340 Fourth Ave.
A bit unexpected, a bit out of the way, though not really, this is a fiercely independent cafe that also hosts art exhibits and other social events. Focus in this cafe is primarily espresso, though manual brew coffee methods are available.

「年収1000万以上」の求人、「年収1000万以上の人が常に意識していること」と言った本のキャッチコピー、不況になればなるほどついつい「年収1000万」というところだけに反応してしまいますが、最新のアメリカ国民を対象とした調査では年収550万円稼いでも、250万円しか稼いでいない人たちより満足度は9%しか増加せず、さらにプリンストン大学の調査では年収750万円に達すると、それ以上いくら稼ごうが、日常の幸福度の差に大きな変化は見られなかったそうです。

お金持ちになりたいのか。それとも幸せになりたいのか。

グーグルはかつて、業績トップの従業員たちに7桁のボーナスを支給していましたが、それをやめることにしたそうです。

グーグルの社内で行われた研究結果によれば、巨額の現金または株式による報酬は、争いの種になる場合が多く、「お金は人生の経験ほど重要ではない」という結論に至りました。

グーグルではお金よりも、もっと大切なものを社員に与えることにした。

グーグルは方針を変え、成果を出した従業員には報酬の代わりにグーグルの経営幹部たちと共に行く旅行をプレゼントすることにしました。採用担当のラズロ・ボック氏は次のように答えています。

「その旅行での経験、全社にわたる仲間と一緒に過ごす経験は、それに相当する金額を、いやその10倍の金額を与えた場合よりも、もっと強烈で貴重でした。そして、はるかに大きい影響力をより広く組織全体に与えたのです。」
物質的なものではなく、経験を提供。

またお金は「時間」ともよく比較されますが、チューリッヒ大学のブルーノ・フレイ氏の調査によれば、通勤時間がゼロから22分になった場合の幸福度の低下を相殺するためには、通常、収入が3分の1増える必要があり、昇給を迫ってボスを悩ますよりも、職場の近くに引っ越せば、同じくらい幸福度を増やすことができると断言しています。

職場の近くに引っ越せば給料が3割上がるぐらいの気持ちで。

平均的な人達は、1年のうちの2ヶ月をテレビを見る時間に費やしており、ヨーロッパ32カ国の1万人以上を対象に行われた調査では、一日当たり30分以上テレビを見る人は、30分未満しかテレビを見ない人よりも、人生に対する満足度が低いことが明らかになっています。

年収750万円を越えると、「お金を稼ぐこと」からは幸福度は上げることができませんが、「お金をどう使うか」によって幸福度は変化していきます。

マイケル・ノートン氏の調査によれば、スターバックスのコーヒーを自分に買った場合と、他人に買ってあげた場合とで、その日の幸福度を比べたところ、他人に買ってあげた場合の方が幸福度が高ったそうです。

次のステージへ:「どれだけお金を稼ぐかではなく、どのようにお金を使うか」

世界一の大富豪、ウォーレン・バフェットが財産の99%を寄付することについて、「この決定以上の幸せを感じたことはない」と述べているように、バフェットの投資の仕方よりも、バフェットのお金の使い方から学ぶことの方が多いのかもしれません。

個人資産から数兆円を寄付:「この決定以上の幸せを感じたことはない」

お金が無くても、楽しく生きていければそれで良いという根拠の無い楽観視はあまり説得力がありませんが、人生は「お金=幸せ」というほど単純なものでもなさそうです。

もし人生の目的がお金を手に入れることではなく、幸せになることだとしたら上司を説得して給料を上げてもらうよりも、通勤時間を減らしたり、テレビを見る時間を極力少なくすることの方が幸せになる近道なのかもしれません。

ちょっと視点を変えてみることで、大きな変化に気づくのではないでしょうか。

http://lrandcom.com/google_bonus
 

↑このページのトップヘ