人は自分との共通性で距離が近づき、相違性で恋に落ちる。しかし、その相違性がやがて別れをもたらす。「好きな相手を振り向かせるには」好きになった相手が「似ている」と感じさえすればいいのである。似ている」という「真実」が重要なのでは無く、「似ている」と「相手に感じさせる」事が大切なのである。

しかし、「別れるカップルと別れないカップルの違い」別れ」に繋がる原因は両者の「相違性」。人は自分との共通性で距離が近づき、相違性で恋に落ちる。しかし、その相違性がやがて別れをもたらす。しかし、この相違性が相補性であれば、その関係は継続していく。カップルにとって、「相違性=相補性*」となっている事が交際の継続において必須となるのである。


「ありのままの自分を愛してください」
自分はいったいどんな存在なのでしょうか。ズルくて、欲深くて、怠け癖があり、そして何より自分が大好きで
こうした、自分の全てをさらけ出しながらも、「ありのままの自分を愛してください」そんな傲慢な考えを持っていたら、愛されるはずがない。好かれる努力が大事。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*相補性とは・・・

付き合いというのは、関係が深くなると、
相手と自分との相違点が明らかになってきます。

この違いが明瞭になってくると、
お互いが相手にない部分を補うような形ができていくものです。

これを『相補性の原理』と呼びます。

初期の段階で、お互いの相違点が明瞭すぎると、
「この人とは合わないな」となって、うまくはいかないでしょうが、
お互いの理解がすすんだ段階だと、
相手の強みと自分の弱み、相手の弱みと自分の強みが、
相互補完の関係に発展するわけです。

その結果、
自分の弱みにコンプレックスを抱いていたことが軽減されたり、
相手の弱みをカバーしてあげている自分への満足感が湧きあがり、
非常に良好な関係になります。

容姿にコンプレックスをもっている男性が、
美女を連れているケースでは、
男性側に圧倒的な経済力があり、
美女はそれを頼りにしている場合もあります。

男性側は美女を従えることで、
自分の容姿へのコンプレックスが軽減されているわけです。

周りから見て、「なんであの人と付き合ったんだろう?」と思っても、
お互いに足りない部分を補っている場合が多いです。

これは、恋愛を長寿させるのに、
とても大事なことです。