奉仕をしてその報酬を得ないという事はない。
それは仕事をしなければ報酬を得られないのと同じぐらい確かな事である。
奉仕という行為は自分と他人との同一視を促す。
自分と他人が同一ならば奉仕は他人への報酬であり、自分への報酬である。
更にその活動期におけるやり甲斐という精神的利益を享受できる

報酬以上の仕事をしてきた人は、報酬以下の仕事をしてきた人よりも高い地位につき、高い報酬を得ている事実。
これ普遍の法則なり!