カテゴリ:名言格言、座右の銘」 > Quote

「自分を捨てる力」

『論語』には「50にして天命を知る」とあります。私は、第二の人生では自分のためではなく、まわりや社会のために何ができるかを考えたほうがいい

50代は、「捨てる力」を身に付けて人生をリセットせよ

年が上がるにつれて周囲から期待される立ち居振る舞いは変わっていく。サラリーマン経験がある識者に、年代別の「理想の振る舞い方」を聞いた。
「50代の振る舞い方」
●教えてくれる人:作家 江上 剛さん
大企業のビジネスパーソンであれば、「新入社員の頃から熾烈な出世競争にさらされてきた」という人が多いでしょう。大企業には非情な掟があって、40代後半から選別が始まり、出世レースから脱落した人は、50代になると「出向」という形で企業を去ります。私は49歳で、長年勤めたメガバンクを退職したのですが、そのメガバンクも同様でした。反対に50代でラインに残れた人は、いわゆる「勝ち組」といってもいい。大半は部長クラスの役職に就き、なかには執行役員以上に昇進した人もいるでしょう。

作家 江上 剛さん
執行役員といえば、いまやビジネスパーソンが目指す憧れのポストになっているようです。しかし、最近はやりの、この執行役員という制度が曲者で、日本企業をダメにしている元凶の一つだと、私はにらんでいます。
執行役員は、世間的には役員の一種だと見なされていますが、会社法で地位を認められた取締役とは、画然とした違いがあります。たとえば、取締役は株主総会で選任されますが、執行役員は取締役会が選びます。つまり、取締役である社長などのお偉方のご機嫌を損ねれば、たちまちお払い箱になってしまうわけです。
頑張ってようやく頂上にたどり着いたと思っても、役員クラスのなかでは最下層で、新入社員に逆戻りしたようなもの。しかも、役員とは名ばかりで、執行役員は経営権もない不安定な身分なのです。
そこで取締役に引き上げてもらうためには、再び馬車馬のように働いて、忠勤に励むしかありません。保身のため、お偉方に気に入られようと、媚びへつらったり、イエスマンに成り下がったりする執行役員が後を絶たないのも、むべなるかな。揚げ句の果てには、功を焦って、不正に手を染める不届き者まで出てくる始末です。
執行役員制度は、幹部社員を意のままにこき使えるので、社長にとっては都合がいいかもしれませんが、企業のガバナンスにとってはマイナスです。執行役員と部下の心が離反し、組織の士気が下がってしまったというケースも、往々にして見受けられます。
「いままで部下と苦楽をともにし、部下に頼りにされていた部長が、執行役員になった途端、手のひらを返したように上役ばかりを見て、部下に無理難題を押しつけるようになった」
そんな話を、嫌というほど耳にします。部下は「上司に裏切られた」とショックを受け、ついてこなくなる。それでは、何のための執行役員なのかわかりません。

左遷されたとき心を楽にする術
では、あなたがもし執行役員や、その予備軍である部長なら、どのように振る舞うべきなのでしょうか?
私は、時の“経営者”ではなくて、その“企業”にとって、何を成すのがベストなのかを追求すべきだと考えます。
50代でラインに残った人たちは、企業の次世代のリーダーと目されています。企業の将来は、その人たちの双肩にかかっているわけです。「企業をどんな姿にしたいのか」「企業のDNAを後輩にどうやって伝えるのか」といったことを真剣に考え、部下を巻き込んで行動すべきなのです。
上のほうよりも、下のほうを見ながら仕事をすることになるので当然、上役たちはいい顔をしないでしょう。私も部下と一緒に銀行の経営改革をしようと立ち上がったことがあるので、身に覚えがありますが、「君は自分の立場がわかっているのか」などと圧力をかけられる。それでも、ブレずに自分の信念を貫くべきだと思います。
「そんなことをいったって、クビになったらどうするんだ」ですって?
それなら、それでいいじゃないですか。腹をくくりましょうよ。人間、開き直れば、これほど強いものはありません。
私は、50代に必要なのは「自分を捨てる力」だと考えています。身に染み付いた我欲や見栄の一切を、思い切って捨ててみる。いままで50年生きてこられたのだから、御の字です。これからの第二の人生を輝かせるためにも、人生をリセットしましょう。『論語』には「50にして天命を知る」とあります。私は、第二の人生では自分のためではなく、まわりや社会のために何ができるかを考えたほうがいいと思います。お子さんも大きくなっただろうし、奥さんだって腹を割って話をすれば、きっと応援してくれるはずです。
わが道を貫いた結果、企業から「執行役員解任」「左遷」といった不本意な仕打ちをされたとしましょう。そのときは、「会社に尽くしたのに」「会社の将来のために頑張ったのに」などと、つい「○○したのに」と恨み言をいってしまうもの。でも、それはあなたのためになりません。
詩人の相田みつをさんは、「○○のに地獄」に陥らないようにと諭しています。後ろ向きなことは忘れて、心の負担を軽くしましょう。私の後輩にも社長に疎んじられ、「○○のに地獄」にはまった会社役員がいました。しかし、社長の顔色を気にしなくなったら、見違えるほど元気になりました。

http://president.jp/articles/-/20944 
プレジデントオンラインより抜粋

我々のエネルギーの大部分は、
自分のエゴを維持するために使われている。
もし、我々がエゴのいくつかを手放すことができれば、
二つのとてつもないことが起こるだろう。
一つは、自分が偉大だという妄想を維持することから、
自分のエネルギーを解放できるということだ。
そして2つ目は、世界と自然の偉大さを感じ、
自分自身のためにたっぷりとエネルギーを使えるということだ。

私はおまえに生計を立てることで悩むのを、
望んだことは一度もない。
もし大人になって生計が立てられなければ、
私が出してあげるから、だからそんなことは心配しないように。
同じようにおまえが学校でうまくやることに関心を集中することも望んでいない。
一番になることや最高の大学に行くことに集中することも望んでいない。
心から集中して欲しいと思うのは、
どうすれば人類に貢献できるか、
自分独自の才能は何かと自分自身に問うことだ。


成功は旅であって、
終着点ではないのです。


望むものは、
何でも創り出せる。


与えることは、
失うことではない。


「 夢も自信も情熱も無限大 」
最初にあったのは、夢と根拠のない自信だけ。本当に何もないけど情熱だけは無限にある。孫 正義

「何事も自分自身の目と心で」
自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない。
アルバート・アインシュタイン

大きな幸せは小さな興味からはじまる」
少しでも興味を持ったこと、やってみたいと思ったことは、結果はともあれ手をつけてみよう。幸福の芽は、そこから芽生え始める。本田宗一郎


タモリ
自分の趣味ややりたい仕事だけを厳選し、人生を楽しんでいる

「好きな言葉は『適当』」「真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!」周りを暗くさせる明るさの持ち主、武井壮とのゴルフについて。
「まあ、私も結構活躍してるみたいなんですけども、宇宙から見たらもうどうでもいいですね」
「人間って『自分がいかに下らない人間か』ということを思い知ることで、スーッと楽にもなれるんじゃないかな」
「料理はリラックスして食べるものだから。緊張させるラーメン屋のオヤジとか、緊張させる頑固な寿司屋のオヤジとか、ああいうの大嫌いなんだよ」
 「知識をひけらかす料理人なんてろくなもんじゃない。客に緊張させる店は二流だ」
 自分は決して威張らない。後輩であろうが垣根を作らず、『人の輪』を大切にする
「他人に期待などしなければ、つまらないことで感情的にならずにすむ。そうすれば人間関係に波風も立たなくなり、円満にだれとでも付き合える」
「人に好かれようとする自分が嫌い」
「生き方自体にそんなにこだわりがなく、流されるまま面白そうなところについていった「友達なんかいらないって。俺、あの歌が大嫌いなんだよ、小学校に入ったら『ともだち100人できるかな』って。そんなことで人生決めんじゃないよ。今どんどん友達減らしていってる」
タモリさんは未来にも過去にもこだわらない人。『現状維持』がタモリさんの座右の銘であるように、5年先のことなんて誰も分からないし、いくら過去を悔やんでも取り戻せないんだから反省もしない。それだったら今を肯定して生きればいいと。だから年齢にもまったく縛られていない。ある時から『いいとも!』でもタモリさんの誕生日を祝うのをやめました。タモリさんにとっては何歳になったというのは重要じゃないんです」
タモリ曰く「自分も含めて皆、大した人間じゃない」。「気負わずもっと自然体で生きればいいんだよ」

”自然の理法に対して、本来の正しさに対して、素直であること 自分の感情に捉われたり、立場に捉われたり、地位や名誉に捉われず、なすべきことをしっかりとやる”

もともと人間には、進歩発展する本質、平和、繁栄、幸福を実現する力が与えられている。 素直な心というのは、他人の言うことに、なんでもハイハイと答えるということではなく、本当の素直は、 お日さんはきちっと東から出る。そして西に沈む。春が来て、夏が来て、秋が来て、そして冬が来る。人間のやるべきこと、なすべきことをしっかりとやれるかどうか。逆になすべからざることは絶対にやらんこと。

天地自然のなかに繁栄の原理がある。 人間の本質はどういうものか。人間の幸せとはなにか。宇宙の本質はなにか。宇宙根源に対する感謝表明し、人間としての重さを自覚することが大事。

自分が利を得るために、不必要に自分の膝を屈することは決してすまい。
なぜなら、そうして得られた応援や協力は、
目に見えないしがらみを生み、道を暗くするからである。

足るを知る者は富む・・・


自分は自分である。
何億の人間がいても自分は自分である。
そこに自分の自信があり、誇りがある。


何事もゆきづまれば、
まず、自分のものの見方を変えることである。
案外、人は無意識の中にも
一つの見方に執して、
他の見方のあることを忘れがちである。


迷う、ということは、
一種の欲望からきているように思う。
ああもなりたい、こうもなりたい、
こういうふうに出世したい、
という欲望から迷いがでてくる。
それを捨て去れば問題はなくなる。

 
人には燃えることが重要だ。
燃えるためには薪が必要である。
薪は悩みである。
悩みが人を成長させる。

サン=テグジュペリ名言

操縦士で作家、作品は星の王子さま。映画『紅の豚』で、1920年代の飛行艇乗りを描いた宮崎駿のモデル

心で見なくちゃ、

ものごとはよく見えないってことさ。

かんじんなことは、

目に見えないんだよ。



努めなければならないのは、

自分を完成させることだ。



人に好かれるには、

同情しさえすればいい。

でも、ぼくはめったに同情しないし、

同情しても隠すことにしている。


 

人生には解決法なんかないんだ。

あるのは、前に進む力だけだ。

解決法は、後からついてくるものさ。



ぼくは、あの星のなかの一つに住むんだ。

その一つの星のなかで笑うんだ。

だから、きみが夜、空をながめたら、

星がみんな笑ってるように見えるだろう。



人間たちはもう時間がなくなりすぎて

ほんとうには、なにも知ることができないでいる。

なにもかもできあがった品を、店で買う。

でも友だちを売ってる店なんてないから

人間たちにはもう友だちがいない。


 

本当の愛は、

もはや何一つ

見返りを望まないところに始まるのだ。



あなた自身を与えれば、

与えた以上のものを受け取るだろう。



愛は、お互いを見つめ合うことではなく、

ともに同じ方向を見つめることである。



人間はね、

急行列車で走りまわっているけれど、

何を探しているのか自分でもわかっていない。


 

君という人間は

君の行為自体の中に宿っている。

君の行為こそ君なのだ。

もうそれ以外のところに君はない!



人間は充実を求めているのであって、

幸福を求めているのではない。

おとなは、だれも、はじめは子供だった。

しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、

いくらもいない。



計画のない目標は、

ただの願い事にすぎない。


 

救いは一歩踏み出すことだ。

さてもう一歩。

そしてこの同じ一歩を繰り返すのだ。


 

地球は先祖から受け継いでいるのではない、

子どもたちから借りたものだ。


 

自分の内側を見てみても、

ぼくは自分以外のものと

出会ったことがない。



人間であることは、

自分の意志をそこに据えながら

世界の建設に参加しているのだと

感ずることである。



もし誰かが、何百万もの星のなかの

たったひとつの星にしかない

一本の花を愛していたなら、

そのたくさんの星をながめるだけで、

その人は幸せになれる。

 


心を高揚させる勝利もあれば、

堕落させる勝利もある。

心を打ちひしぐ敗北もあれば、

目覚めさせる敗北もある。



ぼくがこれほど、

あなたに執着しているのは、

たぶんあなたを、

自分で勝手につくりあげているからだ。



生きながらえるためには、

服従すべきであり、

存在しつづけるためには、

戦うべきである。


 

一滴の水が、

どうして己を大河と知るであろうか?

だが大河は流れているのだ。

樹木を作る細胞の一つ一つが、

どうして己を樹木と知るであろうか?

だが、樹木は伸び広がっているのだ。



純粋論理学は精神の破滅です。

未来とは、

あなたが予知しようとするものではなく、

自分で可能にするものだ。



他人を裁くより

自分を裁く方がずっと難しい。


 

不思議なことが多すぎると、

それに逆らおうなんて気がしないものだ。



ぼくたちは、

たとえどんな小さなものであろうと、

自分の役割を自覚したときにだけ、

幸福になれる。


 

ひとりの人間の死とともに、

未知の世界がひとつ失われる。

 


どこにでも好きな方に歩いていける。

ぼくは自由だ… 

だが、この自由はほろ苦かった。

世界と自分が、

どれだけつながっていないかを思い知らされた。


 

利害を越えた究極の目的を人と共有する時、

初めて心のままに生きることができる。


 

本当の贅沢というものは、

たったひとつしかない。

それは人間関係に恵まれることだ。



人間は真理を発見するのではない。

人間は真理を創造するのだ。



歩みだけが重要である。

歩みこそ、持続するものであって、

目的地ではないからである。


 

砂漠が美しいのは、

どこかに井戸をかくしているからだよ。

 


真実の愛は無限です。

与えれば与えるほど大きくなる。



船を造りたいのなら、

男どもを森に集めたり、

仕事を割り振って命令したりする必要はない。

代わりに、彼らに

広大で無限な海の存在を説けばいい。



あんたが、あんたのバラの花を

とてもたいせつに思ってるのはね、

そのバラの花のために、

ひまつぶししたからだよ。

 


人間であるとは、

まさに責任を持つことだ。

自分には関係がないような悲惨を前にして、

恥を知ることだ。



人間は、

障害にむきあったときに、

自らを発見するのだ。


 


完璧がついに達成されるのは、

何も加えるものがなくなった時ではなく、

何も削るものがなくなった時である。



探しているものは、

たった一輪のバラや

ほんの少しの水の中にも見つかるはずだ。



いったん出来事のうずの中に

身をおいてしまえば、

人はおびえないものだ。

人を不安にさせるのは、

未知のことだけだ。

 


やはりお前は、

お前の生命を投げ出させるものによってしか

生き得ないのだ。

死を拒否する者は、

生命をも拒否する。



僕の命を救ったのは、他でもない。

このささやかなほほ笑みだったんだ。



快活さを失ったとき、他人に頼らず自発的に
 快活さを取り戻す秘訣は、いかにも楽しそうなようすで
動き回ったり、しゃべったりしながら、
 すでに快活さを取り戻したように振舞うことである
 
 <ウイリアム・ジェームズ 心理学者 哲学者>

Here’s to the crazy ones.

The misfits. The rebels. The troublemakers.

The round pegs in the square holes. The ones who see things differently.
They’re not fond of rules, and they have no respect for the status quo.

You can quote them, disagree with them, glorify or vilify them. About the only thing you can’t do is ignore them because they change things.

They push the human race forward. And while some may see them as the crazy ones, we see genius.

Because the people who are crazy enough to think they can change the world, are the ones who do.

https://www.youtube.com/watch?v=_DQBwJKPCBw



毎日を人生最後の日だと思って生きよう。そうすれば…きっと自分の望みが叶う日が来ると。今日が人生最後の日でも 私は本当にそれをするのか。その答えが NOの日が何日も続くと何かを変えなくてはいけないと気付きました。素直に自分の心に従えばいいんです。最も重要なのは 自分の直感に従う勇気を持つことです。直感は あなたが本当になりたい自分を最初から知っているんです。

https://www.youtube.com/watch?v=p88c92rBwDQ


原点回帰、自分らしく生きる事が大事。

今日一日だけ・・・

http://www.ieji.org/archive/just-for-today.html


JUST FOR TODAY

今日一日だけ

JUST FOR TODAY...I will try to live this day only, and not tackle my whole life problem at once. I can do something for twelve hours that would appall me if I felt that I had to keep it up for a lifetime.
今日一日だけ、私はこの一日だけを生きようとします。私の人生のすべての問題をいっぺんに片付けようとはしません。一生続けなければいけないと思うと恐ろしくなることでも、12時間だけならやっていけます。

JUST FOR TODAY...I will be agreeable. I will look as well as I can, dress becomingly, speak softly, act courteously, criticize not one bit, NOT FIND FAULT WITH ANYTHING, and NOT TRY TO IMPROVE OR REGULATE ANYBODY EXCEPT MYSELF.
今日一日だけ、私は気持ちよく応じていきます。できるだけ元気よくして、ふさわしい身なりをし、穏やかに話し、礼儀正しくして、人の非難は何もしません。何に対しても、誰に対しても欠点を探したりせず、私以外の誰かを改めさしたり、コントロールしようとはしません

JUST FOR TODAY...I will adjust myself to what is and not try to adjust everything to my own desires. I will take my luck as it comes and fit myself to it.
今日一日だけ、私はなんでも自分の思うままにしようとはしないで、あるがままの物事に自分のほうを従わせていきます。めぐってくる運命をそのままに受け止めて、自分をそれに合わせいきます。

JUST FOR TODAY...I will be happy. This assumes to be true what Abraham Lincoln said that, "Most people are as happy as they make up their minds to be".
今日一日だけ、私は幸せでいます。エイブラハム・リンカーンの言った「大半の人々は自分で選んだ分だけ幸せなのだ」という言葉は真実でしょうから。

JUST FOR TODAY...I will try to strengthen my mind. I will study. I will learn something useful, I will not be a mental loafer. I will read something that requires effort, thought, and concentration.
今日一日だけ、私は心を鍛えようとします。勉強をします。何か役に立つことを学んで、精神的な怠け者にはなりません。努力し、考え、集中することが必要な本を読んでみます。

JUST FOR TODAY...I will exercise my soul in three ways; I will do somebody a good turn and not get found out; if anybody finds out, it will not count. I will do at least two things I don't want to do--just for exercise. I will not show anyone that my feelings are hurt; they may be, but today I will not show it.
今日一日だけ、私は三つの方法で自分の魂を訓練します。まず、誰かに良いことをひとつして、そして相手に気づかせません。もし誰かが気づいたなら、数には入れません。次に、ただ自分を鍛えるために、やりたくないことを少なくとも二つはやります。そして、自分の感情が傷ついていることを他の人に見せません。時には傷つくこともあるでしょうが、ともかく今日は人には見せないのです。

JUST FOR TODAY...I will have a program. I may not follow it exactly, but I will have it. I will save myself from two pests -HURRY and INDECISION.
今日一日だけ、私はプログラムに取り組みます。完全にはついていけないかもしれませんが、ともかくやってみます。そしてせっかち優柔不断の二つの害から自分を守ります。

JUST FOR TODAY...I will have a quiet half-hour all by myself and relax... During this half-hour I will try to get a better perspective of my life...
今日一日だけ、私は自分だけの、リラックスした静かな30分を持ちます。この30分間、自分の人生に対して、もっと釣り合いの取れた見方をしてみます。

JUST FOR TODAY...I will be unafraid. Especially I will not be afraid to enjoy what is beautiful and to believe that as I give to the WORLD, SO THE WORLD WILL GIVE TO ME.
今日一日だけ、私は恐れません。特に美しいことを楽しむことを、そして私が世界に与えれば、世界も私に与えてくれると、信じることを恐れません。

Original was written by Sybyl F. Partridge in 1916, 
and printed in "How To Stop Worrying, And Start Living" by Dale Carnegie, 1951.

↑このページのトップヘ