ジョー・ブラックをよろしく
Meet Joe Black (1998)



監督Martin Brest
脚本Ron Osborn、Jeff Reno
主演Brad Pitt (Joe Black & Young Man)、Anthony Hopkins (William Parrish)、Claire Forlani (Susan Parrish)
タグラインNo one can die - while he loves!
ジャンルファンタジー、ロマンス、ドラマ
プロットこの世で人生の意味を学びに来た若き死神が死にゆく男の娘と仮面の恋に陥る。
日本語字幕戸田奈津子
英語についてアンソニー・ホプキンスの人生訓あふれる英語は全体に早口だが、それ以外の英語は比較的聞き取りやすいだろう。ブラッド・ピットは死神と若者の二役を言葉遣いからも演じわけているが、童貞として人生経験のなさや無知をさらけ出していた死神がIRS(国税庁)の職員に化けるシーンでは別人のような話し方になる。
個人的評価この映画はまず3時間と長すぎる。2度目以降は途中で早送りをせずにはいられない。死神のブラピは気の抜けたサイダーのように魅力がない(うぶな若者を演じた結果ではあるが)。カフェで出会った若者の死体(body)を借りているだけの死神を恋し続けるクレア・フォーラニもおろかしい。最後に若者が生き返るのも納得がいかない。それをファンタジーと呼ぶなら、わたしはファンタジーは好きではないらしい。ただ、聞き捨てならないセリフがあちこちにあったので取り上げてみました。



I KNOW IT'S A CORNBALL THING, BUT LOVE IS PASSION.
言い古された表現だが、恋は情熱だ
(セリフ)(字幕)
PARRISH: You love Drew? Do you love Drew?愛してる?彼を愛してる?
SUSAN: You mean like you loved Mom?パパはママを愛した。
PARRISH: Forget about me and Mom. Are you gonna marry him?マジメに。結婚を?
SUSAN: Probably.たぶん。
PARRISH: Listen, I'm crazy about the guy. He's smart, he's aggressive, he could carry Parrish Communications into the 21st century and me along with it.彼は切れ者で押しも強い。“パリッシュ・コミュニケーション”の21世紀の星。
SUSAN: Um-hum. So what's wrong with that?彼に不満でも?
PARRISH: That's for me. I'm talking about you. It's not what you say about Drew, but what you don't say.お前の言葉を聞きたい。お前は何も言わん。
SUSAN: Maybe you're not listening.聞き逃しを。
PARRISH: Oh yes, I am. There's not an ounce of excitement, not a whisper of a thrill. This relationship has all the passion of a pair of titmice. I want you to get swept away. I want you to levitate. I want you to sing with rapture and dance like a dervish.いや聞いてる。彼を語る言葉に何の情熱もない。小鳥のさえずりほどもね。足が地につかぬ想い。恋に酔い、我知らず歌い踊る気持ちは、どこに?
SUSAN: Oh, that's all?それだけ?
PARRISH: Yeah. Be deliriously happy, or at least leave yourself open to be.目のくらむような恋の興奮は?
SUSAN: Okay. 'Be deliriously happy'. I shall do my upmost.いいわ。目のくらむ興奮を味わう努力をするわ。
PARRISH: I know it's a cornball thing, but love is passion, obsession, someone you can't live without. I say fall head over heels. Find someone you can love like crazy and who'll love you the same way back. And how do you find him? Well, forget your head and listen to your heart. I'm not hearing any heart. Because the truth is, honey, there is no sense living your life without this. To make the journey and not fall deeply in love, well, you haven't lived a life at all. But you have to try. Because if you haven't tried, you haven't lived.言い古された表現だが、恋は情熱だ、“相手なしでは生きられない”という想い。無我夢中で、互いにのめり込んでいく。頭じゃない。ハートの声を聞くんだ。その声が聞こえるか?その経験のない人生など、恋を知らない人生は、意味がない。その努力をすることが生きるってことだ。
SUSAN: Bravo!ブラボー!
PARRISH: Oh, you're tough.からかうな。
SUSAN: I'm sorry. Okay, give it to me again. But the short version this time.ご免なさい。もう一度要約して言って。
PARRISH: Okay. Stay open. Who knows? Lightning could strike.心をオープンに。いつか稲妻に打たれる。

自分の右腕Drewに対する娘Susanの情熱のなさを見抜いて、娘に「目のくらむような恋」をして生きていくようレクチャーするParrish。「恋を知らない人生は、意味がない」という純な言葉は、人生経験豊かなParrishの口から出ると透明な真実に聞こえてくる。titmice(titmouse:シジュウカラの複数形)。levitate(空中浮揚する)。rapture(有頂天)。dervish(ダルウィーシュ、恍惚として踊る人)。deliriously(狂喜して)。cornball(甘くて古臭いもの、元はキャラメルコーンのこと)。head over heels(まっさかさまに、首ったけで)。lightning(稲妻、電光、思いがけない幸運)。



IT'S KIND OF A PRO BONO JOB.
有意義な仕事だ
(セリフ)(字幕)
YOUNG MAN: It's kind of a pro bono job.有意義な仕事だ。
SUSAN: Pro bono? Meaning doing good.人のために役立つってこと?
YOUNG MAN: That's me.そう。
SUSAN: Can you be doing good all your life?一生の仕事に?
YOUNG MAN: I know what you're saying. It doesn't pay so well, but I like it. Eventually it will depend on the woman I marry, I think. Maybe she'd want lots of kids, a bigger house, a better car, college doesn't come cheap, you know. I don't know.確かに報酬は少ないけど、やりたい。いつか結婚したら妻は言うだろう。“子供が欲しい。家と車も。子供には大学教育を”と。
SUSAN: You'd give up what you want for the woman you marry?そう言われたら折れる?
YOUNG MAN: Yeah, you know, I would. Gladly. Because you make your choices, you know. So you and I, if we were married... No, for example, okay? If you and I were married, I'd want to give you what you need, that's all. I'm talking about taking care of each other the best you can. What's wrong with taking care of a woman? She takes care of you.ああ折れる。喜んで。それが夫婦だから。君と結婚、例えばの話だよ、僕は君の望みを優先する。それが思いやりだ。夫婦が互いを思いやる。
SUSAN: You'll have a hard time finding a woman like that these days.そんな相手がいる?
YOUNG MAN: Shoot, you think so? I don't know. Lightning could strike.少ない?稲妻に打たれるのを待とう。

Susanがブラピ演じる男にカフェで出会い、彼の仕事や結婚への考え方について話をしている。初対面の人にすぐにここまで話すこと自体めったにないのでは。最後のLightning could strike.というダディが言ったのと同じ言葉を聞いた瞬間にSusanはほとんど恋に落ちた?pro bono(公共奉仕の)。



IN THIS WORLD NOTHING IS CERTAIN BUT DEATH AND TAXES.
避けられないもの
(セリフ)(字幕)
DREW: But given our needs, given the absolute necessity for growth, given the future, the truth is joining John Bontecou is every bit as certain as Death and Taxes.わが社の将来と発展のために、合併は死と税金のように逃れられないものでは?
JOE: Death and Taxes?死と税金?
DREW: Yes.
JOE: Death and Taxes?死と税金?
DREW: Yes.
JOE: What an odd pairing.なぜ?
DREW: It's just a saying, Mr. Black.言い回しだ。
JOE: Hum. By whom?誰の?
DREW: It doesn't matter.関係ない。
JOE: Then why did you bring it up?なぜ引用を?
DREW: You're not familiar with the phrase, "In this world nothing is certain but Death and Taxes"?“避けられないもの”の比喩だ。
JOE: I am now.なるほど。
DREW: Glad I could be of some help. I keep regular office hours, so if there's any further information you might need on sayings, common phrases, manners of speaking, my door is wide open. The tea I can provide, perhaps even the milk. Low fat.知らない表現に出会ったら、遠慮なく僕のオフィスへ。ドアはいつでも開いてるよ。ミルク・ティーもある。低脂肪ミルク。

重役会議の場でParrishの反対を押しても合併を進めたいDrew。彼の口から出たDeath and Taxes(死と税金)という言いまわしに驚いた死神(Death)Joe。Joeをうとましく思っているDrewは彼の無知を皮肉らずにはいられなかった。死神(Death)Joeは後半で税金(Taxes)Joeに変身?する。every bit(どこから見ても、完全に)。odd(奇妙な、変な)。



BECAUSE SHE KNOWS THE WORST THING ABOUT ME AND IT'S OKAY.
欠点を許してくれる
(セリフ)(字幕)
QUINCE: Come on, have a drink. You look like you need one as bad as me.飲めよ。君も酒が必要だ。
JOE: I do? Quince, I'm myself a little confused.クインス、実は迷ってる。
QUINCE: Confused, huh? About what?迷ってる?何に?
JOE: Love.恋に。
QUINCE: Love? Oh man, I've got problems of my own.こっちも悩みをかかえてる。
JOE: You love Allison, don't you?アリソンを愛してる?
QUINCE: Yes, I do.ああ。
JOE: How did you meet?出会いは?
QUINCE: Well, I was this world-class loser and she was this happy, little rich girl, and for some reason she took me in.ツイてない男とハッピーな金持ちの娘、その娘がなぜか僕に好意を。
JOE: But Allison loves you? (Quince nods.) How do you know?彼女も君を?(クインスうなづく。)なぜ分かる?
QUINCE: Because she knows the worst thing about me and it's okay.欠点を許してくれる。
JOE: What is it?どんな?
QUINCE: No, it's not one thing, it's just an idea, Joe, it's just, um... It's like you know each other's secrets, the deepest, darkest secrets.一つの欠点でなく、すべてを。互いの秘密に通じている。胸の一番奥の暗い秘密にさえ。
JOE: The deepest, darkest secrets?暗い秘密?
QUINCE: Yeah, and then you are free.秘密のない自由!
JOE: Free?自由?
QUINCE: You're free. You're free to love each other. Completely. Totally. There's no fear. Because there's nothing you don't know about each other, and it's just, it's okay.解き放たれ、何も恐れることなく愛し合える。相手のすべてを知ってるから。

Parrishの娘婿であるQuinceに恋(love)とは何かを聞いているJoe。「最低な自分を知っていても受け入れてもらえる」というのは心の底から安らぐ想いだ。Quinceの話を聞いていてJoeのSusanへの想いは利己的であり、自分自身(=死神であること)をさらけ出していない仮のものだと知らされる。

http://members.jcom.home.ne.jp/enjoy_english/meetjoeblack.html


恋は情熱だ、“相手なしでは生きられない”という想い。無我夢中で、互いにのめり込んでいく。頭じゃない。ハートの声を聞くんだ。その声が聞こえるか?その経験のない人生など、恋を知らない人生は、意味がない。その努力をすることが生きるってことだ。
心をオープンに。いつか稲妻に打たれる

好きな人の為にすべてをGiveupできる? 
勿論、喜んで。それが夫婦だから。君と結婚、例えばの話だよ、僕は君の望みを優先する。それが思いやりだ。夫婦が互いを思いやる。
稲妻に打たれるのをまとう。

一つの欠点でなく、すべての欠点、互いの秘密に通じている。胸の一番奥の暗い秘密さえを共有できる相手、秘密のない自由、最低な自分を知っていても受け入れてもらえるという、心の底から安らぐ想いが、LOVE