カテゴリ: コミュニケーションと心理学

×了解しました → ○承知しました、かしこまりました
×なるほど → ○ためになります
×参考になりました → ○ぜひ使わせていただきます、ぜひそうさせていただきます

自分に自信があり、本当に満足している人は謙虚で不必要にアピールしない。また他人をあからさまには否定をせず、その意見の方が正しいかもしれないという態度気持ちで聞いたうえで、周囲の人達も、自分自身に満足できるように、助けたいと思う。攻撃的で傲慢で、相手を傷つけるような行動をする人は、例外なく自尊心の欠如を表し、他人を引きずり下ろすことでしか自分に自信が持てない。

自分の心的状態で他人の気持ちや心の状態を推し量ってはならない。自分に厳しく、他人に優しく。寛容さを失うと、どうしてわからないの、どうしてあいつはこうなのか、負けまい、勝ってやろう、という気持ちが現れ、積極心を失う。「気に入らぬ、風もあろうに、柳かな」寛容さを失わない人生理念が大切。  

他人を理解しようとする時に必要なのは謙虚さと寛容さ

  • 一人の人物やその思想を理解しようとするならば、まずその人の性格、生きてきた環境、そして、そこでの反応態度をみつめなければならない。
  • 人は自分の体験と学問の範囲でものを言う。範囲を超えると人は、うそ(否定)ほんと(疑惑)信じられない(不信)と拒絶的態度にでる

謙虚とは
控え目で、つつましいこと。へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。

寛容とは
心が広くて、よく人の言動を受け入れること。他の罪や欠点などをきびしく責めないこと。また、そのさま。
「不完全の中に調和はありえない」
  • 宇宙を含めて、この世は全てもちつもたれつで成り立っている事を忘れるな。たとえ勇気と信念をもって時物にあたっても、不完全な成果しか得られない場合がある。それは「調和」を無視した結果である。
凡人は敵対し、優れし人は「和合」する。
  • 喧嘩するより、仲良くすることをまず考える。
  • 反省は、その人が自己の心を、その人の本当の心に照らして熟考するもので、他人から言われてするものではない。
自信のある人は自己を責めて、人を責めない。  

ウェルネスとは健康な心身や社会活動から積極的・創造的な健康を目指し,維持・発展させようとする生活行動。

Physical Wellness
Emotional Wellness
Intellectual Wellness
Social Wellness
Occupational Wellness
Environmental Wellness
Spiritual Wellness
Financial Wellness

Physical Wellness

The ability to maintain a healthy quality of life that allows us to get through our daily activities without undue fatigue or physical stress. The ability to recognize that our behaviors have a significant impact on our wellness and adopting healthful habits (i.e., routine medical exams, immunizations, a balanced diet, daily exercise, etc.) while avoiding destructive habits (i.e. tobacco, drugs, alcohol, etc.) will lead to optimal Physical Wellness.
  • Exercise 5 days/week                            
  • 10,000 steps/day
  • Get 8 hours of sleep each night
  • Eat vegetables & fruit daily  
  • Practice safe sex
Emotional Wellness

The ability to understand ourselves and adequately cope with the challenges life brings. Emotional wellness encompasses optimism, self-esteem, self-acceptance and the ability to share feelings. Emotional wellness is a dynamic state that fluctuates frequently with your other six dimensions.
  • Cultivate an optimistic attitude            
  • Seek and provide support
  • Learn time management skills            
  • Practice stress management techniques
  • Learn to breathe deeply
Intellectual Wellness

Life-long learning through your formal education and informal life experiences. It is the ability to open your mind to new ideas and experiences, improve your skills and seek challenges.

  • Attend financial planning workshop
  • Attend a political event                    
  • Study abroad
  • Attend seminars            
  • Visit the museum
Social Wellness

The ability to successfully interact with people in our world, participating in and feeling connected to your community. Social well-being is enhanced by establishing supportive social networks through meaningful relationships with family, friends and colleagues.
  • Donate blood
  • Organize/participate in a fundraiser
  • Attend events
Occupational Wellness

Recognizes personal satisfaction and enrichment in one’s life through work. The choice of profession, career ambitions and personal performance are all important components in seeking occupational wellness.
  • Attend career fair
Environmental Wellness

Awareness of the unstable state of the earth and the effects of your daily habits on the physical environment. It includes the ability to promote measures that improve the standard of living and quality of health in our environment.
  • Reduce, Reuse, Recycle                     
  • Re-useable water bottles
  • Bike/walk to work school shopping      
Spiritual Wellness

The ability to establish peace and harmony in our lives. It is expanding our sense of purpose and meaning in life.
  • Join Volunteer group
  • Attend seminers
Financial Wellness 

The ability to live within one’s means; to be prepared for short-term and long-term financial emergencies.

 

世界の成功者たちは“早起き”
スターバックス、ナイキ、アップル、ヤフー、ツイッターなど世界のトップたちの共通点。それは「早起き」です。スターバックスの社長は4:30起床が日課だとか!

「朝活」や「エクストリーム出社」が話題になっていますが、世界のトップたちが「早起き&朝活」の先駆者と言えます。

集中力が高まる“朝”を活用しよう
仕事、勉強、家事、運動、趣味、やりたいことは山積みなのに時間がない。解決策は、集中力が高まる朝に時間を作ること!

私たちでも真似できる、成功者たちの「朝活」をご紹介しますね。朝時間を上手に使えば、あなたも変われるかも・・・♡

1.人間関係=家族や友人との時間
・朝活で「人間関係」を高める
スターバックスの社長は、毎日欠かさず犬の散歩をして奥さんにコーヒーを入れてあげているそうです。

仕事をしていると疎かになりがちな家族との時間。忙しくても早起きして、家族やパートナーとの時間を大事にしましょう◎

家族やパートナーだけでなく、友人との時間も朝に作れます。出社前に、おしゃれなカフェでプチ女子会なんていかがでしょうか♡

2.自分自身=運動やクリエイティブの時間
・「自分自身」を高める

ナイキ、ツイッターのCEOたちはマラソンや運動の時間に充てています。超多忙なオバマ大統領さえ、早朝に起きて運動するのが日課だそう。

三日坊主なエクササイズ、長続きしない独学、やらなきゃいけないけど出来ないことを朝にやりましょう。後回しにしがちなことは、朝に済ませてしまうのがコツ。

短時間で効果は出なくても、長い目で見ればあなたの「強み」になりますよ♡

3.キャリア=仕事の時間
・「キャリア」を高める

アップルのCEOは部下にメールを送るなど、仕事の時間に充てています。

夜遅く残業するより、朝に仕事をする方が効率アップ!出社前に1日のスケジュールを立てる、戦略を練る、専門書を読んで知識を深めても良いですね。

これから仕事を始めたいと思っている方、趣味を生かしたい方も、ぜひ朝活で自分磨きしてみてください♡

「朝活」で仕事もプライベートも充実!
成功者たちの3つの「朝活」を見習えば、きっと新しい自分に出会えるはず・・・

1. キャリアに栄養を与える–戦略を立てて、仕事に集中する。
2.人間関係に栄養を与える–家族や友人と過ごす時間にあてる。
3.自分自身に栄養を与える–運動や瞑想、クリエイティブなことに時間をあてる。

「早起き&朝活」試してみたくなりましたか?まずは今夜いつもより早めにベットに入り、早起きに備えましょう♡

「成功女子」の習慣はマネできる

日本の人口のうち、年収1000万円を超えている女性はわずか1%と言われています。なんだか雲上人のように感じますが、実は、高収入を実現している「成功女子」は、誰でもできるけれどごくわずかな人しかできていない習慣を実践していたんです!

1. 時間が有限であることを心得る
貧しい者にも富める者にも平等に与えられていて、それでいて有限なもの。それは「時間」です。気を抜けばあっという間に消費されてしまいます。だからこそ、「成功女子」は、常に限られた時間の中で最大限の成果を上げられるよう工夫しています。

相手の時間を奪うことにも敏感
もちろん、相手の時間を奪うことには人一倍気を遣っていますから、同僚やクライアントを待たせることもありませんし、メールや電話にもすぐさま反応します。それが、さらに仕事への信頼を生むのです。

2. 常に心のゆとりを持ち、スマートにこなす
突然ですが、安倍晋三首相の夜の過ごし方をご存知でしょうか。安倍首相は毎日必ず6時間の睡眠をとり、就寝前には時間があれば海外ドラマを観たり、本を読んだりしているそうです。ポイントは、意図的にこの「ゆとり時間」をとっていること。日本一多忙であるはずの首相が、あえてリラックスする時間をつくっているのです。

ゆとりを持つことで、仕事での集中が高まる

「成功女子」も安倍首相と同様に、忙しない毎日の中で必ずリラックスできる時間をとるようにしています。心のゆとりを持つことで、いざ仕事や決断の場面に臨む際の集中力が高まり、よりよい判断を下すことができるのです。

3. お金の使い方を意識する

「成功女子」たちの暮らしぶりはどんなものでしょう? 贅沢三昧の華やかな生活でしょうか? 中にはそういう人もいるかもしれませんが、多くの「成功女子」たちは質素な暮らしをし、節約や貯金に励んでいます。

自己投資にはお金に糸目をつけない

そのかわり、年収1000万円を超える女性たちは、知識や技術を向上させるための投資にお金を惜しみません。それがキャリアアップにつながり、結果的に収入が上がることを知っているからです。

4.ポジションの変化を受け入れる

部署異動などで仕事内容が変わってしまった場合、「私には合わないから」とモチベーションが落ちてしまう人もいます。しかし、「成功女子」は、ポジションが変わってもその変化を積極的に受け入れるのです。

自分が夢中になれる仕事を探し続ける

それは、「やってみなければ分からないから」です。もしかしたら、のめり込める仕事かもしれない…。「成功女子」はそうやって自分が熱中できる仕事を探し続け、いざ見つかると、より困難なポジションを買って出ます。 
それが成功につながるのです。

5.ハッキリとした人生の目標を持ち、口に出す

「成功女子」たちの多くは自分の人生における明確な目標を持ち、一心に目標に向かって邁進しています。しかも、人生における理想の姿を、気がついた時に口に出すようにしているのです。

口に出すことは実現する

人間の脳は案外単純なので、自分のやりたいこと、ありたい姿を口に出すと、「実際にそうなっている」ように勘違いします。ですから、実現しやすいのです。口に出すのが少し恥ずかしいという人は、手帳やノートに書いておく、メモにして毎日目に見える場所に貼っておくなどの工夫をしてみましょう。

「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わる、人格が変われば運命が変わる」という言葉があります。そして、この変化は可逆的なものだと言われています。

行動することで、素敵な「成功女子」に一歩近づきます♡

つまり、行動すればいつしかそれが習慣になり、いつしか心のありようが「成功女子」と同じようになっていくのです。さあ、まずは少しずつでも習慣をマネしてみることから始めましょう!

https://locari.jp/posts/14141
 

↑このページのトップヘ