ホーキング博士は「長期的に見た人類の将来は、宇宙空間にあります。これは私たちが将来も生き延びるために重要な生命保険であると私は考えています。地球以外の惑星に移住することで、人類が消滅してしまうことを防ぐ可能性があるからです」と語った。

脳はコンピューターのようなもの。部品が壊れれば動作しなくなる。 壊れたコンピューターには天国も来世もない。 天国は、暗闇を恐れる人間のための架空の世界だよ

宇宙創造の理論において、もはや神の居場所はない
神の概念に触れずに宇宙のはじまりを論ずるのは難しい。

私達はどこにでもある恒星の、 マイナーな惑星に住む、 血統の良い猿にすぎない。 しかし私達は宇宙というものを理解できる。 そのために、ちょっとは特別な存在なのだ。


基本的に宗教と科学の違いは、宗教は権力を基本としており、科学は観察と理由を基本としている


一つ目は、足元を見るのではなく星を見上げること。
二つ目は、絶対に仕事をあきらめないこと。
仕事は目的と意義を与えてくれる。それが無くなると人生は空っぽだ。
三つ目は、もし幸運にも愛を見つけることができたら、
それはまれなことであることを忘れず、捨ててはいけない。

父親としてどんなアドバイスを子どもたちに伝えていますか、という質問に対しての回答
わたしはこの49年間、死と隣り合わせに生きてきた。
死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。
やりたいことがまだたくさんあるからね

人生は、できることに集中することであり、 できないことを悔やむことではない。 期待値が「ゼロ」まで下がれば、 自分に今あるものすべてに間違いなく感謝の念が湧く。

  
人は、人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。 そしてただ、自分の置かれた状況のなかで最善をつくすべきだ。

 私が人生で学んだことは、自分が今持っている力を全部使えということです。

 今の仕事を好きになれないのでは、 違う仕事に就いても好きになれない。 今の仕事に一生懸命になれないのでは、 違う仕事でも一生懸命になれない。 今の仕事を好きになって一生懸命やったとき、 次なる道が見えてくるものだ。 そもそも天職はなるものじゃない、 気がついたらなっているものだ

私は幸運だ。なぜなら脳は筋肉で出来ていないからだ。 http://matome.naver.jp/odai/2130578288716523201