カテゴリ: 恋愛

愛とは何か https://www.youtube.com/watch?v=6kUoTS3Yo4gIdeas of Love


we mistake the idea of love for attachment, We I imaging that the attachemt is love. Grasp and clinging
that we have  in our relashionship show that we love.  where it's acutually just attachment which causes pain. the more grasp, more we afraid to lose them, if we lose we are going to suffer. Attachment love is said I love you so I want you to make me happy. Genuine love, I love you there fore I want you to be happy
if that includes me great, if doesnt includes me I just want your happiness.
Attachment is holding very tight, Genuine love is holding very gently nurtunirng but allowing things to flow not to be held tight. The more tight we hold on to other more we will suffer. 

Idealy people should come together already feeling fulfiling themself within themself , and just therefore appriciating other rather than expecting other to supply that sense of well being which they don't feel on their own.....

愛はアタッチメントではない。一人の人間として幸福な人が一緒になる事で、さらに相手に感謝することができる。一人の人間として足りない部分があるから、それを穴埋めするために相手と一緒になる事は愛ではなくアタッチメント。

心理学的に共通性で距離が近づき、相違性で恋に落ち、やがて相違性で別れる。脳科学的には恋は脳の化学反応であり一種の病気のようなものと定義されている。
全くをもってその通りで、今は共通性で距離が近づき、相違性で恋に落ちそうである。
でもこれは脳の化学反応であり、長くは続かない、、とすると何の為にに誰かと一緒になるのだろう、、と思えてしまう。知識があるというのも困りもの・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大人のための恋愛講座①

人が人を好きになる「理由」、さらにはその相手を嫌いになる「理由」、これにはある「パターン」が存在する。

人が人を好きになるのに必要なのは「自分と相手との共通性」趣味、職種、考え方、生まれ、など

まずはお互いにとっての「共通性」が必要であり、またここから相手との距離は縮まる事となる。

「この人、私と似てる」これが相手を「好き」になる準備としては不可欠なのである。

そしてここから、相手の事を「もっと好き」、「大好き」になるには、「自分と相手との相違性」 が必要となる。

相手に対し
「自分と似ていると思っていたが、こんな一面もあるんだ」
「私にはできないこんな事ができるんだ」
こういった事を相手に見いだすと、相手を尊敬し、より強い感情を相手に抱く。
いわゆる、「恋に落ちる」といった状態である

上手くいくと、ここから「交際」が始まる場合もあるだろう。
そして、このままお互いに良い関係性が続く場合もあれば、ケンカして関係性が崩れる場合もある。
しかし、後者の原因の多くが「自分と相手との相違性」なのである。つまり人は別れる時「相手を好きになった理由で、相手を嫌いになる」のである。

自分との「違い」を相手に見いだし恋に落ちたはずなのに別れの「セリフ」はいつも決まって

「私とあなたは違った」となるのだ。

例えば

スポーツマンである事に惹かれ付き合いだしたものの、「筋トレ」ばかりしていてうんざりした。
綺麗好きと思っていたが、ただの潔癖症だった。
よく周りで聞く話ではないだろうか。

人は自分との共通性で距離が近づき、相違性で恋に落ちる。しかし、その相違性がやがて別れをもたらす。

http://www.0004s.com/app-def/S-102/blog/2011/09/09/大人のための恋愛講座①/



大人のための恋愛講座②



人は自分との共通性で距離が近づき、相違性で恋に落ちる。しかし、その相違性がやがて別れをもたらす。

テーマ「好きな相手を振り向かせるには」

始めに、最も大切な事は相手が「この人、私と似ている」と感じる事である。これは前述の通りである。

まずはこれが無いと始まらないのだ。

しかし、これは、「結果論」であり、「作り出せないのでは」と多くの人が考えている。

好きな相手と偶然、地元が同じだった。偶然、好きなスポーツ(映画、食事)が同じだった。

そう、確かに結果論である。

自分が「好きになった相手」を振り向かせるには役に立たないかもしれない。

しかし、もう一度考えてみて欲しい。

好きになった相手が、自分に対し「この人、私と似ている」と感じる

この文章、何か気がつかないだろうか。

もう一度言おう。

好きになった相手が、自分に対し「この人、私と似ている」と感じる。

そう。そうなのだ。別に似ていなくても問題はないのだ。

相手が「似ている」と感じさえすればいいのである。

「似ている」という「真実」が重要なのでは無く、

「似ている」と「相手に感じさせる」事が大切なのである。

そしてそのための「テクニック」はもちろん存在する。

知らず知らずのうちに使っている「なぜかモテル人」

もいれば、意識的に使う「プロ」もいる。

「プラセボのレシピ」より抜粋

http://www.0004s.com/app-def/S-102/blog/2011/09/10/大人の為の恋愛講座②/

絶対に「手中に収められない物」に対しては、誰もが興味が沸かない。しかし、それと同じくらいにまた「容易に手中に収められる物」にも興味が沸かない。手中に収められそうで、ギリギリ収められない物に対して、強烈に「欲しい」と感じるのである。

「好き」と言いながらも、「もっとこうなって欲しい」と相手に変化を要求することは、相手の個性や人間性を見つめず、相手を「自分の理想像」へとはめこもうとする。本当の好きは、相手からもっと「好き」になってもらえるよう「自分自身の価値観」に変化を起こしていくことなのである。

恋人に「浮気」を問いただされると、凄い剣幕で怒りだす人がいますが、「痛くない」お腹は、いくらさぐられたとしても、くすぐったいだけなのです。「そんなに自分の事が好きなのか」とデレデレになるのです。浮気を問いただされて怒りだす人は、やはり「痛い」から怒るのです。

「あなたを愛しているから、浮気を望むならそれを認めます」ここで言う「愛」とはなにかしらを狙っている「打算」以外のなにものでもないのである。もしそんな人がいたならば、あなたはそこから全速力で離れた方がいいだろう。愛と打算、この二つのベクトルは、いつだって正反対を向いている。「どうしても落としたいが落とせない人」がいる女性は「私、彼氏の浮気とかってOKなんだよね」と言って、計算高く相手の懐に入り、既成事実を積み上げる作戦が有効なのは言うまでもない。怖!

不倫は①一緒にいて余裕がある。不倫男性には妻がいるからです。「自分には、絶対に別れない(であろう)パートナーがいる」
こう思えている不倫男性は、それは余裕があって当然です。そして、不倫男性は、いつだって「もし、妻にばれそうになったなら、すぐさま関係性を清算する」こうした思いを胸の内に秘めているのです。また、たとえ相手からふられてしまったとしても「トラブルことなく関係を整理できてホットした」その程度でしか、二人の関係について考えていないのです。不倫相手の男性が、独身の男性よりも「堂々と」しているように映るのは、実はこうした「立ち位置の違い」にすぎないのです。
②精神的に大人で優しい。これは分かり易く言うと、要はなんでも私のワガママを聞いてくれる」では、なぜ不倫男性はなんでも私のワガママを聞いてくれるのでしょうか。それは、不倫男性にはいつだって「後ろめたさ」があるからなのです。相手に何かしらのウソをついている」「相手の将来の幸せを奪っている」こんな時、人は恋愛にかぎらずその後ろめたさから、自然と「優しく」なれるのです。「優しい人」実は、こうした人はいつだって「ずるい人」である可能性を秘めているのです。
③お金を持っていて、自分の知らない体験をさせてくれる。これに関しては、様々なケースや事情があるのでしょうが、もし、年配の相手と不倫をしていたなら、それは自分の同世代の男性に比べて経済的余裕があるのは当然なのでしょう。
こうして書いてみると、多くの女性が不倫にはまるその理由が見えてきます。「余裕があって優しくて、ワガママも聞いてもらえてお金まである」自分のイヤな所、ダメな所を相手から否定されることなく受け入れてもらえ、精神的にも経済的にも、自分と比べて大幅に余裕を感じる男性によりかかる。こうした状態を続けている限り、女性は、たとえどんなに美人であったとしても、いわゆる恋愛偏差値のようなものは最底辺に位置したままになってしまうのです。お互い人として、嫌な所、ずるい所を全て見せ合い、その上で相手を許しながら自分を成長させていく、不倫とは、これらの事から全て目を逸らすことができる格好の「お客様恋愛」

「どうしても恋人ができません」こうしたことを言う人の多くが、実は、過度に自分を理想化し「高望み」をしているだけ。「自分は特別な存在なんだ」、こうした気持ちが過剰。恋愛とは相手と対等の関係性を築いていくことが必要不可欠なはずです。しかし、こうした人というのは対自分においてでさえも対等な関係性を築けていないのです。そして、自身の「ナルシスト願望」を満たそうと、それを埋めるべく相手に恋をするのです。このような人はどうしたらよいのでしょうか。「ありのままの自分を受け入れ、認めていく」こうした作業を積み重ねていくしかないのです。人は、「ありのままの自分を好きになる」、こういったことをできるようになれば必ず、「ありのままの自分に見合う相手を見極められるようになる」のです。

「もう少し、彼の年収が高かったなら……」「もう少し、彼女の外見がよかったなら……」自身の交際相手について「もう少し○○だったなら……」と、こぼす人がいる。でも、そんな人はちょっと考えてみてほしい。
・もし、相手の年収がもっと高ったなら
・もし、相手の外見がもっと良かったなら
その人は、あなたとはつき合わなかったかもしれないのである。そもそも、あなたはなんのために恋愛をするのだろう。相手の弱点を正すため? そんなはずはないだろう。あなただって、相手から自分の弱点を正されたくて付き合っているわけではないはずである。そうではなく、恋愛とは、あなたが好きな人とずっと一緒にいられるよう成長する「チャンス」なのである。・相手の年収に不満があるのなら、その分、あなたが稼ぐ勉強をすればいい。・相手の外見に不満があるのなら、まずはあなたが素敵になればいい。これこそが、あなたが恋愛をする本当の意味

「種をばら撒くのはオスの本能だ」こんなセリフで、自分の浮気や不倫を正当化する男性。「この人の頭のレベルは、オス=動物並」。「自分のとった行動を、本能を引き合いに出して正当化するような人間は、犬や猫と変わらない」

恋愛スキルが高い女性は、彼が仕事で忙しくて会えない時も、自分一人で楽しめています。彼から、なかなか会えなくてゴメンね急に取引先に呼ばれちゃって、こんなことを言われた際も一人でも楽しいから大丈夫。こうしたセリフをさらりと言えるのです。反対に、一人の時間を楽しめていない女性はどうして、もっと会ってくれないのと、彼を責めてしまいます。彼と会っていない時も輝いている女性は、彼と会っている時も輝いています。そして、そんな女性を男は離しません。一方で、彼がいないと毎日を楽しめない女性は、自分の人生が彼に依存をしているのです。彼と会えないときでも、充実した日々を送れている・彼と会っている時は、その瞬間をしっかりと楽しむことができるこうしたスタンスこそが、彼を離さない大切な恋愛スキルといえるのです。

人は自分との共通性で距離が近づき、相違性で恋に落ちる。しかし、その相違性がやがて別れをもたらす。しかし、この相違性が相補性であれば、その関係は継続していく。
関係が深くなると、相手と自分との相違点が明らかになってきます。この違いが明瞭になってくると、お互いが相手にない部分を補うような形ができていくものです。これを『相補性の原理』と呼びます。初期の段階で、お互いの相違点が明瞭すぎると、「この人とは合わないな」となって、うまくはいかないでしょうが、お互いの理解がすすんだ段階だと、相手の強みと自分の弱み、相手の弱みと自分の強みが、相互補完の関係に発展するわけです。

①結婚相手の選び方
「早く素敵な人と結婚して、楽になりたい」ではなく、「この人と一緒だったら、どんな不幸だって乗り越えることができる」

②「できる男」とはどんな男?
どんな男性が、女性からは有能と思われるのでしょうか。
「女性から悩みを相談された時、できる男はその悩みを解決しようとするのではなく、相手に共感をするのです」男性は女性から相談を持ちかけられると、ついつい得意気にアドバイスや解決策を口にしてしまう「女性から、無能と思われたくない」こうした不安を手放す勇気が大切

③好きで好きでたまらない?
「恋愛と結婚の違いはなんですか」
 恋とは「○○だから好き」という意味です。
 愛とは「○○だけど好き」という意味です。
・顔は好みじゃないけど

・稼ぎは少ないけど

・映画の趣味は合わないけど

愛とは、短所も含めた「相手が好き」なのです。
恋愛とは言いますが、愛恋とは言いません。
なぜなら人は、まず相手の長所に惹かれて恋をして、その後に相手の短所をも愛せるようになるからです。「○○だから好き」ではなく「○○だけど好き」

④あと少し、彼に収入があったなら……
「もうちょっと、彼に収入があればいいのに……」
「もうちょっと、彼女のスタイルが良ければいいのに……」
今のパートナーがもっと魅力的であったなら、おそらくあなたとは交際していなかったのです。
「同じ家賃で、もうちょっと駅に近かったら……」
「同じ家賃で、もうちょっと広かったら……」

⑤恋愛上手な女性とは
彼と会っていない時に、自分はどうのように過ごしているか
恋愛スキルが高い女性は、彼が仕事で忙しくて会えない時も、自分一人で楽しめています。
料理、運動、映画、読書、勉強……
一人でも楽しいから大丈夫、こうしたセリフをさらりと言えるのです。
先週の○曜日は、何をしていたの ?
今度の休みは、なんで会えないの ?次はいつ会えるの?
このように相手を尋問してしまうのです。これでは刑事と犯人です。
彼と会っていない時も輝いている女性は、彼と会っている時も輝いています。
彼と会えないときでも、充実した日々を送れている
彼と会っている時は、その瞬間をしっかりと楽しむことができる

⑥「どうしても恋人ができません」という人へ
恋愛を「コンプレックスの克服」に用いようとしているケース
・学力や学歴に自身がないから、高学歴な人を求める

・身長や体型に自信がないから、高身長やスリムな人を求める

・経済的に満足できるほど稼げていないから、高収入の人を求める

・ちやほやして貰えていないから、輝いて活躍している人を求める

「そういった相手と付き合うことで、自分のコンプレックスを乗り越えられる」

と、無意識に考えているのです。
しかし、残念ながらこのような恋愛はまず上手くいきません。
その恋が実る確率はとても低いですし、また、たとえ付き合えたとしても、やはりいい関係性を継続することはできないのです。なぜかというと、それはこうした人というのは「今の自分が好きではない」からです。
もっと正確に言うならば、ありのままの自分、等身大の自分を好きになれていないのです。こうした人というのは、むしろ自分のことが好き過ぎるのです。
過度に自分を理想化し「高望み」をしているだけなのです。

⑦二人の喧嘩をなくすには
喧嘩と議論。この二つの違いはどこにあるのでしょうか。
議題にのみ、焦点が当てられているかどうか。しかし、喧嘩は「議題」だけにとどまらず、お互い過去のことをも「蒸し返して」責め合うのです。
議論中、過去の事にはいっさい触れないこんなをルールを一つ決めておくだけで議論が喧嘩に突入せずにすむ

⑧彼/女がもう少し○○だったなら、と感じたら
・もし、相手の年収がもっと高ったなら
・もし、相手の外見がもっと良かったなら
その人は、あなたとはつき合わなかったかもしれないのである。
そもそも、あなたはなんのために恋愛をするのだろう。相手の弱点を正すため? そんなはずはないだろう。あなただって、相手から自分の弱点を正されたくて付き合っているわけではないはずである。
そうではなく、恋愛とは、あなたが好きな人とずっと一緒にいられるよう成長する「チャンス」なのである。
・相手の年収に不満があるのなら、その分、あなたが稼ぐ勉強をすればいい。
・相手の外見に不満があるのなら、まずはあなたが素敵になればいい。
これこそが、あなたが恋愛をする本当の意味

⑨痛くもない腹をさぐられると
誰だって「痛くもない腹」をさぐられたら、怒るにきまってるだろう
しかし、よくよく考えてみるとこれは非常におかしな論理です。
もし「本当に痛いお腹」をさぐられたなら
それは誰でも「痛いからやめてくれ」と怒るでしょう。
しかし、「痛くない」お腹は、いくらさぐられたとしても、くすぐったいだけなのです。笑いながら「やめてくれー」となるのです。
浮気を問いただされて怒りだす人は、やはり「痛い」から怒るのです。
本当に「痛くもない人」は、いくらさぐられても
「そんなに自分の事が好きなのか」とデレデレになるのです。

⑩「ホスト」や「ホステス」に学ぶ「恋愛術」
人はいつだって「手中に収められそうで、ギリギリ収められない物」に対して、強烈に「欲しい」と感じる。モテル女性、モテナイ女性の境目は「ここ」にありまた、恋いが「長続き」する秘訣もまさに「ここ」にある
「恋愛が上手くいかない女性」のパターン
「恋愛においては誠実さが最も大切」
「私はあなたの手中に、確実に入りますよ」という態度を示してしまう
容易に手中に収められる=自分にとってあまり価値が高くない相手
「私はどこにもいきません。あなたの手中にずっと収まり続けます」といった態度を彼女がとり続けたならば「彼の中での彼女の価値」は着実に下がり続ける

⑪「恋愛」が長続きしない人
恋人に対して「好き」と言いながらも、相手に変化を求める人は、恋愛が上手くいかない。
こうした人は、相手に「好き」と言いながらも「もっとこうなって欲しい」と、相手に変化を要求する。結局、相手の個性や人間性を見つめず、誰と付き合っても相手を「自分の理想像」へとはめこもうとするのである。すでに 「好き」であるならば、これ以上相手に変化を求める事はそろそろ止めにしよう。すでに「好き」であるならば、相手からもっと「好き」になってもらえるよう「自分自身の価値観」に変化を起こしていくべきなのである。
それこそが「本当に相手を好き」という事

⑫ 自分を大切にする。自分のペースを彼のペースに合わせない。ライン、メールはすぐ返さない。
⑬ 恋人が欲しいのではなく、自分は愛されている、だれかと繋がっているという感情が欲しいだけ・・かも(笑)

http://www.0004s.com/app-def/S-102/blog/ より 

↑このページのトップヘ