カテゴリ: コミュニケーションと心理学

仕事が進まない・・・そんな時は
クラシックを聴きながら♬読書📚

当たり前の事ですが、忘れてしまいがちな、とても大事な事。

ヘレンケラーのエッセー「目の見える3日間」
ーハーバードの人生を変える授業より抜粋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
地球の美しさや、神秘の中に生きる人は、
孤独を感じたり、人生に疲れたりすることはない。
          ―生物学者・レイチェル・カールソン

人生のすばらしさを味わいつくす

心理学の研究によって、幸福感の40%は「選択」によって決まると明らかにされています。

 自分達を取り巻く世界の何を見るかは、かなりの部分まで選択にかかっています。私達は日々時間をかけて、目にするものの中に、美しさ、ユーモア、魅力、神秘をみつけようとしているでしょうか。
 バスに乗って仕事に向かうとき、ただぼんやりと窓の外を眺めているだけでしょうか。それとも、空の色や雲の形に意識を向けているでしょうか。
 小さな犬が歩道を走っている様子を見て、そのおかしな走り方をほほえましょうと思ったりしますか。お年寄りの女性が玄関からゆっくりと出てくるのを見て、思いやりの気持ちや敬意、心の痛みを感じますか。
 考え事に没頭したり、用事をしているときに周りのものに気がいかなくなってしまったりするのは、ごく自然なことです。ときには頭を休めてぼうっとするのも悪くはありません。しかし、何かをしているときに、そのことにしっかりと意識を向けることで、私たちはより健康で幸せになれます。

「マインドフル」に生きることを私たちは選択することができます。「マインドフル」とは感性を研ぎ澄まし、自分の感じている事をしっかりと味わうこと。
 食事をしているとき、皿洗いをしているとき、レポートを書いている時、車まで歩いているとき、私たちはぼんやりと何も考えずに行動しています。
 そんなときに、このマインドフルな感覚を思い出し、私達を取り巻く世界のすばらしさに意識を向けてみましょう。

五感を研ぎ澄ませる

マインドフルになるために私が一番お勧めしたいことは、ヘレンケラーのエッセー「目の見える3日間」を何度も読む事です。

 1歳7か月のときに病が原因で視力を聴力を失ったヘレンは、もしも3日間、目が見えて耳も聞こえたら何をするだろうか、ということについて書いています。
 このエッセーの中でヘレンは、森の中を1時間散歩してきた友人との会話を回想しています。そのときヘレンは友人に森の中にどんなものがあったかと尋ねました。すると友人は「別に何も」と答えたのです。ヘレンは森の中を歩いてきて「別に何も」ないなんてことがどうして言えるのだろうと思いました。

 ”目の見えない私から、目の見えるみなさんにお願いがあります。明日、突然目が見えなくなってしまったかのように、すべてのものを見てください。明日、耳が聞こえなくなってしまうかのように、人々の歌声を、小鳥の声を、オーケストラの力強い響きを聞いてください。明日、触覚がなくなってしまったかのように、あらゆるものに触ってみてください。明日、嗅覚と味覚を失うかのように、花の香をかぎ、食べ物を一口ずつ味わってください。五感を最大限に使ってください。世界があなたに与えてくれている喜びと美しさを讃えましょう。”

 私達に必要な事は、ときおり五感を研ぎ澄ませて、世界のすばらしさを感じ取ることだけです。

視覚と聴覚のないヘレンケラーは私達がどれほど恵まれているのかを気づかせてくれます。私達の周りや私たちの内側にある大切な宝物を、視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚という自らの五感を使って、私たちは直接味わうことができるのです。

人は自分との共通性で距離が近づき、相違性で恋に落ちる。しかし、その相違性がやがて別れをもたらす。しかし、この相違性が相補性であれば、その関係は継続していく。


①結婚相手の選び方
「早く素敵な人と結婚して、楽になりたい」ではなく、「この人と一緒だったら、どんな不幸だって乗り越えることができる」

②「できる男」とはどんな男?
どんな男性が、女性からは有能と思われるのでしょうか。
「女性から悩みを相談された時、できる男はその悩みを解決しようとするのではなく、相手に共感をするのです」男性は女性から相談を持ちかけられると、ついつい得意気にアドバイスや解決策を口にしてしまう「女性から、無能と思われたくない」こうした不安を手放す勇気が大切

③好きで好きでたまらない?
「恋愛と結婚の違いはなんですか」
 恋とは「○○だから好き」という意味です。
 愛とは「○○だけど好き」という意味です。
・顔は好みじゃないけど

・稼ぎは少ないけど

・映画の趣味は合わないけど

愛とは、短所も含めた「相手が好き」なのです。
恋愛とは言いますが、愛恋とは言いません。
なぜなら人は、まず相手の長所に惹かれて恋をして、その後に相手の短所をも愛せるようになるからです。「○○だから好き」ではなく「○○だけど好き」

④あと少し、彼に収入があったなら……
「もうちょっと、彼に収入があればいいのに……」
「もうちょっと、彼女のスタイルが良ければいいのに……」
今のパートナーがもっと魅力的であったなら、おそらくあなたとは交際していなかったのです。
「同じ家賃で、もうちょっと駅に近かったら……」
「同じ家賃で、もうちょっと広かったら……」

⑤恋愛上手な女性とは
彼と会っていない時に、自分はどうのように過ごしているか
恋愛スキルが高い女性は、彼が仕事で忙しくて会えない時も、自分一人で楽しめています。
料理、運動、映画、読書、勉強……
一人でも楽しいから大丈夫、こうしたセリフをさらりと言えるのです。
先週の○曜日は、何をしていたの ?
今度の休みは、なんで会えないの ?次はいつ会えるの?
このように相手を尋問してしまうのです。これでは刑事と犯人です。
彼と会っていない時も輝いている女性は、彼と会っている時も輝いています。
彼と会えないときでも、充実した日々を送れている
彼と会っている時は、その瞬間をしっかりと楽しむことができる

⑥「どうしても恋人ができません」という人へ
恋愛を「コンプレックスの克服」に用いようとしているケース
・学力や学歴に自身がないから、高学歴な人を求める

・身長や体型に自信がないから、高身長やスリムな人を求める

・経済的に満足できるほど稼げていないから、高収入の人を求める

・ちやほやして貰えていないから、輝いて活躍している人を求める

「そういった相手と付き合うことで、自分のコンプレックスを乗り越えられる」

と、無意識に考えているのです。
しかし、残念ながらこのような恋愛はまず上手くいきません。
その恋が実る確率はとても低いですし、また、たとえ付き合えたとしても、やはりいい関係性を継続することはできないのです。なぜかというと、それはこうした人というのは「今の自分が好きではない」からです。
もっと正確に言うならば、ありのままの自分、等身大の自分を好きになれていないのです。こうした人というのは、むしろ自分のことが好き過ぎるのです。
過度に自分を理想化し「高望み」をしているだけなのです。

⑦二人の喧嘩をなくすには
喧嘩と議論。この二つの違いはどこにあるのでしょうか。
議題にのみ、焦点が当てられているかどうか。しかし、喧嘩は「議題」だけにとどまらず、お互い過去のことをも「蒸し返して」責め合うのです。
議論中、過去の事にはいっさい触れないこんなをルールを一つ決めておくだけで議論が喧嘩に突入せずにすむ

⑧彼/女がもう少し○○だったなら、と感じたら
・もし、相手の年収がもっと高ったなら
・もし、相手の外見がもっと良かったなら
その人は、あなたとはつき合わなかったかもしれないのである。
そもそも、あなたはなんのために恋愛をするのだろう。相手の弱点を正すため? そんなはずはないだろう。あなただって、相手から自分の弱点を正されたくて付き合っているわけではないはずである。
そうではなく、恋愛とは、あなたが好きな人とずっと一緒にいられるよう成長する「チャンス」なのである。
・相手の年収に不満があるのなら、その分、あなたが稼ぐ勉強をすればいい。
・相手の外見に不満があるのなら、まずはあなたが素敵になればいい。
これこそが、あなたが恋愛をする本当の意味

⑨痛くもない腹をさぐられると
誰だって「痛くもない腹」をさぐられたら、怒るにきまってるだろう
しかし、よくよく考えてみるとこれは非常におかしな論理です。
もし「本当に痛いお腹」をさぐられたなら
それは誰でも「痛いからやめてくれ」と怒るでしょう。
しかし、「痛くない」お腹は、いくらさぐられたとしても、くすぐったいだけなのです。笑いながら「やめてくれー」となるのです。
浮気を問いただされて怒りだす人は、やはり「痛い」から怒るのです。
本当に「痛くもない人」は、いくらさぐられても
「そんなに自分の事が好きなのか」とデレデレになるのです。

⑩「ホスト」や「ホステス」に学ぶ「恋愛術」
人はいつだって「手中に収められそうで、ギリギリ収められない物」に対して、強烈に「欲しい」と感じる。モテル女性、モテナイ女性の境目は「ここ」にありまた、恋いが「長続き」する秘訣もまさに「ここ」にある
「恋愛が上手くいかない女性」のパターン
「恋愛においては誠実さが最も大切」
「私はあなたの手中に、確実に入りますよ」という態度を示してしまう
容易に手中に収められる=自分にとってあまり価値が高くない相手
「私はどこにもいきません。あなたの手中にずっと収まり続けます」といった態度を彼女がとり続けたならば「彼の中での彼女の価値」は着実に下がり続ける

⑪「恋愛」が長続きしない人
恋人に対して「好き」と言いながらも、相手に変化を求める人は、恋愛が上手くいかない。
こうした人は、相手に「好き」と言いながらも「もっとこうなって欲しい」と、相手に変化を要求する。結局、相手の個性や人間性を見つめず、誰と付き合っても相手を「自分の理想像」へとはめこもうとするのである。すでに 「好き」であるならば、これ以上相手に変化を求める事はそろそろ止めにしよう。すでに「好き」であるならば、相手からもっと「好き」になってもらえるよう「自分自身の価値観」に変化を起こしていくべきなのである。
それこそが「本当に相手を好き」という事

http://www.0004s.com/app-def/S-102/blog/ より 

ジョー・ブラックをよろしく
Meet Joe Black (1998)



監督Martin Brest
脚本Ron Osborn、Jeff Reno
主演Brad Pitt (Joe Black & Young Man)、Anthony Hopkins (William Parrish)、Claire Forlani (Susan Parrish)
タグラインNo one can die - while he loves!
ジャンルファンタジー、ロマンス、ドラマ
プロットこの世で人生の意味を学びに来た若き死神が死にゆく男の娘と仮面の恋に陥る。
日本語字幕戸田奈津子
英語についてアンソニー・ホプキンスの人生訓あふれる英語は全体に早口だが、それ以外の英語は比較的聞き取りやすいだろう。ブラッド・ピットは死神と若者の二役を言葉遣いからも演じわけているが、童貞として人生経験のなさや無知をさらけ出していた死神がIRS(国税庁)の職員に化けるシーンでは別人のような話し方になる。
個人的評価この映画はまず3時間と長すぎる。2度目以降は途中で早送りをせずにはいられない。死神のブラピは気の抜けたサイダーのように魅力がない(うぶな若者を演じた結果ではあるが)。カフェで出会った若者の死体(body)を借りているだけの死神を恋し続けるクレア・フォーラニもおろかしい。最後に若者が生き返るのも納得がいかない。それをファンタジーと呼ぶなら、わたしはファンタジーは好きではないらしい。ただ、聞き捨てならないセリフがあちこちにあったので取り上げてみました。



I KNOW IT'S A CORNBALL THING, BUT LOVE IS PASSION.
言い古された表現だが、恋は情熱だ
(セリフ)(字幕)
PARRISH: You love Drew? Do you love Drew?愛してる?彼を愛してる?
SUSAN: You mean like you loved Mom?パパはママを愛した。
PARRISH: Forget about me and Mom. Are you gonna marry him?マジメに。結婚を?
SUSAN: Probably.たぶん。
PARRISH: Listen, I'm crazy about the guy. He's smart, he's aggressive, he could carry Parrish Communications into the 21st century and me along with it.彼は切れ者で押しも強い。“パリッシュ・コミュニケーション”の21世紀の星。
SUSAN: Um-hum. So what's wrong with that?彼に不満でも?
PARRISH: That's for me. I'm talking about you. It's not what you say about Drew, but what you don't say.お前の言葉を聞きたい。お前は何も言わん。
SUSAN: Maybe you're not listening.聞き逃しを。
PARRISH: Oh yes, I am. There's not an ounce of excitement, not a whisper of a thrill. This relationship has all the passion of a pair of titmice. I want you to get swept away. I want you to levitate. I want you to sing with rapture and dance like a dervish.いや聞いてる。彼を語る言葉に何の情熱もない。小鳥のさえずりほどもね。足が地につかぬ想い。恋に酔い、我知らず歌い踊る気持ちは、どこに?
SUSAN: Oh, that's all?それだけ?
PARRISH: Yeah. Be deliriously happy, or at least leave yourself open to be.目のくらむような恋の興奮は?
SUSAN: Okay. 'Be deliriously happy'. I shall do my upmost.いいわ。目のくらむ興奮を味わう努力をするわ。
PARRISH: I know it's a cornball thing, but love is passion, obsession, someone you can't live without. I say fall head over heels. Find someone you can love like crazy and who'll love you the same way back. And how do you find him? Well, forget your head and listen to your heart. I'm not hearing any heart. Because the truth is, honey, there is no sense living your life without this. To make the journey and not fall deeply in love, well, you haven't lived a life at all. But you have to try. Because if you haven't tried, you haven't lived.言い古された表現だが、恋は情熱だ、“相手なしでは生きられない”という想い。無我夢中で、互いにのめり込んでいく。頭じゃない。ハートの声を聞くんだ。その声が聞こえるか?その経験のない人生など、恋を知らない人生は、意味がない。その努力をすることが生きるってことだ。
SUSAN: Bravo!ブラボー!
PARRISH: Oh, you're tough.からかうな。
SUSAN: I'm sorry. Okay, give it to me again. But the short version this time.ご免なさい。もう一度要約して言って。
PARRISH: Okay. Stay open. Who knows? Lightning could strike.心をオープンに。いつか稲妻に打たれる。

自分の右腕Drewに対する娘Susanの情熱のなさを見抜いて、娘に「目のくらむような恋」をして生きていくようレクチャーするParrish。「恋を知らない人生は、意味がない」という純な言葉は、人生経験豊かなParrishの口から出ると透明な真実に聞こえてくる。titmice(titmouse:シジュウカラの複数形)。levitate(空中浮揚する)。rapture(有頂天)。dervish(ダルウィーシュ、恍惚として踊る人)。deliriously(狂喜して)。cornball(甘くて古臭いもの、元はキャラメルコーンのこと)。head over heels(まっさかさまに、首ったけで)。lightning(稲妻、電光、思いがけない幸運)。



IT'S KIND OF A PRO BONO JOB.
有意義な仕事だ
(セリフ)(字幕)
YOUNG MAN: It's kind of a pro bono job.有意義な仕事だ。
SUSAN: Pro bono? Meaning doing good.人のために役立つってこと?
YOUNG MAN: That's me.そう。
SUSAN: Can you be doing good all your life?一生の仕事に?
YOUNG MAN: I know what you're saying. It doesn't pay so well, but I like it. Eventually it will depend on the woman I marry, I think. Maybe she'd want lots of kids, a bigger house, a better car, college doesn't come cheap, you know. I don't know.確かに報酬は少ないけど、やりたい。いつか結婚したら妻は言うだろう。“子供が欲しい。家と車も。子供には大学教育を”と。
SUSAN: You'd give up what you want for the woman you marry?そう言われたら折れる?
YOUNG MAN: Yeah, you know, I would. Gladly. Because you make your choices, you know. So you and I, if we were married... No, for example, okay? If you and I were married, I'd want to give you what you need, that's all. I'm talking about taking care of each other the best you can. What's wrong with taking care of a woman? She takes care of you.ああ折れる。喜んで。それが夫婦だから。君と結婚、例えばの話だよ、僕は君の望みを優先する。それが思いやりだ。夫婦が互いを思いやる。
SUSAN: You'll have a hard time finding a woman like that these days.そんな相手がいる?
YOUNG MAN: Shoot, you think so? I don't know. Lightning could strike.少ない?稲妻に打たれるのを待とう。

Susanがブラピ演じる男にカフェで出会い、彼の仕事や結婚への考え方について話をしている。初対面の人にすぐにここまで話すこと自体めったにないのでは。最後のLightning could strike.というダディが言ったのと同じ言葉を聞いた瞬間にSusanはほとんど恋に落ちた?pro bono(公共奉仕の)。



IN THIS WORLD NOTHING IS CERTAIN BUT DEATH AND TAXES.
避けられないもの
(セリフ)(字幕)
DREW: But given our needs, given the absolute necessity for growth, given the future, the truth is joining John Bontecou is every bit as certain as Death and Taxes.わが社の将来と発展のために、合併は死と税金のように逃れられないものでは?
JOE: Death and Taxes?死と税金?
DREW: Yes.
JOE: Death and Taxes?死と税金?
DREW: Yes.
JOE: What an odd pairing.なぜ?
DREW: It's just a saying, Mr. Black.言い回しだ。
JOE: Hum. By whom?誰の?
DREW: It doesn't matter.関係ない。
JOE: Then why did you bring it up?なぜ引用を?
DREW: You're not familiar with the phrase, "In this world nothing is certain but Death and Taxes"?“避けられないもの”の比喩だ。
JOE: I am now.なるほど。
DREW: Glad I could be of some help. I keep regular office hours, so if there's any further information you might need on sayings, common phrases, manners of speaking, my door is wide open. The tea I can provide, perhaps even the milk. Low fat.知らない表現に出会ったら、遠慮なく僕のオフィスへ。ドアはいつでも開いてるよ。ミルク・ティーもある。低脂肪ミルク。

重役会議の場でParrishの反対を押しても合併を進めたいDrew。彼の口から出たDeath and Taxes(死と税金)という言いまわしに驚いた死神(Death)Joe。Joeをうとましく思っているDrewは彼の無知を皮肉らずにはいられなかった。死神(Death)Joeは後半で税金(Taxes)Joeに変身?する。every bit(どこから見ても、完全に)。odd(奇妙な、変な)。



BECAUSE SHE KNOWS THE WORST THING ABOUT ME AND IT'S OKAY.
欠点を許してくれる
(セリフ)(字幕)
QUINCE: Come on, have a drink. You look like you need one as bad as me.飲めよ。君も酒が必要だ。
JOE: I do? Quince, I'm myself a little confused.クインス、実は迷ってる。
QUINCE: Confused, huh? About what?迷ってる?何に?
JOE: Love.恋に。
QUINCE: Love? Oh man, I've got problems of my own.こっちも悩みをかかえてる。
JOE: You love Allison, don't you?アリソンを愛してる?
QUINCE: Yes, I do.ああ。
JOE: How did you meet?出会いは?
QUINCE: Well, I was this world-class loser and she was this happy, little rich girl, and for some reason she took me in.ツイてない男とハッピーな金持ちの娘、その娘がなぜか僕に好意を。
JOE: But Allison loves you? (Quince nods.) How do you know?彼女も君を?(クインスうなづく。)なぜ分かる?
QUINCE: Because she knows the worst thing about me and it's okay.欠点を許してくれる。
JOE: What is it?どんな?
QUINCE: No, it's not one thing, it's just an idea, Joe, it's just, um... It's like you know each other's secrets, the deepest, darkest secrets.一つの欠点でなく、すべてを。互いの秘密に通じている。胸の一番奥の暗い秘密にさえ。
JOE: The deepest, darkest secrets?暗い秘密?
QUINCE: Yeah, and then you are free.秘密のない自由!
JOE: Free?自由?
QUINCE: You're free. You're free to love each other. Completely. Totally. There's no fear. Because there's nothing you don't know about each other, and it's just, it's okay.解き放たれ、何も恐れることなく愛し合える。相手のすべてを知ってるから。

Parrishの娘婿であるQuinceに恋(love)とは何かを聞いているJoe。「最低な自分を知っていても受け入れてもらえる」というのは心の底から安らぐ想いだ。Quinceの話を聞いていてJoeのSusanへの想いは利己的であり、自分自身(=死神であること)をさらけ出していない仮のものだと知らされる。

http://members.jcom.home.ne.jp/enjoy_english/meetjoeblack.html


恋は情熱だ、“相手なしでは生きられない”という想い。無我夢中で、互いにのめり込んでいく。頭じゃない。ハートの声を聞くんだ。その声が聞こえるか?その経験のない人生など、恋を知らない人生は、意味がない。その努力をすることが生きるってことだ。
心をオープンに。いつか稲妻に打たれる

好きな人の為にすべてをGiveupできる? 
勿論、喜んで。それが夫婦だから。君と結婚、例えばの話だよ、僕は君の望みを優先する。それが思いやりだ。夫婦が互いを思いやる。
稲妻に打たれるのをまとう。

一つの欠点でなく、すべての欠点、互いの秘密に通じている。胸の一番奥の暗い秘密さえを共有できる相手、秘密のない自由、最低な自分を知っていても受け入れてもらえるという、心の底から安らぐ想いが、LOVE

可もなく不可もなくという状態を捨てられる力、それなりに楽で快適な状態を捨てられる力。 これが人生を変える真の力。その原動力となる、継続的なやる気は自ら自分を追い込むことによってのみ生じる。その力の源泉は「現状を捨てること」 参照 http://blog.tinect.jp/?p=18898

×了解しました → ○承知しました、かしこまりました
×なるほど → ○ためになります
×参考になりました → ○ぜひ使わせていただきます、ぜひそうさせていただきます

↑このページのトップヘ